出産・子育て Feed

2016年4月 3日 (日)

お薬手帳

Okusuri

 お薬手帳はお持ちでしょうか? 病院と薬局、医師と薬剤師で見解が分かれるいう事は、まずない。あっても数年に1度とか、あるかないか? 

.

 私の場合はロキソニンを整形外科から痛み止めとして、内科からは夜間の尿起き止めとして、2つの目的で別々に使いました。整形薬局で「これは?」お薬手帳の履歴説明を求められます。

「それは夜間の尿起き対策としてのロキソニンで、痛み止めとしての利用では…」

.

 痛み止めとしてロキソニンをあまりに使うと、腸閉塞の副作用が出る。副作用は最近、言われる。便秘による腹痛、あるいは吐気です。薬剤師は説明を理解します。この副作用は4年で5例ほど、あまり神経質になるには及ばないが、可能性はゼロではない。副作用のない薬も、ない。

.

 薬局の薬剤師としてはそういう独自性、医師と違う立場で患者をチェックを強調したい。それに伴う管理指導料も出てくる。だが医療費を圧縮したい政府は、そういう管理指導料をも抑えたい。そして患者としては管理指導にもしものメリットを感じるか、少額だが無用の出費と感じるか。

.

 お薬手帳をどう考えますか? あなたは持ちたい派、持ちたくない派、めんどう派、役立てたい派……今月から改正、病院に行く前に、ちょっと考えて下さい。

2016年3月12日 (土)

日本死ね!

Nakuko

 都合の悪い質問は無視する。過去に都合の悪い質問をした人からは2度と質問を受けない。それも方法ではあるが、時間が長くなるとQ&Aの内容は細ります。

.

 Q&Aによる解明、新たな気付きは失われ、活気がなくなる。マニエリスムを略しマンネリという。もっと言うと、つまらないダメ。ダメの行き過ぎにある。

.

 勢いに乗せてバッと一言、七五調に言い切る。例えば「保育園落ちた!日本死ね」なんて名言です。多くの女性の共感をえ、今年の流行語大賞として最有力です。

.

 女性として品がないとか……ア、女性が女言葉を使う時代はとっくに終わってます。男女同権、言葉で性別を見ようなんて軽い差別かな。抵抗がありますか?

.

 抵抗はいいけど同時に、あなた、もう時代に合わないと自覚して下さい。異見反論を封じても、同調圧力に屈する人ばかりではない事を、覚悟して欲しい。

.

 死ねという言い方も、旧来の意味付けとしては汚い、キレイでない言い方です。でもキレイは汚いに通じる。手洗いも「お手洗い」の意味になる。日本語や日本の意味も、いつまで美しいか?

.

 中学生や高校生が「アベ死ね」いうたら恐喝になりますが、個人ではない日本に「死ね」いうても脅迫罪にはならない。論点ずれますが私は若く見えます。

.

 特に40才くらいの頃に30才くらいの男に「hata君hata君」いわれてました。悪気はないがナメてるんじゃないか? 君付けの呼び方に抗議しました。

しばらくして女生徒が「hataさん、hata君って呼んじゃダメかなあ」  私はロリっ気のない男で、深い溜息をつきました。

.

 日本ってすでに、あなたの思ってるほど美しくない。高齢者には慇懃無礼だし、不安を表明してるのに「安心して」と工夫もない返答をする。厚顔無恥なんて意味が通るか? 

.

 この言葉は元は中国語で、必ずしも日本語といえない。ひらがなカタカナどちらも漢字を崩して作った字です。石や木彫りならともかく、墨も紙も日本で発明したものではない。

.

「保育園落ちた!日本死ね」なんて価値観を裏返した、鮮やかな言い回しです。疑問に思うなら自分で調べるべき、理解が出来たら見習うべき、安易に疑問を投げかけるものではない。

.

 少なくとも反対につながりそうなQ&Aは無視する、ケツの穴の小さい奴が偉そうな顔する国なのです。違いますか?

.

●「保育園落ちた!日本死ね」は現実を揺さぶり動かしそう。まだ分かりませんが、応援として遅かったことをお詫びします。

●長谷川豊コメント http://bizex.goo.ne.jp/column/ip_14/72/8611/

2016年2月 1日 (月)

デザイナーベイビー ドラマ

Deza_2

 デザイナーベイビーはクローンとは違う。クローンベイビーより実現可能な、すでに一部行われている医療技術をデザイナーベイビーという。

.

 ドラマ「わたしを離さないで」はどうやらクローンを話のタネにしたらしいが、「デザイナーベイビー」は岡井崇(医師)の原作。NHKドラマ10で黒木メイサの初刑事役ということで話題になった。(ただ原作にはない役)

.

 サスペンスの面白さ、病院と患者、警察の上層部と警官の一人ひとり、思いと行動の食い違いを焙りだすという意味では1話が圧倒的な迫力で、完成度も高かった。以降、話はモッタリする。

.

 だが問題意識は2話以後にあった。ほとんどの登場人物が中年から老年に入っていて、自分の人生をどう結論づけるか。のっぴきならない決済を要求される。好いた惚れた止まりの「わたしを離さないで」とは格が違った。

.

 母が、いや男も自分の子供に寄せる思いはキリがない。背が高くて美しい。性格も良く頭もよく、ガンや悪い遺伝子も持たない……そんな赤ちゃんが欲しい。それは幻想、有り得ない事ではないか? 現実にない人間を作りたい。今、医療は幻想に向って出産医療を進行させている。

.

 長所ばかりの短所のない子であれば、本人はもとより親も幸福ではないか? 親バカちゃんりん。そういう事もないのだが、私が言っても説得力がない……いや誰が言っても説得力がないので困る。

.

 ガン遺伝子は不幸の元にしかならないのか、ならないのではないか? 一点だけクリアーにしても、まだ問題は残る。観念でいえば神の領域に踏み込んだ者は、後々までも神の答えを要求される。

.

 例えばお兄ちゃんを助けるために作られた弟君は、自分のためには、もう生きられないのか。人権は兄にも弟にも平等ではないのか? また例えば、そんな金の掛かる医学を支えるのは金持ち自身か、それとも貧乏人も巻き込むか? 両者にとって平等とは何か。

.

 こういった論議は、英国等では政治の場で行われた。そして許される事と許されない事が決議された。議決された事しか英国等では行われていない。だが国外で、禁止されてない国で研究は進んでいる。日本国内で試験管ベビーは作れないが、米国に行けば可能……それと同じ様相になる。

.

 事実上、医学の進歩というか、科学の発展は止められない。身障者は不幸だろうか。幸福にはなれないのか? すでに健常者たちは不幸と判断し、そのような方向で医学を進めようとする。つまり遺伝的な身体障害は出産医療で、すでに排除できるのだが、日本では何の論議もないまま……進行していく。

2016年1月29日 (金)

ベビーカー

Bebicar

 車椅子身障者がバスや電車に乗ると、時間を取り空間も取る。乗り合わせた人、健常者にとっては迷惑なことになる。先進国米国でさえ、それは言われた……だが日本では迷惑論、指摘はそれほどなかった。


.
 ところが妊婦が、乳母車ベビーカーをバスに持ち込むとそうはいかない。迷惑論は声高に響く。ラッシュアワー時に何の用があってバスに乗るのか? もっと空いた時間ならともかくケシカラン。

.
 車椅子一人がはいる空間に何人健常者が立てるか? 3人か4人か? そういう声は米国では出たものだ。ベビーカー迷惑という日本の声は、これとは質が違う。

.
 声の主は男より女性、特に同行動が思うに任せなかった、前世代の女性から上がる。私が出来なかった事をスイスイ行い涼しい顔をされるのでは腹が立つ、気に食わない。つまり嫉妬がからむ。

.
 だから便、不便、迷惑論には主体がない。私も苦労したんだから若い人にも同じ苦労をして欲しい……ノダそうです。不便よりも嫉妬が先に立っている。男にもありますな。オレが出来ないことをなぜアイツがやる、これは肥後の引き倒しという現象です。

.
 出来ない人の心にも、本当はしたい気持ちが渦巻いていて、一杯いっぱいで自分は出来ない。誰かやって見せて、自分に指導して欲しい気持ちがある。だが実際に他人にやられると、自分にも教えてくれと頭を下げられない。ヤツより自分は劣ると思いたくないから……

.
 たった5年、10年過ぎただけなのに現代は変わります。深い所ではともかく表面では男女同権は行き渡り、ベビーカーを押せば知らない男がチヤホヤするようにすら見える。狭く暗い惨めさ、その悪い循環は自分だけに染みこんで、そう思える。

.
 今から赤ちゃんを産む訳にも行かない人もあろうが、今時の独身のような自立なら、既婚でも高齢でも出来ないわけではない。嫉妬感情をほどほどに、今から何かを始める。ヒガんでは何も生み出せない。それより一歩を踏み出すほうがいい。

.
 熊本は保守的で、すぐに嫉妬心を表出てる傾向にある。比較して鹿児島は先進性を「薩摩の芋づる」いきがかりより未来への一歩に重点をかける。引き倒したい気持ちは熊本だけではなく、芋づるも鹿児島だけにあるのではない。全国に似た心、気持ちはある。だが意思をもって一歩に重点をかける。

.
 トなれば状況を変えるのは簡単。自分もそうしたい。それって何処で買ったの? 使い方はどこで教えるのか? そう聞けばいいだけ。よくない連鎖は止まり、したい事が始まるだけ……ではありませんか?

.
●私の参考記事 肥後の引き倒し 2011・12・19
●画像はフードに耳の付いたベビーカー。ミッキーマウスを連想する。たとえば、お母さんになっても独身時代が全て終った訳ではないト、自分を納得させる生き方は、若いお母さんの自由です。しかしお祖母ちゃんたちは正にそこに嫉妬、反発する。

2014年6月21日 (土)

児童虐待

Henzeru

 よくある意見だが、男性がこう言う。 「奥さんには働いてほしい。だって専業主婦の子はかわいそう。社会を知らない母親に育てられるんだよ」 (ネットにある意見から)

.

 また専業主婦が言う。「共働きの家の子って、かわいそうだね。まだ小さいのにお母さんは、そばにはいないんだよ」(同) かわいそうな子供をめぐる、すれ違う2つの思いがある。相反すると言ってもいい。

.

この問題は、問われない別の問題も含む。健常の親と身障の親と、子は親を選ぶことは出来ないが、仮に選べるとしたらどんな親がいいのか? そもそも親子はどうある事なのか?

.

むろん働く主婦は自分の子供に、自分をかわいそうと思っては欲しくない。働く自分を、お母さんを誇りに思って欲しい。それは働くお母さんの希望で、子供が思う根拠にはならない。むろん共働き希望のお父さんにも同じ事が言える。これを決めるのは何十年後、大人になった子供自身です。

.

 是枝裕和監督の映画『誰も知らない』では、実際の事件にもとづき、4人兄妹を追います。兄妹の父はそれぞれ違い、母親は新しいお父さんを探すと、結局、失踪してしまう。極端に見えた映画と実際の「巣鴨子供置き去り事件」は、また違う。

.

これとは矛盾するようだが虐待内容というのは、どれも似たような物で、それは最近の事件でも見られる。(厚木市斎藤理玖君白骨化事件)

.

 アレとコレは違うと言えばそれはそうです。だが、くっ付くつもりがなくとも付いてしまうのが男女、作るつもりなくても出来てしまうのが子供……法律的にはともかく、アレとコレは基本的に同じことではないか?

.

理屈をいえば「 子供より親が大事、と思いたい」と言った作家がいた。(ヴィヨンの妻?)かと思うと女中、つまり使用人と同じ墓に入りたがった作家もいた。(坊ちゃん)大人になっても自分は弱い、生まれたばかりの子供より弱い……大きな子供になって女性に甘えたい。

.

一般男性にそういう方があっても不思議はなく、育児能力がない人があって当然だろう。是枝監督の『誰も知らない』に出て来るYOUさんは、『歩いても歩いても』にも出ておられ、料理の不得意な主婦を演じておられる。ここでのお母さんは料理が得意……つまり死んだ兄ほどは、愛されていない。

.

愛されない子供もいる。あるいは愛されても十分に育たない子もいる。これを裏返すと愛されなくても育つ子もいる訳で、学校に行かなくても勉強が出来る子もある。今、書いた文章の後半は『誰も知らない』でYOUさんのセリフになります。

.

つまり『誰も知らない』のYOUさんは、どこか『歩いても歩いても』のYOUさんと、つながって私には感じられる。ある程度したら後は出来ないのが育児なので、お祖母ちゃんや保育園に預け、子供を置いて仕事しないといけない。それが現代というか。

.

昔むかし、木こりの夫婦がありました。夫婦は貧しく二人の子供に食わせる物がなく、ある夜、夫婦は相談して子供を森の奥に捨てることにしました。

.

●厚木の男児白骨遺体事件 http://mainichi.jp/select/news/20140620k0000m040171000c.html

2013年2月 2日 (土)

うらみ

Gokuri 多数意見と少数意見がある時、どちらが正しいか……どちらに正しさの可能性があるか? むろん検討の後に結論が出る。結果を見なければいけない……それは言うまでもないが、だが結論の前に、私たちは多数意見に心揺さぶられています。

 

 

 

FM東京の番組スタッフが気になる事を書いています……いえね。きっかけはフォロワー(支持者)が乙武洋匡さんにこう聞いた。以下引用。

 

 

 

 フォロワー「ひとつ聞きたいんだけど、今まで親を恨んだことある?一度もない?」

  乙武さん「一度もない。感謝しかない」

  フォロワー「それには疑問だ・・・次第に感謝が増えていって、ネガティブな記憶を洗い流したのではないだろうか、一度も親を恨んだことがないなど、私から見ると、むしろ不自然だ」

  乙武「育ってきた過程が幸せに満ちていたかの違いでしょ」「そう、幸せで満たしてくれたのは両親。だから、感謝しかない」

  フォロワー「親を一度も恨んだ事はないって言うけど少なくとも自分の体を恨んだことはありました? 中高生の時なら一度はあったはず」

  乙武「一度もないですよ。この『一度はあったはず』という決めつけにこそ、差別が潜んでいる」

 

 

 

なぜかは知りません。フォロワーは身体障害を因果で捕らえようとする。乙武さんの障害の原因は乙武さんにある……自分を恨め。恨んで解決させる気なのか、そして引き合いに出し……でなければ親を恨むのが自然と理屈をいう。

 

 

 

物事は因果で捕らえる物ではない。あるいは因果で捕らえきれない事を理不尽、不条理といいますが……フォロワーは理不尽、不条理の概念はないようです。狭い概念で物事を処理しようと、子の障害は親の因果とでも思うのでしょう。

 

 

 

文面から見るとフォロワーは思春期から、この考えに至ったらしい。フォロワー意見は多くの関心を呼び、多数意見になったらしい……同じあるいは似た事を、私も言われました。細かく言いませんが障害の原因は何にあると思うか?

 

 

 

私の答えは乙武さんとは違うが、質問者の意図、予想とも違っていたらしい。どちらにしろ50年も前のこと、原因をいまさら言っても始まらない……質問者の疑問は「大事なのはこれから」そういう方向に向かいました。

 

 

 

フォロワーの意図は判りません。恨めば不自由が解決するかに言う。恨めば歩けない人が歩けるようになるか、なりませんよ。不自由は解決しません。乙武さんも車椅子に乗り、クルマを運転される。ケータイはどうか、パソコンは使われる……

 

 

 

そういう解決しかない。それでも出来ない事があれば健常者に頼むしかない。それだけの事です。頼んでも健常者が忙しければゴメンと聞いてくれない……そうだとしたら、それも又それだけの事、少なくとも私はそう思う。

 

 

 

余計なことを言えば、健常者は幸福でないのかもしれません。乙武さんの十倍も自由なのに健常なのに、十分の一も幸福ではない。その不幸は誰かを恨んではらせばいいのか……トまあ、そういう風に考えたのかも知れません。

 

 

 

あなたは深く深く恨んでいますか? バスや電車に乗ると、よくタクシーが平行して走ります。クルマに乗った人を恨みますか? 多数意見は、自分は恨まれているか? 誰かを恨めば心は晴れるものか? そういう心配だったのかも。

 

 

 

●梶芽衣子:恨み節 

 http://www.youtube.com/watch?v=bx3tj_AhXBo

2012年1月11日 (水)

義理の親子

Nekousa2「2年前に再婚した夫と、11歳になる息子は、義理の親子になりますが、育児では、義理の関係はタブー視されているようで、育児書などには、義理の親子に記述がありません。」

 

「参考になる本や映画などがありましたら、教えていただけませんか。息子は夫をパパと呼び、結構うまくいっているようですが、やっぱり、ちょっと遠慮があります。」

 

「それをなくすのは簡単にはいかないでしょうし、逆に、義理の親だから良かった、ということもあるのでは。義理だけど、うまく付き合っているという体験談も知りたく存じます。」

 

私ではない……某所で、とある相談があります。ネット検索してみると確かに、義理の親子の記載は少ない。不謹慎ながら、これは大変に面白い相談と思い、ほとんど感心する。質問が、ある意味での答えになっています。

 

障害児を抱えた健常親は、よく似た悩みを持つ。それは……どう育てていいか判らないト言う、わが子とはいえ障害に実感がないからお悩みになります。義理の親子にも、障害児にも悩みはいくつかあるト思うのです。

 

どちらも体験自体、珍しい事に属しスタンダードがない。逆に言えばそういう例を挙げると、現にある普通は、スタンダードの方が根拠を失くしてしまう。

 

健常という常識と障害という現実は、交流を遮断し、両者を断絶してしまう。だから適用方法はあるといえばあるし、ないといえばないのです。

 

具体例に挙げます。漱石は幼児の頃に養子に出され、養母父に育てられます。そして成人の後、夢十夜というお話を書くのですが一夜目に出る美しい女は実母と思われる。

 

3夜目に出て来るのは子を捨てる父です。養父なのか実父なのか? 両方合わせて2で割ったような父的なもん、でしょう。更にいえば父と母も両方足して2で割って、親というモンでしょう。。「蛇」という短編、晩年の「道草」にも義理の父が出ます。

 

障害児というのは健常親に対し、愛憎二筋を同時に抱くと思われます。継父に対し、なぜもっと自分に似ていてくれなかったかト義理の子は思うでしょう。しかし実の親子でも、似ない親子はいくらもあり、その場合、息子はイラだつのです。

 

実父へのイラだちと義父へのイラだちは違うかと言えば、そんな境目がある訳はない。障害児から父母に、なぜあなたには障害がなかったの? そう聞いてみても仕方がない。息子も娘もイラだちながら、やがて諦め、親という下敷きなしに自分を育てます。

 

漱石に次いで遠藤周作さんも養父母という話です。代表作「深い河」などではキリスト教が表立っていますが、遠藤さんはキリスト教と違うやさしさを湛えておられ、実父母でなかった体験から生まれたと私は思います。

 

読んでいませんが、文字通り本や映画を図書館で探すと下記の通り。

 

僕とエリーの4分休符 生嶋マキ 実業乃日本社 養父、障害息子?

●重力ピエロ 小説原作が映画化、DVDにもなっている。

親父の涙・万屋錦之介 島英津夫 集英社 著者は錦之介さんの義理の息子。

ニュースの女 田淵久美子 フジテレビ出版 ノベライゼーション。母にとっての義理息子。

●世界の民話4 小沢俊夫 ぎょうせい 詳細不明。

2010年10月 8日 (金)

ソッタク出来てますか?

105_0288リビング熊本の1153号が教育、子供の困り事を書いています。

「自分から勉強しない」「約束を守らない」「何を考えているか判らない」「すぐあきらめる」「挨拶しない」「言訳ばかり」「キレる」

結果から書きますと、原因は家庭で雑多なことを教える機会がないからです。受験勉強だけでは子供は育たない、いう事です。いえ私が言うんではなく、そう福本真也さんが答えておられる。

ソッタク塾の塾長、福本さんはソッタクという事を言われる。卵の殻を雛が内から突付くのをソツといい、親鳥が外側から突っつくのを啄というそうです。ソッタク、親子のチームプレイがうまくいかないので、塾がいる。

啐ソッ啄がうまくいかないと雛は卵の中で死にます……そういう事はありませんが、何でもコンビニでばかり買う。電気屋で値引き交渉が出来ない。カレーも作れない……今の若い人は雑事に弱いのです。

それでTVで雑学クイズが流行ります。身障者もCPの人は同じ傾向にあります。同じ身障者でも軽い方の筋ジストロフィーの人は、学校にも行った人があります。

私と付き合いのあった木島クンという筋ジスの人は、大学に行って就職し、すぐ病気が判った。木島クンはジャズとコンサートが大好きで、歳も近い私と、人間の持ち味が似ています。

何でも家が商家という事で、中学生の頃には切手をシートで買ったそうです。切手は集めるのでなく寝かせてから、利が出た時期に市に売る。大人に混じってオークションに出したと言います。

木島クンは中学になると親に小遣いを貰わない、妙な子供になります……何か変と思いました? 木島クンは家庭に事情があって、どうも早くに独立したい傾向が感じられました。

「こんな夜更けにバナナかよ」という本に出てくる鹿野さんも家庭に事情があって、生活保護での自活に生きます。自分の介護を支えると同時に、学生にも人間としての自立を教えます。

木島クンは車椅子で、私と最初に会った時、寄付集めをやっていました。車椅子を押す学生と共に、一軒いっけんの店主に口上を述べ、寄付を募るのですが、店の入口に車椅子が入らないと断念してしまう。

――待っててくれないかなあ。

私はチラシの紙をもらって店の奥に入り、口真似で口上を述べ、寄付をもらって出て来ました。それを介護学生の一人が驚嘆したのです。

――君だって出来るよ。

私が学生にそういうと木島クンは首を横に振り、

「出来んの。何年経っても出来ん……hataさんは初めて10分でやった、お見事です」

先月、熊本市内では中学生の実地研修が行われました。店やジムに可愛い店員さんや臨時職員が並びました。教育が行き詰まりの中で、珍しく楽しそうな中学生を見ました。あれもひとつのソッタクという事でしょうか。

     リビング熊本 http://www.livikuma.com/backnumber/index.php

2010年4月18日 (日)

ちょっと子供のことで

105_00942

読むくすり箱の4月号が届きます。ここは投稿すると毎号、送るようです。ご近所のそうごう薬局で貰ってきて、ご投稿されるといいかも知れません。宣伝というかチクりは、この位にして……

連載の「薬の話Q&A」で面白いことに気がつきます。今号は子供関係の質問が多い。6つの質問中、4つ……5つ目もそうかな? 完全に大人向けの答えは1つしかない。

むろんインフルが流行った関係があって、そういう傾向が出たのでしょうが……薬の服用後、間食は? これは笑えます。食べてばっかりの子なのですね。

体が大きいと大人でいいか? シロップは大人は飲まない……う~ん、後ろから見るとお母さんが娘のように小さい、そういう親子はあります。まあ書面で相談せずに実際の薬局に相談して欲しい。

抗生剤を飲むと必ず下痢をする? こういうのは直接、医師に判断をあおがねばいけません。物事への直面を避ける傾向がありますからねえ。事なかれ主義は危険です。

ちょっと話が外れますが村上龍さんが、誰もが一律に幸福になれる時代は終わった。もう2度とやってこない……対策として自己決定を早めようと言います。子供の就職も早く準備すべきと主張します。

むろん大筋での進路を考えろいう意味です。とにかく大学を通ってからという発想では、村上さんは違うトいう。放送大学でも教授は志しを育てる。育てたいのです。

芽の先を予め摘んでは根を張ったとしても二度と伸びる未来はないかも知れない。生涯学習といっても老人の受皿が欲しいのであって高齢に志はないです。

そういえば将来は競輪選手志願で、今のところ重量挙げに熱中という学生をみかけました。むろんその子の勝手です。ただ思う事とする事の矛盾というのか。

誰にもありますねえ。本当の希望の叶わないのが見える。煮詰まるのが怖い……子が煮詰ったところで親は自分の要望を述べたい。そこで子をリモコンしたい。その方便かも知れません。

そういう教育方針が見え隠れする……昔で言う過保護が進行している。ウチの子は薬も、もっともっと子供に調節したい。私から見ると、そういう風に見えます。

13才の子供本人も「就職は、まだ決められません」と答えます。

決められないのは、親の下心を読んで、子供のふりをしている。正しくは決めようとしない。

13才のモラトリアム。13才の高等遊民……そして13才はたちまち30才になる。何よりも始めに志がない。ダラダラと流れに沿うばかりで自分に成すところがない……言ったように関係ない。私の知った事ではありません。

最後の質問は、野菜嫌いの子供にサプリを飲ませたい(笑)親馬鹿、いや偏食治すのが先なのに、諦めるのが先。親も弱腰を子供に読まれている……私も責任とらずに論調をトーンダウンします。

自分の子供を作らず犬を飼う。いえ私の側にいるのは、私の犬でさえない。ただの隣家の犬、これだけ犬が流行するのにも理由がありそう……などと分析して見せて。

教育は専門ではありません。あとは村上龍さんにでも聞いて下さい。今日は日曜だし私は、つまり相談員も業務放棄です(笑)

2010年4月16日 (金)

私の孤独

0300292

あまり赤ん坊をあやし過ぎてはいけないと、深夜ラジオから精神科の教授がのたもう。教授とは若かりし頃に作詞家や、なんと歌手までも、こなしたというあの、あの何とかいう教授です。

あやされ過ぎた赤ん坊は成人後、誰もあやしてはくれない不安を抱える事になる。早い話が孤独に弱い。その教授はある火山が噴火した時、TVラジオの全放送局いっせいに噴火を放送し、それで手持ち無沙汰で困った。

その教授は噴火ニュースに飽き、違う番組を視聴したくなるが、応じてくれる局はなかったという。浅間の噴火か、桜島の噴火か、はたまた雲仙岳の噴火か。それは言われません。

その時、教授は孤独を感じたそうです。教授は実存的孤独というのですが、私は実存的不安の言い違いのように思います。それは本人が感じた事ですから、他人がとやかくいう事ではありません。

そこは判ってはいるものの……お節介に話を展開すると、孤独、寂しさ、ロンリネスにも浅い深いはあります。住んでる町や故郷の地が、噴火の地震と地割れと考えると心配です。

孤独は……不安とは違う気がする。つまり同じ内容を聞き飽きて退屈した意味でしょう? その状況は判ったとして、それで退屈を不安や孤独と言われても、私としては同情できない。

火山のふもとに何かの理由で逃げ遅れ、そのまま一人、家に立て籠もっている。何やら映画じみるのですが、流れる溶岩と炎に巻かれて立ちつくす。そういう孤立、恐怖に比べると放送番組の単一化は私なら我慢が出来ます。

我慢の出来る不安から、出来ない不安への、グラデーション・リストを作って置いて、あなたはこの辺りで、そちらさんはこの辺り。あなたはまだまだ、そちらさんはもう手を打った方がいい。

私の場合、不安のコントロールが出来ます。我ながら嫌な性格……正しくは性格ではない。極限状況を体験して一度死んだ事のある人は大抵、そういう性格になります。自立です。

赤ん坊が不安に慣れ、成人後、不安に強くなる。それは教授の説であって本当かどうかは知りません。そして私が不安に慣れ不安を知っているというのは、不安の元が消えたというのとは違う。

まして火山の噴火を止め、地震の揺れを押さえ込める訳ではない。ごくごく当り前の事です。でも祈りやまじないで噴火を止めると言う人はいます。それが嘘かほんとか、ここで私は断言しません。

そう私に出来る事といえば、放送を止めビデオをつなぐくらいの事。以前に録った録画の再生、見たことのある映画を、もう一度観るくらいの事……教授は思いつかなかったか?

祈祷師、呪師、心理学教授……実存的孤独の解決、不安の解消……(笑)そんな大げさな。簡単なコントロールです。あなたにだって出来るでしょう。誰だって出来る、ただの自立にすぎません。