Feed

2017年5月26日 (金)

こころ 本

 私と先生に年齢差はあるが、隔たるほどの気持ちの差はない。「猫」のように先生は名無しで、私もまたそうなのです。「こころ」仕掛けに、大きな変化はないように見えます。
.
 先生に外人の、英語に堪能なインテリの目印をつける。赤シャツで英国帰りの印をつけたように……漱石は前と同じ方法を使います。鎌倉の海水浴場の沖で、二人は同じように愉快になります。
.
 私流に理屈をつければスイマーズ・ハイです。言ってしまえば私は先生と、それで心安い仲になる。それを丁寧に、悪く言えば回りくどく進行させます。私は友人に呼ばれ鎌倉に行く。友人は都合で帰り、無聊を囲った私は先生に目をつける。
.
 この先生は統合失調症なのか同性愛なのか? 甘えるのが下手なだけか、友情を育むのに失敗したのか? どちらにしても先生の精神的な危機は、やがて私にも押し寄せそうに見える……私の友人は家族に呼び出され、私を置いて帰ったようにネ。
.
 漱石は生まれるとすぐ養育費を付けて外に出され、長男次男が無くなると呼び戻されます。夏目家の正家族でなく猫のようなスペアとして……その辺の不条理感が話に滲み出します。家族が身障者になると、たとえば長男が身障者になると、家族は次男をだんだん長男扱いにしていく。
.
 奥さんが亡くなると父は長女に奥さん役を振っていく。実質で次女が長女のように先に嫁に行き、長女は嫁に行かず後家のように、ずっと家を取り仕切り続ける。個人個人に平等な権利があるのでなく、家の都合が優先されると、ついそういう事も起きます。
.
 漱石は身障者だったのか? そうではないが似たようなモノでした。ひとり後妻の子だったし、産まれた日も縁起が悪かった。写真に伝わるハンサムな顔は、あれは修正された写真で鼻に痘痕の痕があった。背も低く160cm「菫ほどの小さき人に生まれたし」の句を詠みます。
.
 ややもすると自閉的になる。先生の奥さん、静は少し酒でもと提案してます。漱石は下戸でした。それでしるこが好き、ジャムが好き、ピーナッツが好き……食いすぎる傾向にあります。坊ちゃんでは蕎麦を食い過ぎるシーンを書いてます。食べた時だけハイになるんです。
.
 「猫」とかユーモア小説だった頃はギャグを決める快感もあったが「こころ」では書く快感はどうか? 漱石は熊本では散歩をしています。熊本市内から小浜まで歩くのだから散歩の域を超えてる。若い頃はランナーズ・ハイ、歩く快感でバランスを取ったと思われます。
.
 だが歩かないで食べるだけ食べれば、どうなるか? 熊本震災後、日に2度、炊き出しが出て2カ月以上、人によって違いますがじわじわ太る事になります。私もプールや筋トレは出来なくなって、食べるだけ食べました。
.
 東京での漱石はバイオリンの練習とか絵ハガキを描いたりはしますが……ランナーズ・ハイまでも歩くことは、もう出来ない。そういう意味で漱石は大患後、急激に老いたと思われる。そうでなくとも健康を損ない死を意識すると、本書のように楽しい場面は少なくなる。続く。

2017年5月24日 (水)

漱石後期三部作

Kokoro

 漱石の小説では二人の男が出てくる。二人の女性も出てくる。だが、この二人は元々、ひとりの男でありひとりの女性です。
.
 「坊ちゃん」に出て来る坊ちゃんと赤シャツは、もともとは同一人物と私は証明しました。坊ちゃんに出て来る清は、もしかしてマドンナと同一人物かもしれません。
.
 「三四郎」に出て来る里見美祢子は、三四郎が風邪をひくと、野々宮よし子を差し向けます。よし子は手ぶらではない。見舞いのみかんを剥いて三四郎に食べさせます。
.
 「三四郎」の序章とも言うべき、初めの方に、汽車で相乗りになった女に三四郎は手が出せない。小説の終わり方に漱石は手を出す必要がないベッドシーンを書いた訳です。そう読まなくては面白くないでしょう。
.
 三四郎に影響された森鴎外は、似たような青春小説を書き、発禁処分を食らいます。そういう時代でした。漱石は「修善寺の大患」で死の淵をさまよう。その小説に変化はあったか?
.
 釈迦は断食して死の淵を覗きます。そして悟りを開く。悟りというと何だか広過ぎて分かりませんが、気が付くという事です。悟るとは生きる上での気付きです。私も11才で病死寸前までになります。
.
 幸い死にませんが、何かいう権利くらいあるでしょう。それで漱石文学からユーモアが姿を消します。ぎりぎりの書きたい書いて置かなければ、いつまたあの世に招集されるか? 漱石はそういう思いに至ります。
.
 もはや蚤よけのまじないとか、みかんを食べてベッドシーンの代わりとかバカバカしくて出来なくなる。さりとて危ないことを書けば発禁処分の現実が見えます。それで書かれたのが彼岸過迄、行人、こころの後期三部作です。
.
 中でも「こころ」は自分でも気に入ったようで、単行本化について漱石は装丁まで自分でやります。命がけの漱石は何を書き、何を伝えようとしたか……気になるところですが、今パソコンでは「こころ」は買わなくてもよく、青空文庫で読めます。
.
 また老眼が進んだ方にyoutubeには朗読版があります。いやもっと善玉悪玉に分けてもらわなくては分からない、そういう若い方に向けてアニメ化もあります。youtubeで下記「青い文学」で検索して下さい。
.

Aoi Bungaku Capítulo 8 - Kokoro 前後編

2017年3月25日 (土)

トクホの嘘

Tokuho

 週刊新潮3月30日号の記事が「トクホの大嘘」を出した。何十億何百億個の生きている乳酸菌よりも「腸内で増える菌の方が……」と画像の言も取っている。(情報源、秋津壽男院長)

.
 最初から多数の菌が生きている、増える必要はない飲料やサプリはある。だがそれで生きてる菌と言えるか? 私は怪しむ。菌は増えるのが生きる証で、増えないのは死を意味する……しないか?

.
 私はヨーグルティアの利用者で増やして飲む派で、増やさないでは気持ちの収まりが悪い。半額処分のヨーグルトをさらに4分割して冷凍保存、さらに増やす。見られたようなコメントに畏れ入る。

.
 秋津院長はどんな医師か? ヨーグルトのバーゲン、半額処置をご存じなら、あまり気取られた、世間知らずの医師ではないのだろう。世界は広がるようで狭い。意外に医者はパソコンが不得意だったりする。

.
 スーパーや100均を知らなかったりする。トクホという法制度と、病院保険所といった行政側と、商店消費といった3者がかみ合っていない。法と会社の2局間テキトーななれ合い……かなりの嘘のつきあいが行われる。嘘つきは、ひとりだけではない。

2017年2月27日 (月)

信仰 DIY4

Tinmoku

 失礼ながら遠藤周作さんは圧倒的な秀才という訳ではない。医学部をめざしたが通れずに文学部に行った方です。その「沈黙」が再映画化でまた話題になっている。
.

 ポルトガルの宣教師ロドリゴは師フェレイラを追いかけるように九州にくるが、日本は宣教どころの状況ではなかった。長崎奉行井上越後守は日本を守るため、信者、宣教師共々の信仰を捨てさせようとしていた。
.

 ロドリゴはフェレイラの消息を知る。師の棄教とは? 棄教か殉教か? インテリと無知、信念と退廃の間に形而上学の意味と価値を問う。遠藤文学は信仰とは何をどうする事かト問う。
.

 遠藤としては医学部に価値があり文学部にはない。そのような問いかけではないか。(安倍公房氏にも似た問題が)沈黙は一時、カトリックでは禁書とされ、関係筋では読まれなかった。それでか、遠藤はアカデミー文学候補となる。むろん今は違う。
.

 私はアスペルガーのケがあって、成績の一部優秀、大半劣悪だった。また健常児から障害児になった体験もあり、その辺のイメージは似ているというか重なり……興味津々。むろん同じではない。
.

 遠藤はロドリゴをキチジローを予め違う存在として描く。ロドリゴが転んでキチジローになるとは考えてない。健常者が障害者になる、あるいは障害者が健常者に回帰する。そんな事はないのだろうか?
.

 ある部分で「ジキルとハイド」よろしくつながってないか? 私はやがて健常者にもどるのは無理と考えるようになる。実際にそうなる事は少ないが、誰もが障害者になる。可能性を含む、ただ高齢の場合はそう言わない。
.

 多くの中途障害者は外身と中身をすっきり分けて考える。私はそうはいかない。障害者や弱者の立場だから気づき、思考や行動に反映する部分があるからです。外と中は混然とする。
.

 熊本に地震があった。古い建物は倒れ、倒れないまでも壊れかけた。すると簡単に地震前には戻れない。戻ったとしても微細な部分では違う。様相は変わり、厳密には地震前の熊本ではない。
.

 気が付くと熊本は身障者になっていた。そうでなければ熊本は老いていた。私が子供の頃から見慣れた熊本は何処にもなかった。数年いや数十年があっという間に流れ去ったように変貌していた。
.

 転び変節した人は死ぬ訳ではない。変節してはいけないト言っても、そうせざる得ない時もある。変節と転びは違うかも知れないが、転びと障害も違うかもしれないが……
.

 篠田正浩版「沈黙」は現在入手困難だが、youtubeには出ている。

2017年2月 4日 (土)

信仰DIY

Snep

 神は存在するか? そんな難しいことは分からない。私は子供の頃に障害者になった。障害児になった時、もう少し違う運命に変わりたいと思ったが、これについては変わらなかった。

 

 サンタクロースは、クリスマスに私の靴下におもちゃを入れ忘れ、次の年もその次の年にも忘れた。つまり幸運な子供にしかサンタはやって来ない。サンタは確かに存在するか? 詳しいことは知らない。

 

 信じる人の前で無神論を述べるほど、私は野暮ではない。幸福な人より不幸な人に、少し余計に親切でいたい。不幸が外側から見て分ればの話ですが……無作法は好きではない

 

 ちょっとした流儀にすぎない、それを偽善という人もある。確かに自己満足かもしれない。決まりとかつじつまとか、人にどうこうは言われたくない。つまり私の勝手です。

 

 メーテルリンクの青い鳥を文庫本で読んだ時に「一番ふこうな者になっているわ。そうすれば探すでしょう?」と女性が男にいう。男女は前世の恋人です。次の世に行っても別れ別れになりたくない。

 

 青い鳥は童話のように思われますが、大人が読んでも解らない例えが一杯ある。幸福と不幸について難解な問答も含まれます。ただ、この部分はキリスト教の夫婦が基本なのでしょう。

 

 不幸な印、意味深長なセリフですが大筋とのつながりはない。障害部位は上肢より下肢が目立ち、目より耳が軽い。平等という事もなく納得も出来づらく、互いに話合っても理解はいきません。

 

 仏教では出家といって家庭を捨てます。奥さん子供、両親のいる家を捨て修行する。釈迦は悟りを開きます。修行とは何か、いろいろの意味はありますが死に近づく。

 

 家庭は楽でしょ、そうではなく辛い思いを好んでする。釈迦は断食をやっている時に悟りが開けた。そういう風に言われます……別に釈迦に重ねる気はないのですが、私の一番長い入院は2年半になります。

 

 その間は家庭を離れました。基本的に一人です。股関節を切り刻んだりギブスに入ったり、考えようによっては死に近くなる。辛いので患者間では私に信仰を勧める人もあります。

 

 信仰、教えとは釈迦やキリストに聞いた事です。つまり本を読み呪文を唱える。そんなまだるい事をしないでも、似たような体験をするんだから、同じとはいかないまでも何分の一かでよい。直に悟れないものか。

 

ふとどきな考えかもしれません。つまり「 D.I.Y.」Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)で、「自身でやる」の意味。「DIY」の宗教版ですね。そう私などは思いました。この項、続く。

2017年1月17日 (火)

そこのみにて光輝く 映画

Sokono

 映画「そこのみにて光輝く」を見ます。書かなかったが、今、映画はyoutubeや近隣国のネットに行けば無料で見られるのも……まあ物によりですが……こんなにいい映画とつゆ知らず。
.

 不良画質で見てしまったト後悔してます。これはDVDで見たかった。芥川候補の純文学を原作として、アート系の映画で、1970年前後に在りがちな陰鬱な雰囲気がいい。
.

 今、現実はあの時代にまた似て来た。ズルいヤツは小賢しく、弱いヤツからくすねる。小賢しい奴には上がいて、そのまた上もいる。おぞましく吐気のする連鎖は……どこまでも続く。あの時代と今が似てきた訳でなく、これは変わらなかったか?
.

 池脇千鶴さんは、壮絶な汚れ役に挑み、この仕上がりに敬意を表します。考えてみれば宮崎あおいさんなら何とかなるが、池脇さんの活躍できる場所は、ほぼ閉ざされた。
.

 TVドラマはむろん、映画さえこういう作品は、ほぼ作れない状況です。この手の話で前回、見たのはDVDで「共喰い」でした。大島渚風のタッチはヒヤッと心に凍みました。
.

 どこか違う場所で生き直せば、少し違う生き方も開ける気がしました。小さな町で小さな利権に群がるより……思いました。でも大きな町では大きな利権を争ってネ。まあ、よくある話です。
.

 何のことはない利権の取り合い絞り合い。「そこのみ」の原作は佐藤泰志さんで、この方は自殺されまして再評価の流れから、ここに映画化された。佐藤さんは3度か芥川賞候補になって、結局取れなかった。
.

 42才で自殺、妻子があるのになぜ? 今さら理由は確定できないが芥川賞もあるのではないか……トいわれてます。ただ私は取ったら道が開けたとは思いません。暗いもん、自分で切り開かないと開けません。
.

 原作は少し構造が入り組んでいるのか? もう少しで長谷川伸の時代劇みたいな話になる。洋画のたとえば「ドライブ」とか「ナイトクローラー」とか「マネーモンスター」とか、娯楽化も出来るのに……
.

「共喰い」もそうだが大人になれない。それで現実から卒業できない。一種の子供である自分が可愛い。そういう人たちに、もう飽きたいうか。選考委員も、それで話芸の人に上げたりしてますネ。
.

 同情で賞を上げても駄目な人はダメ、前例がいっぱいあって、そういう判断が含まれる。気がしますねえ。そういう私もDVD借りてきて、これもう一回見るか? ううん、微妙です。
.

 芥川、直木賞を辞退した作家には高木卓、山本周五郎がそれぞれある。以来同賞については貰う意志を聞いてから上げることになったそうな……上げるにいらない。上げないのに欲しい。どちらも人騒がせではあります。

2017年1月11日 (水)

登山ばなし

Ebe

 ビギナーとベテランの違いはあるか、分ける線はどこか? 高齢登山も勿論かかわります。登山にいうクライマーズ・ハイはサスペンス小説の題にもなりました。
.
 ランナーズ・ハイ、スイマーズ・ハイときてのクライマーズ・ハイのハイは他のハイと同じものか……ここに決定証拠はない。小説の中では悠木記者が「クライマーズ・ハイは本当にあるのか」と末次に聞きます。
.
 あると答える。末次は登山によって障害を負い、登山をリタイヤしたベテランです。ベテランあるいはプロと言う言い方で、その道の判断力を誇る人は存在するものです。
.
 ベテランは危うい状況に判断を下せるが、ビギナーあるいはアマでは判断できない。私が今書いたいこの一文、ワンセンテンスを、ほとんどの人は疑いなく賛成される。そうだろうト思われます。
.
 ビギナーは山頂を目前に興奮し、吹雪く現状に続行の決意をする。よくある状況です。それを止め下山の判断をするベテラン……やはりベテランは偉い……何事もベテランのいう事が正しい。
.
 思いがちです。これが違うのではないか? エベレストという映画を観ます。世界最高峰エベレストに登ろうとする人には、さすがにビギナーはいない。登山料金もかさみ、ひと財産と言われる。
.
 これに具体的な数値は示されないが、山になぜ登ろうとするか。古典的な命題も論議になります。これにも変わった答えが出る。エベレストに登れば一生自慢になるトいうのです。
.
 エベレストに登って帰ってくれば何も残らない。支払いのクレジットが残る……いや、その事実は見えない宝石とも、名刺にも書けない肩書とも、そして何より死ぬまでの自信になる。
.
 いえ私はエベレストにも富士にも登りませんが、ここの気持ちは少し分かります。水泳で今2000弱、去年は3000泳ぎました。スピード遅いのでスポーツじゃない、リハビリです。
.
 そう申し上げるが驚かれます。「何というにしろケタが違う」いえ私は毎回100m増やしただけで、特別な訓練と思っていない。体付きも普通と違うのでそういう話になりがち。
.
 脱線しました。つまりエベレストは地位と名誉を誇示する、その代わりの履歴書になる。となると、つまんないコトするよりエベレストを目指した方がいい訳です。賢い判断でしょ……少なくとも映画の中では。
.
 その賢い人たちが何をするか? それが映画の見所になる。登山家たちはベテランですが、自前では行けない。みんなで案内人を雇う。いえ逆で、案内人が登山家を集め案内する。
.
 早い話、観光ツアーでして99%の安全で請け負う。じゃあ後の1%のリスクはどうするか? たとえば前年に目の手術をしたのを言わなかった。そういう人いるんです。途中で目の具合が……
.
 別な人で「俺もいい歳だ。登山も最後になるだろう」そういう人もいるんです。そうすると案内人のいうことは聞かない。金を払っているのは自分との考えがあるんです。
.
 そうすると、ビギナーとベテランの違いはあるか、分ける線はどこか? 怪しくなってきます。むしろ訳知りなだけに始末に悪い。「もう10mだろ。登らせてくれ」
.
 クライマーズ・ハイというのは高揚感というか興奮で判断ができなくなる事をいう。俺はベテランだから、本人だけが冷静のつもり、誰が見ても冷静でない。
.
 興奮は脳内に生じるエンドルフィンの働きであって、経験の数や、修養を積んだ積まないの違いではない。医学というか科学というか分かっている。ベテランだからこそ陥る穴もありうる事になります。

2016年12月24日 (土)

「君の名は。」におけるデートの意味 4

Kimino

 何度しても手術は不安で、死の恐怖も消えない。障害者になることは生きながら部分で、死ぬことな訳です……すると女性は異様に美しく見えて、唯一の対象に見えてくる。つまり盛りがつくんですネ。
,

 フロイトはリビドー(性欲)の理論を立てます。1885年パリで催眠術によってヒステリー患者を治療しようとした。この時の治療対象は女性が中心でした。パリではイライラから高じたヒステリ患者が多かった。
.

 誰もがそうかは知りません。3割とか5割それ以上とか、ある程度の普遍性はありましょう。生物は余裕があるとセックスします。なければ余裕を作ってセックスします。恐怖を静めるにもセックスは効果を上げる。
,

 フロイトの発見と治療は、人間とは何かの発見でした。約束の言葉、理屈や道徳、あるいは宗教でしばろうとしても根底にあるのは生き物という……自然に埋った仕組みは消えない。なお消すべきか、認めて開き直るべきか?
.

 熊本も2度の地震で言い知れぬ恐怖が襲いました。私たちはふだん忘れている死と直面しました。あれは手術の怖さと同じです。全員が伸し掛かる家の下で死んだ訳ではなく、恐怖や不安ばかりををまざまざと見た訳です。
.

 すると挨拶しかしない、なんでもない隣人が愛おしく見える。町内会長は「この人は祖母ちゃんの家におらす」炊き出しを一人分よけいにくれたそうです。感謝とか言わないでも、存在自体が輝かしく感じられました。
.

 死に直面すると異性は普段に増して美しく見える。運命の人トカ赤い糸トカ、そんな面倒なことはいらない。行きずりでも十分な縁に感じる。「君の名は。」は構えすぎ大袈裟です。500人の町民の命をかけないとレンアイにスイッチが入らない。
.

 私が引用したのは同じ教室にいた子です。違う町で会ったから声をかけ、かけられた。それだけ、別に結婚しませんでしたがネ……細川元首相も夫人との見合い不調だった。それが外国で偶然会って運命を感じたそうです。
.

 結婚後に恋愛する選択もあります。男女どちらも状況をリードできないなら、それも仕方がない。仏国では二婚説が有力で、年齢差のある同士が、複数婚を前提とする。結婚じゃなく同棲に合理性を置いてます。
.

 家や婚姻で個人を縛ると日本のようになる。それがいいか悪いか? 「君の名は。」は儒教的事情の反映にあって、韓国、中国でも支持されましょう。だが見てきたように米国、欧州ではウケません。

161229

.

 出会いから結婚まで、デイトとは取りあえず一回の延長戦な訳です。自然が命じるのは子作りであって運命の恋ではない。性欲のスイッチが入るかどうか……それだけいうか、ぐずぐずすると別の可能性が入ってくる。(完)

2016年12月 1日 (木)

芥川龍之介

Akuta

 物語には何かしら矛盾がある。矛盾では言葉が強すぎるなら、おかしな所といおうか? 長い時間の流れをつまんだ跡や、人物を整理して簡略化したような、何かしらが付きまとう。
.

 芥川龍之介の小説に「魔術」という話がある。雨の夜に私は、インド人のミスラ君に、魔術を見せてもらう。そして見た直後「私に魔術を教えてくれ」と頼み込む。
.

 魔術といっても手品のような、それはランプが回りだすというだけの、催眠術を応用した魔術です。ミスラ君は教えてもいいが「欲のある人には使えない」ト私にいいます。
.

 次の場面で私は友人を集め、魔術を披露しています。私は魔術で沢山の金貨を出します。友人たちはそれを元手に博打を打とうと言い出す。金貨を回収したい私は困ります。
.

 私は不思議にツイて全金貨を回収するが、友人の一人は全財産を賭けると言い出します。欲を出した私は最後の賭けに、魔術を使います。
.

 すると友人たちは消え去り、場面は雨の夜にもどり、私の前のミスラ君は言います。「魔術を使うには欲を捨てなければなりません。あなたはそれができないのです」
.

 私は欲が捨てきれず、なぜミスラ君が欲が捨てられたか……物語が終わっても謎は残ります。そもそも欲のない人間がいるでしょうか? ……これは「赤い鳥」に書かれた、子供向けの話です。
.

 芥川は同じような話の「杜子春」も書いています。杜子春では仙人が出てきて、杜子春に2度も財宝をもたらします。杜子春は3度目に無一文になった時、仙人にいいます。
.

 「財宝はもういい、それより自分を仙人にしてくれ」杜子春は仙人になれたか? なれません。牛に変えられた両親が引き出され、刑に掛けられそうになるからです。
.

 魔法や仙術とは、作話を意味し、芥川だけが書けた作り話という事です。本当ではない話になります。奇跡へのあこがれ、つまり努力しない成功を考えてはいけない、子供への教訓になります。
.

 教訓話はつまらない。現実に沿った話をといわれるようになる。芥川でいえば「トロッコ」です。米国映画には「これは本当にあった話です」断りが付きます。日本のドラマでは「これはフィクションです」と断りが付きます。
.

 何が本当か? 物語が終わった後で読者はどうすればいいか? 微妙なトコロがあります。私は漱石を読むようになる前、芥川を読んだ時期があります。同じように若い時、太宰を読む人もあれば、賢冶を読む人もある。
.

 私は太宰、賢冶はそこそこに、漱石とか三島とか谷崎とか、種類は何でもいい、大人の小説に行って欲しいと思う。奇跡を待ちながらあてもなく生きるより、現実に働きかければ物事は少しずつ変わって行くからです。

2016年11月26日 (土)

震災復興のメモリー

Kumamotozyo

「古文書が語る震災と復興のメモリー」との題で県立美術館の山田貴司さんの講演を聞きます。熊本が地震に会うのは初めてではない。内外の研究者は急ピッチで熊本震災史の研究を進めるという。
.

 震災史は復興史と裏表になる。復旧と同時に、震災記憶は記録化し、防災減災につなげる必要がある。熊本城は築城以来、満身創痍だった。復旧のスピード感も大事だが長い目で見ていく必要もある。
.

 展覧会「被災と復興のメモリー」の準備が進んでいる。H29年、来年4月14日から5月21日まで、展覧は本館別棟で行われる。配布資料は1000円強の予定です。
.

 地震の古文書は地震があったその内容記録、対処要請、処置の伝達に分ける事ができる。今年は年貢を免除するとか、復旧へむけ金を貸すから、後5年で返すように文書内容はそうした物です。
.

 中でも熊本城に注目が行っており、前と同じところが壊れる。目先の復旧と同時に根本では補強が必要ではないか? 潜在需要というか問いかけが出て来ます。質問に地震保険が出ますが、入ってなくて後悔というか。庶民状況とお城の処置とでは、づれるトいえばづれる。
.

 天災は忘れた頃にやってくる。寺田寅彦の言葉といわれるが、忘れるような時間が経たないと災害は来ない。明日明後日にはない。保険会社も暫くは掛け金を高くつけるでしょうから、子や孫に申し送るだけでいいのかも知れません。
.

 地震の後という意味で東北震災後、鴨長明の「方丈記」が話題に上がりました。失業しての閑居生活、小さな家を移動式に車をつけ、地震などから安全な所、つまり長明は森に住んだ。
.

 東北震災と熊本の大きな違いは津波がなかった。車を外に出して車内泊した。余震が続く中、家に押しつぶされる恐怖から逃れた。トラウマが軽く楽天的と言われる。方丈記から学んだ訳ではないが、結果として似た方法が使われた。
.

 かなり講演会からは逸脱してきました。オチまでもう少し、家が壊れても命は助かった。そういう場合は家立て直し言うことになります。保険いくら降りるか貯金がいくらあるか? すると、とても家が建たない場合もあるでしょう?
.

 お金が数千万、出ないと復興できません。とりあえずの対策はクルマ、軽の箱バンいう場合もある。鴨式に対策すれば、地震が来たら一家が箱バンに乗って田舎に逃げるんだから、お父さんにはセダンやクーペは諦めてもらう。
.

 地震を考えるとクルマ選びの目が変わる、そういうコトもある。お宅は地震でクルマに被害はありませんでしたか?
.

●第7回「熊本元気塾」は「組織創りのノウハウ」12月15日、熊大名誉教授 吉田道雄氏を迎えての開催となる。問い合わせは情報会館まで。096-377-2091