社長 Feed

2015年1月10日 (土)

教えてピケティ!

Pke

 ピケティ、読みました? あれ読まないとインテリ顔が出来ない。それで皆こぞって買う訳だが価格は6000円弱、私はいいです。

.

 どのみちブックオフで108円に下がる代物です。私は、下がってからにします。ただ前評判はすでに流れていて……これはアベノミクスに反する理論です。つまり社会での格差は、小さくならず広がって行く……それを判り易く、難しくない本だそうです。

.

 年頭に当って、岸博幸さんはYahoo! JAPANで、このような将来像を言います。「日本経済全体は上向きですが、資産価格の上昇による恩恵が大きいのは一部富裕層のみ。それ以外の一般消費者は厳しい時代になっていく。2017年に消費税が10%になれば、物価上昇も相俟って生活はさらに厳しくなるはず」

.

 岸さんは小泉政権下にあった時、竹中大臣と仲がよかった人。安部内閣ではなぜか、お呼びでないがそこそこの自民党肌、根拠が感じられる。もう少し引用します。「ただ消費税率が10%で止まるとは思いません。日本の借金は1000兆円を超え、GDPの2倍以上の規模で世界最悪です。借金が増える大きな原因は社会保障費の増大。日本の社会保障給付費は115兆円。もし現状の社会保障の水準を維持しながら財政再建しようと思ったら、消費税率は少なくても30%にせざるを得ません」

.

 野党になった民主党が、もう少ししっかりしてれば消費税は上がらなかった、そう言われる方もありますが……最初に消費税を上げたがったのは野田民主首相であり、民主と自民は6割以上8割くらいまで同じ、池上彰風にザックリいうと7割が同じ。

.

 岸さんの言い草は面白い。「消費税率30%はいくら何でも負担が重すぎます。そこで他の先進国並みの15%にとどめて財政再建しようと思ったら、高齢者向けの社会保障の水準は3割程度削減せざるを得なくなります。つまり国に頼れない時代がやってくるのです」他の先進国では15%~20%以上なので、日本でも20%に落着くと私は思う。だが社会保障費の割引率は、そんなもん、むろん賛成意味ではなく、そう思ったが無難の意味です。

.

 だって、カップ麺も普通の麺も、食用油からティッシュまで……年明けに吹き荒れる値上げの渦を見れば、岸さんの言われ方は楽観的と思う。いえ私のように思わないなら、どうぞ岸さんの言われる通りに解釈されてください。今の、あるいはこれからの高齢者は骨の髄まで、ズイと読みます。しゃぶられる覚悟をしたがいい。

.

 1月8日の発表による景気は、1年前と比べて「良くなった」回答から「悪くなった」の回答を引いた、今年の景況感DIはマイナス32.9となり、3期連続で悪化している。つまり想定以上の速さで、ゆとりが壊れている。岸さんは景気付けのつもりの弁が、そうならないで皮肉に響く……安倍さん本音では、もう投げているのだ……そういう噂も流れます。

.

 そこにピケティ情報が入る。経済書『21世紀の資本』は欧米を熱狂させた経済書で、ピケティは何を論じるのか? 「フランスの経済学者トマ・ピケティによる『21世紀の資本』700ページは、この十年で、最も重要な経済学書と言って過言ではない」との売り文句で仏米でベストセラーとなった。(13年~14年前半)今年に入って邦訳が出ている。

.

 内容はこうです。「経済的格差は長期的にどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得の分配と経済成長は、今後どうなるのか? 決定的に重要なこれらの諸問題を、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって解き明かす」ピケティは画像から判るようにまだ若く41才です。

.

 で、疑問が出て来ます。岸さんの見解はピケティと矛盾します。岸さんはピケティを読んだのか? 読んだ上で自説を言われるか、読まずに言われるか。知った上で対応が不可能で、無視されるか……その辺に関心が行きます。頭のいい人は自分より頭のいい人を見ると、嫌な顔をしますがやっぱりそうなんでしょうか?

.

 話が大仰な割りに下らないオチですが、関心ありませんか。なければ別にいいんですが……

2013年8月22日 (木)

震災復興支援

 Aranami内容はよく判らない。ある年齢になると語尾がかすむ。歯のせいか? 顎の筋肉のゆるみもあるだろうが、第一の原因はマイクを使わないからト思う。マイクを離した肉声が自分の耳に馴染み、快いのだろうト思う。荒波辰也さんだけの欠点ではない。

 

荒波辰也氏は商工中金出身の銀行員です。現在、東日本大震災事業者再生支援機構の代表取締専務というポスト。当機構では13年7月末で1372を受付、553が当議進行先となり、支援が決定したのは234件となる。一般条件よりゆるく、見込みのある人の支援をしている。

 

具体例として出たのが、三千万の借入金がすでにある。工場再建に五千万が必要であるとして、計算上八千万が二重債務となる。当機構が最初の三千万を一千万で買い取るよう銀行に交渉する。この時点で、債務者には借入先が国に変わっただけです。

 

5千万の返済に12年かかるとして、その間、利子も低く待つという。通常は5~7年というのが、説明の大筋中の大筋。金を貸すということ、また借りるという事がどういう事かは、TVドラマを見てもらえれば判る。講演中に「半沢直樹」の名前が出ます。

 

半沢直樹でいえば倍返し、今回の震災は多くてもいつもの3倍くらいに位置付けでいる。10倍にはなってない。数値からは、異常事態の認識ではなく、いつもの延長と見た。3だの10だの言ってトモ思いますが、それでいいのか悪いのか……それでいい?

 

この後、最初の1千万を返す? 聞きそびれました。荒波さんが一番強調したのは経営者の自覚という事で、最初に茶髪で訪れた若い経営者が自覚し目覚め、だんだん髪が黒くなった。ジャージの服がそれらしくなって行った……荒波さんの受け止めもそうです。

 

災害地は広範囲で、進歩か保守かでいうと保守的。いくつか実験というと悪いが、昔のままの港を一方で作り、外国の例を取る様な先進的な港を反対側に作る……そういう事も出来たと私には感じる。一律に自覚を待つという事では間に合わない……その実証もすでになされた。ト私は見る。

 

荒波さんのいわれるのは、簡単にいうと東日本の十年後を活目して待てという事になる。当時の野田政権に新しいプランがあったとも思えないが、それにしても、これは今まで通りのやり方で、緊急性が足りない。それで遅い。早期に若い力を結集するとか、出来なかったか?

 

村上龍さんの「半島を出よ」でコリョを迎え撃つ不良少年たちは、単に不良というのではない。ある意味壊れたというか、ねじれぶりが並ではない……そういう子でないと役に立たない。若き日の龍さんの反映なのか? まだまだ平和、大丈夫という事か? 

 だが、なぜこうなったか? 原発の存在は大きく、触ってはならない事として東日本に圧し掛かった。メンテナンスより秘密を守る事に神経がいき、復興への力が割かれた。今なお裂かれている……まだ日本に危機感はない。

●次回、第4回熊本元気塾 ◆日時 平成25年9月6日(木) 18時~20時   予約は℡096・377・2091流通情報会館へ。

◆場所 熊本市流通情報会館5F 第1研修室

◆内容「godhandはもういらない」
◆講師 菅 守隆 済生会熊本病院予防医療センター長

2013年4月 9日 (火)

自信の根拠

Kumamin自信にも判断力にも限界がある。しかし自信も持たず自分の判断力もないで何かすることは、おそらく誰にも出来ない。どう問題点を指摘されようと……自信ではなく自信めいた何かで判断を下し、それは行われる。

 

 

 

『テレビで「アポロは月に行かなかった」という説をキッシンジャー等ニクソン政権時の政治家へのインタビュ ーを通して実証するという外国(ママ)の番組が紹介された。実はエイプリルフール用に作られた冗談番組だったというのがオチなのだが……』

 

 

 

たとえば米国のプライドの根拠は、アポロで月に行った事であり、逆に不安はニクソン時の不正にある……ト考えてもいいでしょう。しかし、その辺の状況をギャグにして笑う、笑えるという事に米国の強さがあります。

 

 

 

宋文洲(ソウ・ブンス)@sohbunshu1さんはツイッターに関心が高い。4月8日にも記載されている。「やる気を口癖にする社員のその後を、長く観察してきたが、仕事でよい結果を出していませんね。やる気で仕事が進む訳でもないし、やる気を口に出す奴にやる気がある訳でもない」

 

 

 

宋さんは中国から日本に留学して、そのまま中国に帰らない人です。このコメントは日本へ向けるものか。中国に向けるものか、それとも一般論なのか、よく判らない。最後のだろうとは思うが、よくは私には判らない。

 

 

 

アポロが悪い冗談になるように、やる気も冗談になる。米国がニクソン体制時のアポロに実感が持てないように、日本も経済大国だった時の実感は持てていない。夢の中の一瞬のように過去を受け止めるだけだ。つまり、やる気を自信に代えて判断する。

 

 

 

もっと言えば昔の元気が、今もあればあの時にもどれそうな気がする。ツイッターでの宋コメントは、その辺を揶揄するようにも見える。フジだの朝日放送だのと宋さんはTV出演が多い。その有名ぶりに比べればツイッターの支持者は少ない。あるいは宋さん自身がそうかも知れない。

 

 

 

むろん半信半疑では判断が降りないが、73か64なら可能性からそう判断せざる得ない。ほんの短い時間、先回りして判断が下される。よい結果に導く判断と、やる気には関係がない。この洞察に私も共感します。

 

 

 宋さんの洞察は、こうして次の洞察につながって行く。それはアポロとニクソンの関連付けに似ている……宋さんの笑顔にエイプリルフールの悪い冗談と、同じ根を感じる。おそらく誰も自信の行動は出来ない。どう問題点を指摘されようと……自信ではなく自信めいた何かで判断を下し、人は行動に移す。

2011年12月 9日 (金)

中国の最新事情を知る 宗金建志

Munekane 日本貿易振興機構、ジェトロの宗金建志さんの講演を聞きます。「中国の最新事情を知る」見る角度が違うので、櫻井よしこさんとは見解が根本的に違います。

 

最初から付き合って行く相手として見る訳です。付き合い難い部分があるのは承知の上で、お隣さんはお隣さん、ご縁からは意味を引き出さなければ話にならない。

 

情報は多すぎる上、中国に行ったことのない私が、コメント出来る部分も限られます。民族性について宗金さんは、こう分析されている。

 

中国人はチャレンジ志向でリスクを取る。日本人は安定志向でリスクを避ける。中国人はキャリア志向で日本人は就職志向である……中国が大陸の中央にあった事と、日本が島で海の外に出なかった。その反映でしょう。

 

同じ日本人の中にもキャリア志向の方はあり、女性にはそういう人も多い。しかし安定キャリアの両者が同じ土俵の上に立った時、戦わなくとも判る。私は櫻井さんの考えが、そういう論理に立つ気がします。

 

長く中国に学んで来た日本人は、今また中国に学ぶ機会を得ているのかも知れません。現代テクノロジーによって海は取り払われた。今、日帰りで飛行機が飛び交い、インターネットの網につながる。

 

中国人はその意味で米国人に似ている。大まかアバウトいうか粗野いい加減いうか、善悪よりそういう気風があって日本人に嫌われる。緻密で細かい、賭博性を嫌う。ある意味の将来予見さえする。

 

医師の小さな嘘から状況を読み、その場で手術NOの結論に至った人もいますから……誰でしょうね? 日本という国はそういう国です。この点だけを取っても日本は中国にとって、いいパートナーとなる思います。

 

個人で会うと判りませんが、両国には長い歴史がある。そういう意味からは中国は、米国より付き合い易いと思われる。あまり楽観してもいけないが、悲観し過ぎてもいけない……しかしバランスを取るいうのは難しいです。

 

では最後に中国、日本に共通している問題を、意外に英語は普及しないそうです。自国語に拘りすぎている。それは共通らしい。パソコンの普及は著しいが、ネットでの買物は若い人に限られる……そういう意味での行動力に欠けます。

 

情報を現実と結びつける力といいますか? 誰ですか。何だ私と同じとホッとした人は?

 

●熊本元気塾 http://www.jyohokaikan.com/lm_guide.html

 次回は 1 月26 日(木) 藤波 源信氏 比叡山延暦寺宝珠院住職

2010年12月30日 (木)

受容

105_ir052

知り合いのお父さんが亡くなられ、残った兄弟がややこしいのです。ややこしくなるのは判っていて、お父さんは何も言い残しませんでした。死因が何か、どういう事情か……ここに書く訳にも行かないのです。

でまた週刊新潮の49号を出します。記事のタイトルは「有名女優の介護日誌」です。まずは磯村みどりさんが出られます。ボケたお父さんを立てるとあり、実の親で当り前と言われる。ただ磯村さんトコは症状が軽く、内容にも罪がない……当り前とも、いっていられる状態です。

荒木由美子さんの場合は違う。「私はご飯食べたかな?」というお母さん。嫁が「食べさせてくれない」の意味合いがあります。宅配便が来ただけで「由美ちゃんに男がいる」お母さんが言い出す。どうも心の底で、嫁の由美子さんを受け入れていないのです。

敵意といっては何ですが、時々不安を表明される。このあたりから老いの現実、問題点が見えて来ます。そしてだんだん当り前とも済まなくなる。先が見えなくなり気が狂いそうになる……と荒木さんも自身を表記されます。

なぜ悪い方にボケるのか? なぜ兄弟のためにお父さんは遺書やエンディングノートも残して行かなかったか。話は、そうつながります。介護日誌3つ目のケースは、坪内ミキ子さん70才。亡くなられたお母さんは86才でした。

転んだのを切っ掛けに寝たきりに、しかし「体ではなく心の傷で殻に閉じこもってしまった」と坪内さんはいわれる。坪内さんが夜は隣部屋に泊まるが「オシッコ」と起こされる。それだけではなく枕がずれた。「もう一度、布団を押さえてくれ」坪内さんは5分置きに起こされます。

寝られない、それで夜だけでもオムツにしてと頼むが、「それだけはやめて」とお母さんに固く断わられる。繰り返します、お母さんは心を病んだ。その時は理由も判らないが、今となればト坪内さんはいいます。

夜に限って手を取る理由、私から簡単にいうと死への不安です。年を取ると不安がなくなる訳ではない。体が悪くなり年齢がいくほどに、死は具体的なものとなる。私は11才で病院暮らしを経験します。死とも馴染みますが、誰でもそうはいかない。

いい年をして注射が怖い人もあれば、やっぱり死が怖い人もいます。体調が悪くなるほど、やたら旅行に行きたがる言う症状の原因に、これがあるかも知れません。不可解な行動の、原因のひとつになります。

死が迫れば迫るほど、兄弟のお父さんは遺書やエンディングノートを作ろうとしません。受容できない人にも最後はそれでも来る。判れば判るほど、自分の死と折り合えない。その思いはお父さんにも強かったのではないか?

お父さんが亡くなった後、兄弟は家をどう分け合うか? 今も悩み続けます……あなた、ご両親はご存命ですか。ご両親はご意見、今後について文書で残されてますか?

2010年11月14日 (日)

ある放送関係の講演 2

Tv2ブログ他で原稿を出している私ですが、最初からこういう事態を考えていた訳ではありません。「hataさんのかけはし」の前にワープロの「かけはし」があり、その前にはガリ版刷りのかけはしがありました。

かけはしの他に、私は月刊で書いたり年刊会報に書いたり、出版の経験もあります……そういう活動は顔、知名度とは結びつかず、言わなければ判らない物でした。むろん執筆で食える訳ではなく、言う必要もなかった。

ところが最近はブログが読まれて来て、Googleの検索トップにはさすがに出ませんが第1ページに出る記事がポツポツあります。これは想定外で少し困っています。

近所に知れると、すでに知れているかもしれませんが、私の方からは言いません。言わないから知らない振りをされる……かもしれない。そうすると人間関係に隙間が出来る。あるかなしかの隙間は人間関係に障ります。つまり困ります。

そう言った所から昨日の続き、ある放送関係の講演、続きに入ります。TVのデジタル移行は決まりましたが、それが成功するかどうかは、まだ判らない。米国が失敗した話は、私もどこかで書きました。

失敗するとアナログを残せいう事になる。もう一方では早くも3D化が言われ、まだ水面下ですが。3つの媒体が平行して進んでいます。講演者はこの上、3Dまで言われたら会社は潰れると言いました。

それはそうだと私も思います。私のメディアはパソコンという意味で一本化していますが、視覚障害者には点字や拡大印刷を必要とします。拡大印刷は対応できますが、点字化は出来ません。

聴覚障害者はFAXや手話の対応を言われ、私も前にはFAXを持っていたが、今は対応できません。視覚も聴覚も高齢者は誰でも「hataさんのかけはし」をパソコンで見てくれません。この状況はTVの状況と何やら似ていると思います。

TVは何のことはない。借金返しと機材買いに追われていると言います。私も5年前に買ったパソコンに10年前に出たプリンターを合わせる等のメディア参戦は、経済的にほめられた状況ではないのです。

身障者福祉協会はメディアの位置づけを間違えました。コンピュータを一時的な流行と捉え、社会の一部でしかないト思った。私の執筆活動はトヨタ財団の目に止まる。私への研究助成は協会としては不服だったらしい。

今も福祉協会は身障者同士の連帯を言います。私は健常者の理解や共感なしに障害者の生き残りはないと思う。若い障害者は協会には入らない。パソコンで情報を取る。協会は衰退の一路をたどります。

新聞が衰退すれば、やがてTVも衰退していく。ジャーナリズムの危機は民主主義の危機、国立放送には中立性に疑問と演者は言いました。放送がNPO化し大学教育と連携し、方法はない訳ではない。
だが寄付集めは大変で、破綻からの再生はむつかしい。

日本では米国のように寄付はしない……ホームページやブログも初期の頃は、障害者の書くものがそこそこありました。少しなら今もあるのですが個人は結婚し、子供ができると、内容が子育てブログに変って行きます。

さて新聞やTV、情報伝達は、これからどうなっていくのでしょうか? 私としても深い関心を寄せたいと思います。

2010年11月13日 (土)

ある放送関係の講演

ある放送関係の講演を聞きます……が「出来ればこの場限り」と言われまして、私としては名前を出しません。この方、出身は新聞で今は放送。新聞が特に危機的状況にあるという。原因はインターネット、読者が半数になった。広告収入もそれに次ぐ。

高齢者は読み疲れする。若者の活字離れが進む。そして不景気、景気は回復しても高齢者は基本的に金を使わない。グローバル化の波で外国企業と喰合いになっていく。同じ理由で視聴率も平均すると下がっており、TVもいづれヤラレルだろう。

日本の新聞は宅配体勢が整い、全体は世界一の発行部数を確保している。発行部数は概ねそうだが正確な部数は判らない。押し紙、積み紙という水増し数があるからだ。新聞の収入とは何か? 記事本体の売り上げと広告になる。時によっては広告収入が上回る。

私、hataはかつて全国紙を取りましたが地方紙がいいという人はあります。何で地方紙かというと、熊日は周囲の店のチラシが多く入る。このチラシが入らないと何処で何を買ってよいか判らない。奥さんの意見です。

全国、地方その中間をとって西日本新聞いう人もあります。講演の話にもどして読売が発行部数は多い事になってるが、広告は朝日が上、同じくらいではないのか? そういう推測も成り立つ。

世界レベルで見て日本の新聞は、あまり近代的な媒体ではない。それがインターネット社会になって、むしろ妙な腰の強さを見せた。持ちこたえている。世界レベルでは新聞の衰退はもっと著しいト演者はいわれます。

放送業界は就職先として人気はあったが、見栄えで入ってくる。女性が半分以上でタレント養成所と間違えている。仕事としては夜討ち朝駆け、実際のきつい汚いの3Kが出来ない。会社で何かあると実家に帰ってしまう。

若者は自分の価値観が確保できなくなっていて刹那的になっている。これからも経営は人を削るしかない。私は8000人の社員を5500に削るよう提案してヒンシュクを買った事があるが、4000でも危ない。

有名タレントを中心にBSTVで一緒に番組を作った事がある。BSから9人の不要人材が来そうというので削るように申し入れた。2人削れたが7人はやっぱり来た。現場はぬるま湯的という。

新聞は、読売朝日で同じ印刷工場を使うような合理化、適正化を計らなければならないが難しい。これは噂話としてあるが、毎日サンケイが何時まで持つか。当面、これを食い合って凌ごういう。ハイエナ的というか、嘆かわしい。以下次回。