芸術 Feed

2018年12月 3日 (月)

マイルスとコーヒー

Fuzita

 自画自賛という。自分は自分が一番可愛いとも……少し自惚れないとやって行けない。親と言えども必ず味方をしてくれるとは限らない。他からの攻撃にさらされるのなら……
.
 美空ひばりは酒を飲んだし石原裕次郎も体を悪くするまで飲んだ。二人に限らず、昭和の英雄はことごとくに飲んだ……私はタバコを止めたついでに、アルコールも止めた。
.
 関節炎のひばりは、股関節には酒は悪いのを知っていてなお飲んだ。肝臓の方に心配はなかったが酒に幸福を見出すので、生き詰まりが見えた。過敏症を黙らせるのに水ではならなかった。私にはコーヒーが適当だった。
.
 私の言葉は自閉する。もともとレコードなど解説におしゃべりだった訳ではない。自閉して自閉して、村上春樹の小説で主人公が自殺してしまう。「ノルウェイの森」の主人公のように、そう私たちは押し黙った。
.
 地下のジャズ喫茶からも、さびれた映画館からも、つないだ指の間からも私たちは変われなかった。行き止まりの海に出ては死んでしまう、あの森田童子の歌の主人公のように。
.
 コーヒーを飲むとチャーリー・パーカーとマイルス・デビスの演奏の意味について、私はベラベラと話し始める。適当に切っても長々、話しても大差のない話に、自分自身でもうんざりしながら。
.
 それでhataさん、なぜあなたパーカーよりマイルスが好きなんですか? 誰かが飛んでもない事を聞く。
.
 私は言う。パーカーは共に生きようとしますが、マイルスは相手を突き放し、距離を置こうとする。そんな風に聞こえませんか? 相手って誰だかは私にも判りません。マイルスは突き放す態度で、つまり観客にも敵意を持っている。
.
 私は店に行ったわけではないが、村上さんは一時、ジャズ喫茶のマスターをしていた。 そんなに次つぎ書ける訳でもなく、原稿料もそれほど高い訳ではなく……だろう? だが喫茶なんてもので稼げるものか?
.
 まあ演奏するマイルスの敵意に気がついたら、小説に音楽が取り込める。マイルスは何か怒っている。怒っている本人も気がついてない怒り方で表現できるのだから、音楽鑑賞も悪くない。
.
「枯葉」を吹くマイルスは……イヴ・モンタンの「枯葉」を吹いている。メロディがそうなので曲名も知れるがペットに歌詞はない。別な詩を考えてもいいのに、老いの繰言、例の歌詞を連想してしまう。
.
 急激に老いがやってくる。自分からは逃げる訳にも行かず、私は顔を背けてやり過ごす。ただコーヒーを飲んで自分の老いをやり過ごす。若かった時には誤診した医師とか、怒る相手もいたが、今は見当たらない。

,
〇今、MJBのグリーンラベルはベトナムとブラジル豆をブレンドしている。藤田コーヒーの青袋もブレンドが同じで同じ味がする。

2017年12月31日 (日)

大人のための人生入門 映画

Photo

「シーモアさんと、大人のための人生入門」には、すでにメモ書きが出来てます。平たく言えば、公開レッスンやインタビューを合わせたキュメンタリー映画です。だが中身は濃い。ツタヤも大きい所でないと在庫がない。
.
 シーモアもしくはセイモアさんの指導はピアニストのための物であり、演奏会での緊張を問題とする。とりあえず原点を起点に、考察や指摘はやがて人生の多岐にわたる。原題はSeymour: An Introduction 紹介の意味。
.
 監督はイーサン・ホーク、ビフォア・ミッドナイト3部作の脚本も演技も素晴らしかった、本職は俳優です。彼も演技と自己の間では演奏家のように苦悩したらしい。これに対するシーモアさんの答えが振るってます。
.
 大衆の望むものと演奏家の望むものは違う。だから芸術家は孤独を糧とする。孤独の中から紡ぎ出されたものを提示する、演奏会は緊張せざるえない……なるほどね。だけど自分の孤独が食えるなら、客との間の緊張だって食えるだろう。
.
 緊張をエネルギに変え。練習では出来なかった演奏は、不可能か……そんな減らず口を言ってみたい気もする。このDVDは音もいい。ピアニストの諸田由里子さんは音が澄んでいると言ったが、録音もいいので私の部屋にピアノを持ち込まれたような錯覚が起こる。
.
 もっと根本的な問題は人はなぜ自閉するか? シーモアさんが演奏家を止めて指導に回ったように、グレン・グールドは録音演奏専門になってしまう。グールドは神経症で、シーモアさんは違うように言っている……グールドは動物園で象の前に行って、象をノセるシーンを撮らせている。
.
 シーモアさんはイーサン・ホークをノセて映画を撮らせたのではないか? 自閉して孤独を糧にする、言葉の意味は入れ子、マトリョーシカになっている。私とグールドではむろん桁が違うだろうが、医師に過敏症と言われ複数回、悪い方に評価されたことはある。
.
 友人間での悪い評価は嫉妬が絡んでいる。身体障害はお互い様だが、私の場合は劣等感を逆手に取れる時もある。泉谷しげるさんのステージを生で見て「ア、やっぱり同じなんだ」思ったことがあります。あの人もシャイで障害がからむと何も言えない。
.
 身障者の劣等感のせいだと思っていると、犬や猫の子供好きは、子供の劣等性を埋めようとする……イルカなどの哺乳類も犬猫と同じで子供好き、人間の子供も好きで。時には大人の身障にも配慮を見せる。重度身障者の障害感と現実は矛盾します。
.
 その辺を私風にいえば、自分の孤独が食えるんなら他人との間の緊張だって食える、そういう表現になる。これは何度見ても飽きる事のないDVDで、日本美術の若冲の絵あたりと重なって行きます。
.
 シーモアさんは恋愛体験が空しい。時間的に長い意味を持たないト最初の方で言います……では子供の意味は? 弟子の子は子供ではないか。ここに出て来る生徒さんは(イーサン・ホーク監督を含め)みなシーモアさんの子供たちと読めます。


●「シーモアさんと、大人のための人生入門」http://www.uplink.co.jp/seymour/aboutseymour.php

2017年10月23日 (月)

若冲の雪

Zyakutyuyuki

 元気塾で講演会がありました。今回、講師は県立美術館の金子岳史さん。「若冲とみやこの美術」細見コレクションの精華……話題の絵師、若冲というので注目しました。謎の浮世絵師は写楽だが、若冲のどこがどう注目なのか……この段階では分かってません。
.
 金子先生に質問しお答えをいただき、何とか書いてます。金子先生は色んな流派を勉強して後に若冲流を打ち立てている……若冲には特別性はない言うか、お考えで……私は時間や年月の受け止め自体、感性に特色を感じます。
.
 前回、書いたように鶏はスーパーリアリズムの概念に合致します。だが鶏以外の題材については符合しない。竹に降った雪などはリアルでなく普通に見える……関羽とか宝珠とか縁起物、誰にでも喜ばれそうな絵も、後年は色々と描いています。
.
 すると絵全体はーパーリアリズムや高機能自閉症の符合はない、ようにも見えます。琳派や狩野派に入門するには年齢的に遅かったのか? 何か不都合があったのか、そういう謎解きいうか理由が必要です。
.
 若冲は結果としては長生きするが、40才を目前に絵師になっている。人生50年なら、急がなければト考えたのか。その画号の意味は老子の言葉から自分で付けたらしい。「本当に満ちている物は空っぽに見えて、その働きは枯れる事が無い」の意味。
.
 物事には見かけではない深い意味がある、いう所でしょうか。孔孟が主流の中では、老荘は亜流になります。人間社会の表面的な規則より、自然に生きる意味を重視した。動植採絵などのネーミングに、そういった哲学性が出ます。人付き合いよりは生死が問題といった考えです。
.
 溶けかかる雪に関しては鶏のようなスーパーリアリズムは断念されたらしい。雪は菊花に降り掛かって僅かに花びらが見える。つまり初雪か、それに近い季節時候です。夜から朝にかけて雪は振り、今は止み昼の光に溶けていくのでしょう。
.
 下手をすれば醜い。なぜなら菊や植物の茎を伝う雪とは、高層から地上まで空気中の汚染物を吸い込んで、ただの泥水です。だが、したたりは泥水とは描かれず、白い雪としても描かれず、中間的な若冲的な象徴として、絵の中に存在します。これは私には不思議に見えます。
.
 微妙な移ろいに時間が過ぎていく。年末年始の大きなイベントではなく、若冲は、その前の秋の終わり冬の始まりに注目します。人で言えば中年から初老に向けての時期がある訳で、例えれば小津安二郎の映画のようなブラッドベリの短編集のような味わいを感じます。
.
 戦国時代はともかく、中年も初老も江戸時代にはありました。それは数年だっと思われ、今のように10数年なんなんと長く伸びた時間ではなかった。今は中年以降を水泳ピラティス、お能やダンスによって体を維持しないといけません。不用意に数年、何もしないでいると恐ろしい状況に陥る。
.
 前回、書いたように朝早くから食べ貯める鶏のように、中高年は金力ならぬ筋力を貯めなければならない。昔は知らず今は鶏は空を飛ぶ訳ではない。なぜ勤勉に食べ続けるのか? 雪の寒い朝ぐらい、少し遅くまで寝ていてもいいじゃないですか、ねえ。
.
 人に飼われ飛ばなくなった今、鶏の一生はいったい何を意味するのか? 解け溶けかかる雪は何を意味するか? 100年後ではなく1000年後と若冲は言いましたから、私の出番ではないのでしょうか。若冲の絵は解けない謎のように存在しますなあ。

.
●同美術展は10月24日に後期に入ります。11月12日まで熊本県立美術館本館2Fでの公開となります。まだ行かれてない方はお急ぎ下さい。

●なお次回、元気塾は。

◆日 時 平成29年11月22日(水) 18時~20時
◆場 所 熊本市流通情報会館5F 第1研修室
◆内 容 『パルスパワー技術を駆使した
        イノベーション創出と日本の産業復活』
◆講 師 熊本大学パルスパワー科学研究所前所長
       名誉教授 秋山 秀典 氏

〒862-0967 
熊本県熊本市南区流通団地1丁目24番
熊本市流通情報会館
TEL 096-377-2091
FAX 096-377-2096

2017年10月17日 (火)

若冲の鶏

Niwatori

 伊藤若冲の絵の謎を解くべく、県立美術館に向かいます。「私の絵は1000年後に理解される」との言葉を残した。天才絵師は極彩色と精密な筆致で鶏(オナガドリ)などを描き「神の手を持つ男」と呼ばれています。
.
 今日の天気予報は雨、それでも曇空はわずかに青い部分も見え……どこにも寄らずに急げば振られずに帰れそう。パンフレットで見る若冲は、ニワトリが好きで庭に数十羽放し飼いにしていたという。
.
 なぜ鶏が好きか? 本当は孔雀を飼いたかったが当時は無理、では、なぜ孔雀か? 孔雀は鳳凰のモデルで……生きた鳳凰を無理にも見るには、鶏を飼うしか手段がなかった……もっと理由はなかったか?
.
 そこまでは現物の絵を見なくとも分ります。絵を誰かが描いた絵に学ぶのではなく、極彩色と精密の現実から学びたかった。誰かがすでに概念化した概念は、本当とは限らない。若冲はリアリストだった事を示します。
.
 似たような話ならあって、レオナルド・ダ・ビンチは最初から師匠より上手かった。師匠の絵をなぞって上手くなったのでなく、観察力、写実力が師匠よりあった。現実を師匠としていた事を意味します。
.
 レオナルドはアスペルガー症候群だったといわれる。高機能自閉症と訳される。現代と違う限られた絵具、墨はワンタッチで一気に書かれている……若冲の絵は修練の技も見られる。ついレオナルドと比較したくなる。
.
 そうか、自然や現実から学べば誰でも天才になれるのか? そうは行きません。鶏の動きは早く目に止まらない。虫を見つけると首を縮めて寄り、次の瞬間にはバネ仕掛けのように早く首を伸ばし食べていて……のみ込む仕草が見えるばかり。とても絵になんて出来ない。
.
 むろん虫を狙ってない、動作の準備もしない時の、止まった絵は描けますが、それを描いても生気を封じ込めた事にならない。動かないポーズではなく、前のポーズから次の動きまでを一瞬の後を見せる。連続させ重ね合わせた、絵がまるで動画と動いて見える。
.
 ニワトリも含めて鳥は象徴として、歩くより走るよりも熱量、カロリーを必要とする。つまり飛ぶという行為は絶え間なく勤勉に、一生懸命に食べなければならない。空想の鳥、むろん鳳凰と違うとしても、牛と違い、犬や猫とも根本から違う。
.
 若冲は贅沢や音曲、女性にも関心がなかったトされる。家系は代々、青物問屋をし、裕福だったが、それを早くに弟に譲った。青物商いと鳥の暮らしは重なる……鶏や、花の上で溶けかかる雪の画題は、これを象徴して見える。
.
 家督の問題があって父はレオナルドを引き取ろうとした。だがレオナルドはすでに成長しており後継者として適性に欠けた。父はレオナルドを後継とすることを断念した……といわれる。あいまいなエピソードとエピソードを重ね合わせても仕方がないが……
.
 家督を弟にゆずった若冲のエピソードは、そう解釈すればだがレオナルドの父の心情と重なる。出来るとするは必ずしも重ならず、出来てもしないことは誰にでもある。私がいうのでなく若冲の敬愛した老子のいう事です。
.
 空が怪しい。天気予報は雨です。ある種の共感を込めて若冲が鶏を描いている。それを発見した事を収穫として今日は帰ろう。若冲のもう一つの執着、溶けかかった雪の解明は次回とします。

2017年10月 8日 (日)

倫敦塔~ジェーン・グレイの処刑

Photo_2

 ロンドン塔は古い城塞だったが、政治犯を幽閉する監獄、処刑場として使われた。禍々しくも今なお幽霊が出る。つまり熊本城とは違う。漱石がロンドンに行ったのは1900年、明治でいうと33年、33才のこと子供も生まれた後のことです。
.
 漱石が亡くなるのは49才、言うまでもなく今の一生から考えると、ずいぶん短い。「倫敦塔」を書いたのは直後ではなく5年後、38才、東大講師時代に書かれます。「倫敦塔」が先で同じ頃に「猫」を連載、あいだには「坊ちゃん」も書きます。
.
 それで気になるのは漱石が倫敦塔に行った。そこでこの絵「レディ・ジェーン・グレイの処刑」を見たという内容を……文章にした動機です。同じ頃に書いたのなら猫も同じ動機と思われますが……5年後に何でこんな話を書いたんでしょうか?
.
 懐かしい思い出、楽しい思い出いうなら分かりますが、こりゃあハーンか、泉鏡花です。 鏡花はあれが趣味ですが、漱石は違う。絵を思い出し取り上げた動機がある。そう話を立てましょう。絵の説明いうか、漱石が文章で再現を試みた所を下に引用します。(青空文庫からの引用、よみがなが混じる)

「猫」とは違う文体で、どこを違えて分けたのか……ただジェーン・グレイのように禍々しく写されているのは、ある意味で猫も同じです。誰にも受け入れられなければ死、「猫」は冒頭で書生に食われると読者にうったえています。
.
「倫敦塔」では塔に入る前に子連れのジェーン・グレイに似た女性を見かけたという。親子は鴉の話をしていた。本当だか幻影だか作ったのだか、それは知りませんがね。そういう意味では似ている。いえ漱石は間を置かず、2つの作品でほぼ同じことをアピールしてます。
.
 「倫敦塔」は当時としては常識的な漢文書き下し体というか、この3年後「草枕」でも使われる。猫の方を発展させた文体は「坊ちゃん」で、猫の文体は落語です。漱石は小さんの落語が好きで原稿用紙の上で、小さんのマネをした。
.
 だからユーモラスなんです。倫敦塔のような漢文体で何本も書いていたら、自分の息が詰まる。東京大学講師で食えるようには成ったものの、学生の評判は悪く教授たちへの評判も悪く、漱石は陰鬱でした。教授になれない講師で終わる可能性があった。
.
 漱石の持病は今で言う、躁鬱か統合失調かは知りません。予定より早くに帰国した。後の修善寺の大患とか「行人」執筆中の行き詰まりとか、精神病を抱えていて……実は漱石は発病発作寸前だったト、私は思います。そうでもなければこんな陰鬱な文章は書きません。
.
 むろん評判になったのは猫で、しかし評価が高かったのは草枕です。草枕を見て朝日新聞は雇いに来ます。だから東大を辞める、辞められたのです。用心して編集長ではなく社長と約束を交わす……それは先のこと漱石自身は、文明開化落語体とも言うべき文体で、自分の鬱を笑い飛ばしたかった。
.
 新聞一作目に「草枕」のようなと注文があったかも知れません。そして「虞美人草」は漢文調です。何しろいまだに「草枕」を褒める人があります。坊ちゃんはダメだ、言う人がダメと私は思う。猫や坊ちゃんで開発された文体は「三四郎」に統合されて行きます。
.
〇倫敦塔より 「 女は白き手巾ハンケチで目隠しをして両の手で首を載のせる台を探すような風情ふぜいに見える。首を載せる台は日本の薪割台まきわりだいぐらいの大きさで前に鉄の環かんが着いている。台の前部ぜんぶに藁わらが散らしてあるのは流れる血を防ぐ要慎ようじんと見えた。背後の壁にもたれて二三人の女が泣き崩くずれている、侍女ででもあろうか。白い毛裏を折り返した法衣ほうえを裾長く引く坊さんが、うつ向いて女の手を台の方角へ導いてやる。女は雪のごとく白い服を着けて、肩にあまる金色こんじきの髪を時々雲のように揺ゆらす。ふとその顔を見ると驚いた。眼こそ見えね、眉まゆの形、細き面おもて、なよやかなる頸くびの辺あたりに至いたるまで、先刻さっき見た女そのままである。思わず馳かけ寄ろうとしたが足が縮ちぢんで一歩も前へ出る事が出来ぬ。女はようやく首斬り台を探さぐり当てて両の手をかける。唇がむずむずと動く。最前さいぜん男の子にダッドレーの紋章を説明した時と寸分すんぶん違たがわぬ。やがて首を少し傾けて「わが夫おっとギルドフォード・ダッドレーはすでに神の国に行ってか」と聞く。肩を揺ゆり越した一握ひとにぎりの髪が軽かろくうねりを打つ。坊さんは「知り申さぬ」と答えて「まだ真まことの道に入りたもう心はなきか」と問う。女屹きっとして「まこととは吾と吾夫おっとの信ずる道をこそ言え。御身達の道は迷いの道、誤りの道よ」と返す。坊さんは何にも言わずにいる。女はやや落ちついた調子で「吾夫が先なら追いつこう、後あとならば誘さそうて行こう。正しき神の国に、正しき道を踏んで行こう」と云い終って落つるがごとく首を台の上に投げかける。眼の凹くぼんだ、煤色すすいろの、背の低い首斬り役が重た気げに斧をエイと取り直す。余の洋袴ズボンの膝に二三点の血が迸ほとばしると思ったら、すべての光景が忽然こつぜんと消え失うせた。」


〇作家でドイツ文学者、中野京子氏が2007年に出版した美術書「怖い絵」シリーズで紹介した。ドラローシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』(1833年)が10月7日から上野の森美術館『怖い絵』展に来てます。ロンドンまで行かなくても絵が見られます。解説は中野さんが書かれたか、吉田羊さんが読まれたそうな。

2017年6月10日 (土)

絵画の兆候

Photo

 駅の構内、入って来る列車。俯いてスマホに見入る女子高生……ありふれた光景をスーパーリアに捕らえたアニメ。新海誠さんに影響された画面です。
.
 だが見る人は見る事で生き方を限定される。描く人は描く事で可能性を剥ぎ取られる。見えないだけにしても、この画面には、この子の他に誰もいない。そんなはずはなかろう。この構内にも知らない人はひしめく。
.
 子供一人いない駅構内、女子高生が探しているのは、皮肉なことにスマホの向こうの人です。むろん特定の人、恋愛の対象のずばり本人か……との関係性のカギを握る人か?
.
 画面にはカバンとか、部活の道具とかも省略される。山や海や風景、飛ぶ鳥もいない……これだけ電車を詳しく描いた割に、女子高生自身の表情まで隠れ見える。つまり描かないことで見ない。可能性も消える。
.
 この作者ほどではない。私も中学のころ美術が得意だった。練習しなくとも高得点が取れた。担当教師の採点が見とれたように止まって、デッサンにA採点をした。
.
 友人も数人、デッサンに見とれる。その中に女子がひとり入る。
「草とか木とか自然のものが上手いの。ビルとか階段とかはそうでもない」驚いたことに、女子はそう分析した。
.
――言うねえ、そしたら自分の絵も見せる?
「やだ」女子は逃げるように立ち去る。
改めて私は自分のデッサンを見た。言えてる気がした。今思えばかすかなアスペルガーの兆候だったか……私、今の私には認知症の兆候すら感じられる。

2017年3月29日 (水)

車中泊から

Syatyu

 震災以後、クルマは宿泊の場として見直された。緊急時、何かあった時、臨時の泊場と意識されると、平常には更なる注目された。震災と関係なく安上がりな娯楽と意識される。

.

 2方向があった。いざという時、近くの公園や林でのキャンプを実行するには……一度はキャンプ場に行ってみなければ実用にならない。スムースに火が起こせ、飯が炊けないと話にならない。そういった意識がある。

.

 もう一つの方向は道の駅などに車中泊する。宿を取らなければ物見遊山も安く上がり、もっと気楽も出来る。狭い軽車であっても最新の道具を使えば、それなりの事は出来る。百均の店頭で、ふと気がついた人がいた。

.

 マキを数本拾えば湯が沸かせる。そんなストーブが作れる事を、ご存じだろうか。ロケットストーブとかエコストーブと言われる。買うのでなく手作りで作るストーブが話題になっている。エコで効率がいいとされる形式で、ガスを使うのとでは良い対照になる。

.

 カセットのガスコンロは2600円からある。これ一台でコーヒーはむろん麺類もカレーパックも温まる。何なら米から飯を炊いてもいい。ただし車中泊でスーパー、コンビニに寄って半額処分を狙う方に人気がある。

.

 車中泊とは、夕暮れに夕日を見ながら酒を飲む。後は読書とかゆったりする。ノートパソコンを持って行って映画を観るのが一般ですね。寝袋から計算すると何なのだが、一回あたりの費用が千円しない場合もありうる。つまり旅館施設を使った時の費用は十分の一か?

.

 この2つの方向の間にキャンピングカーがあり、軽車の改造がある。そこまでいうと大袈裟かもしれないが、別荘を買うような意味付けでクルマが選ばれる。努力で別荘が買える時代は終わった。生きる意味を謳歌するに、それほど高価な沢山の物もいらない。

.

 私も昔、少しだけやったことがある。屋根の空く車に乗っていて、望遠鏡を積んで星を見に行く気だった。中古の望遠鏡が五千円からあった。望遠鏡を買う前に裸眼でも見える、ほうき星を観に行く計画を立てた。

.

 男の友人に話すと、どういう訳か女性の友人から「連れて行け」と電話がかかった。下見もしてないが多分トイレに困ると思った。

「バケツとナイロン袋でもいいのかい」聞いたら話はオジャンになった。

.

 こういう事は女性に出来ない訳ではないが、それなりのリスクがある。男でも人によっては向かない。その夜、田んぼの脇の小道でクルマの天井を広げて、ひとり私はほうき星を探したが、見つからない。つまり体験不足だった。

.

 この話にはオチがついた。部屋に帰って窓を開けた時、視界ギリギリに奇妙な星が見えた。まさか! 気になって磁石で方向を探ると、それが問題のほうき星らしい。カメラを窓枠に押し付けながらタイマーでシャッターを切った。

.

 電話をかけてきた女性とは違う女性に、私は取った写真を見せた。いや見せる気はなく見られてしまった。

「ああっ」際どい声がもれた。

「構図が悪いんですよねえ。何だか分かりますか?」そう聞いた。

「分かりますよ、撮ったんだあ」彼女は暫し写真に見とれた。

.

 それなり私は中古望遠鏡を買わなかった。知らない道にクルマまで止め、泊まるのはバカバカしい気もした。焼きたてパンとパック牛乳なら、別に温めなくとも食べられる。コーヒーだって自販機がある。股関節に悪いというので酒は飲まない。

2016年10月25日 (火)

ディラン

Goho

 ディランさんはハリケーンの入ったLPを洋盤で買った覚えがある。ほとんどの曲にバイオリン伴奏の入ったヤツです。おかげで歌詞はさっぱり判らなかった。地震でどこかへ行って見つからない。

.

 ノーベル文学賞に米歌手のボブ・ディラン氏が選ばれ、氏が素直に受け取るかに注目が行きます。これまでの受賞は小説家や劇作家、詩人に限られたが、スウェーデン・アカデミー側が文学の概念を拡大した。

.

「歌手というより、歌詞ではないですか? なぜ違和感があるのか違和感」との賛成意見もむろんあるが、日本から上がる声の圧倒的多数は、
「村上春樹はなぜ賞を取れないか?」です。(画像は幻、誤報から)

.

 立場にはないが書いてしまおう。同賞は革新的の成果を認める事が多い。ディラン氏の受賞はまさにそうで、大江健三郎さんの著作内容もそうなら、川端康成さんは手法が特にそうです。

.

 しかし村上さんには悪いがジュニア小説いうか、青少年向けであって大人向けでない。当然ながら革新的ともいえず、その意味で残念ながら今後も受賞はないト思われます。

.

 さてディラン氏は賞を受け取るでしょうか? それとも無視か……いい声でも楽しいメロディでもない、私としてはディランのハリケーンをもう一度、聞きましょう。

2016年9月24日 (土)

共喰い 映画

Tomogui 父にしろ母にしろ、親に違和感を持つのは当たり前と精神科医樺沢紫苑さんはyoutubeでそういう。これ位では裏にもならないが、文字通り近親嫌悪、同族嫌悪との言葉もある。

.

 父親(円)が後妻の(琴子)とヤッている。足音を忍ばせて息子17才(遠馬)はのぞく。こうなると近親嫌悪いうよりエディプスコンプレックスか? 映画は露骨な素材を選んだものです。(R15指定)
.

 生まれた町にいると、近所の人に親に似ているト指摘される。「あなた、お父さんに似て来られた」どの辺りがどう似たか聞こうとするが、それ以上ははっきりしない。息子遠馬は、父親円に似ているのだ。
.

 私の場合は何となくとの指摘です。よく父の趣味と息子の趣味が同じになるが、たとえば楽器やカメラ、その他の楽譜や教則本が、家にそのままあり、見よう見まねで使えるからです。
.

 この映画ではセックスの最中に、父は女性の顔をなぐる趣味がある。尻を平手で打ついう趣味は他でもあった。これは目の周りにアザが残るなど、DVめいて穏やかではない。
.

 遠馬の実の母(仁子)は、それで離婚したと主張している。遠馬には2才年上の恋人(千種)がいる。自分も千種に、父のようにサディズムを行うのではないか。そんな不安に駆られる。
.

 秀逸な比喩があって、仁子は遠馬に酒やタバコを勧める。未成年なのに遠馬の方がそういうが……遠馬は仁子家のそばのドブ川で、自分では食わないウナギを釣る。そのウナギを円が食べてしまう。
.

 私hataの親父はカメラが好きで、楽器が不得意だった。私は若いころギターに関心を持った。その頃は誰もがギターに関心を持った。中古のギタ-が手頃な時代で……私もやがて余興で弾ける位にはなった。しかしカメラのように上手くは行かなかった。
.

 そういう訳でDNA検査をしなくとも父と私の血縁関係に間違いはない。性的な指向についは判らない。ただ三島由紀夫の趣味はなかったようだが、それは私の趣味にもない、それ以上は最早、聞きようがない。
.
 自己とは何か、のっぴきならない問いかけや、強い他者関係がないからか? つまり私の年齢だと死ぬ方に近く、今さら恋愛の緊張関係もない……まるっきり判らない。
.
 青山真治監督か原作の田中慎弥さんは、サディズムに同好があるのか? 映画を観る限りで、女性を仁子と琴子に分け、さらに琴子と千草にも分けるが、必然が薄い気がする。
.
 遠馬の欲望はストレートには琴子に向うかに見えるが、遠馬は千草を担保する。その他にもアパートの女が設定されるなど、物語は婉曲に進んで行く。この3人は一目では区別がつかない。
.
 だが直接には遠馬は仁子とヤリたい。それを仁子が察知しての酒タバコと思われる。という事は両者は遠回しに誘い合う。千草がもっと美人だとよかった、との感想には吹き出しそうになる。

.
 つまり性は支配衝動だろう。谷崎潤一郎さんには明瞭に趣味があって、昔は流行った。団鬼六さんや谷ナオミさんからの間接影響なら私も受けた。それはどこまでが谷崎だったのか? それ以上は判らない。
.
 小説「共喰い」で衝撃的なクライマックスがあり、映画ではさらなる結末をつけた。今回もネタはバラさないが、映画は大島渚監督の「儀式」のテーマと共通する。
●儀式 https://www.youtube.com/watch?v=-VERrnsEWqc

●付き合いづらい親との接し方【精神科医・樺沢紫苑】 https://www.youtube.com/watch?v=pvxrG-UkZog&feature=youtu.be&list=PL1gV4_eisFl9R_Leoi5i82PXGlkEQJsL7#t=40.852375

2016年3月14日 (月)

燃えつきた地図 映画

Moe

「燃えつきた地図」は「砂の女」等と表裏をなす、疎外感をテーマとする安部公房の連作です。他人に関心を持てば際限なくまとわりつかれ、持たなければ孤立のハメになる。

.

 失踪人を追えば暴力沙汰に巻き込まれ、その夫人と抜き差しならぬ関係に追い込まれる。追われる関係を調節し自己を保つ……ハードボイルドに似せた物語の、書き出しとエンディングは巧妙に重ね合わされる。

.

  自殺をしたいほどの孤独感も、隣り合わせた人の性癖を見たとたん、ささやかな連帯に変わる。絶望の深さは希望の高さに、名前の無い猫の死体さえ、小さな意欲につながる。

.

 私は若い頃、コウボリアンだった。この映画のポスターにも記憶がある。見たかったけど行けなかった。ポスター右下にある市原さんが勝さんの傷をナメまわすカット……玉緒さんとどっちだろう思った。

.

 60年を超えて見たかった映画を観るのは不思議です。死ぬ前に観るという走馬灯に近い感覚があって、楽しいうれしいを超える。いわば非現実を感じる。

.

 アスペルガー症で身障者だった私にはズバリのテーマだった。もっとも砂の女の方が判り易く、五木寛之さんの方が更に分かり良い。ただ五木トラウマに、私はすぐ食い足りなくなって行く。

.

「なるほど」とか「そうですね」という相槌の打ち方が出てくる。会話の仕方は本作、今も面白い。ハミ出し者も性でつながるという話は、谷崎や川端と変わらない。そういえば箱男は性をどう処理していたか?

.

「他人の顔」では脇で出てきたが市原悦子さんが「地図」メインになる。「顔」のメインは京マチ子さん、安部さん現実での好みは山口果林さんだった。ただこれは原作でも市原さんに近い丸顔の設定だった。

.

 暴力でも性でもない、生きる意味の根底にあるものを前衛映画は捉え得たか? お伽噺のように静かな水際でお爺さんが少女に話しかける訳には行かなかったか? しきりとそんな感じがする。

●予告燃えつきた地図 https://www.youtube.com/watch?v=MgtpKS8OtoU

●本編燃えつきた地図 https://www.youtube.com/watch?v=VkScoBmwq9s