日記 Feed

2014年4月27日 (日)

田母神俊雄さん

Tabogami

田母神俊雄さんのまとまったスピーチをラジオで聞きます。田母神さんは昔、TV番組で緊張した話を聞いた。これはyoutubeで聞く演説とも、また違うんです。その頃に比べれば上手くなられニュアンスも良く判った。日本は独立、自立しなければならない。これから20年という見通しを持って……

.

自立はアジアでという意味と同時に世界でもという意味です。私もそう思う、なぜか? 自立をいう若い身障者は多く、少しその意味を聞くと特にお父さんからの自立という。つまりお母さんからはともかくと断りが付く。自立という言葉を使わなければだが、距離を置きたい意味になる。

.

ニュアンスとして判らなくない。だがそれを自立と有体いわない。経済的に少ない給料を使い回して自分を成立させる……そういう感じが出ないからです。田母神さんの主張は軍費を突出させ、その分、福祉を削ると私は思っていた。それはそうでもなかった。

.

安保の原点は、冷戦時代の核競争にありました。日本も対抗上、核保有国となるだろう……それを恐れた米は、非核を条件に安保を結びます。しかし相対的に非力化した、今の米に何が出来るか判りません。で、自立にはそういう意味もある。

.

自立と言うか言わないか別として、なぜ若い身障者は何をしたいのか? これは判りません。具体的には健常の人に部屋に気兼ねなく来て欲しいとか、好きなクルマを買いたいとか言います。中古のスカGとかは、親が許さないらしい。

.

田母神さんは自衛隊といわず軍といいます。隊ではプライドが保てず、日本軍と言ったの方がいいらしい。プライドの維持というのは身障者にも大きな問題です。男子はスポーツカーにあこがれ、近いスタイルのクルマに乗りたがる。私は実はあまり意味がないと思っている。

.

田母神さんが中国船の体当たり映像をyoutubeに流した時の手順を思い出すと、あまりパソコンに強くない事が判る。一応お出来です。私よりと申し上げても良い。一般論として自衛隊の人はあまりパソコンに詳しくない。何か得意芸を持って一般に向けプライドとする訳にいかない……だろうと思う。

.

身障者がそうなのです。アパートを借りてドア一枚で自分の部屋で人とつながれると、説明なく自分が理解される気がする。姿勢よく礼をすれば自分を説明できると教育され、信じてみるが現実そうも行かない。このギャップは同じではないが似ていると思う。

.

田母神さんは正直な人だった。何を論拠に何を考えたのか? 出来るだけ率直に語ろうとした。だがその薄弱も見せてしまった。「私は思う、そう思う私は……」のフレーズが多い。つまり論拠には欠ける。その分に不安が募るのです。

.

若い身障者も不安です。スカGもミッキーマウスの壁紙も、不安解消法に過ぎない。私の軽は交差点で一瞬、普通車を追い越すが、高速ではそうは行かない。私の部屋は本やCDDVDが山になっている。かなりはっきり片付けられない症候群です。そういう自分を越え、自信を持たなければなりません。

.

それで田母神俊雄さんに、私は近親感を抱いてしまう。田母神さんは、ずいぶん迷惑されるだろうが……人の値打ちは何を根拠にモノを考えるかです。モノ語るに十分な、間違いのない論拠なんてない。最初は信じてみるしかない。私の世代には北朝鮮を信じてみた人までいたのだが……

●荒川強啓デイキャッチ http://www.youtube.com/watch?v=_hbfarAbbvQ

続きを読む »

2013年7月 8日 (月)

自分度、日本度

 Bosyu某女性誌の「日本人にぴったりのカレー」というフレーズを見て驚き、思わず笑い出します。まあねえ、インドやバングラデシュでは嫌なのでしょう。しかし自分が自分である根拠が、ほとんど見当たらない。名前も漢字で書くのだから……

 

漢字は中国から輸入します。平仮名、片仮名はその漢字から作られる。残念ながらオリジナルとは言えない……だからかどうか、ミュージシャンはCDには自分をアルファベットで表記する。あれは自分らしさを求めての苦労です。

 

同じく某女性誌、別なページに「マグカップはイニシャル入りで」という見出しが出ている。本文には「いつも使うものにイニシャルがあると自分度が増すと思いませんか?」とあり、やっぱりそうなのです。

 

身障者をしている。健常者のやり方では出来ない事が多い。あれば身障者に習うが、私と同じ障害の障害者はめったにない。それで大半は健常者のやり方をアレンジします。あとは程度問題、そのアレンジで自分が自分流になる。

 

自分度を増したいなど思った事もない。逆に自分度がうっとしい位のもんです。イニシャルを入れた持物に自分を見出すというのは勝手、それも自由ではあるが自分がなさすぎる。とやかく言う気はないが……それでも記事と記事には対応してしまう。

 

雑誌は元々、外人モデルが好きな雑誌で、写真は欧州の風景を、記事内容もドイツ、オランダ例が多かった。それでもいいが日本人と体型が違い過ぎて、そこは疑問に感じる事もあった。今号は外人体型の日本人、とよた真帆さんの出番になります。

 

渡辺真理さんはどうか、いえ体形に文句をいってません。外国取材の多い方です。そういう風に編集方針を変えたように見えます。私は思うだけで投書はしなかったので、意見の反映ではない。むろん変えるのは雑誌の勝手です。

 

これは私の方の勝手と思われたい。カレーはどう考えてもインドやバングラデシュの料理です。だからといって日本で作っていけない事はないので、食いたければ作ればいい。それも勝手です。日本人だから日本らしいカレーを作らねばならないトカ。

 

あるいは自分は日本人だから常に日本人らしさを求めなければいけないト思うのですか? だったら漢字はお止めなさい。あれは中国の字です。ローマ字もアルファベットもお止しなさい。あれは外国の字です。日本人には日本の……

 そんなやり方はないです。少なくとも字はない。あったら教えていただきたい。ミリタリーの人よ、日本の国思う人よ、あなたはどう自分の名前を考え、どう表記しておられるか。自分度、日本度とは何か、お教え願いたい。

(画像はibuさんから無断借用、ibuさん差しさわりありましたら連絡下さい。取り下げます)

2012年11月 7日 (水)

曼珠沙華 花火の夢とさようなら

Img_0102

2012年11月 3日 (土)

10月のいなご

Img_01102

2012年9月23日 (日)

9月の病状

 私もこれで病状は大変です。6月に出た病状に検査結果が伴なわず、9月の再検査となった。今月になって、むろん病院には行ったが、検査結果はやはり出ない。再々検査は12月です。

 

一人暮らしの女性が風邪かインフルか、得体の知れない熱を抱え土曜深夜に帰宅します。夜食におかゆか何か食って、日曜の朝、遠くの当番医に見てもらう……で、タミフルを処方されてしまう。

 

即座に一錠を飲んだもののタミフルは副作用も怖い。昨夜は9度近く上がった熱は7度台半ば、薬を続けるか否かト迷います。飲むのも怖いが飲まないのも怖い。薬ないしは病状については行った病院に聞けばいいのですが……。

 

遠くてもう行きたくなければ電話でも、そこそこの対応はある。縦の関係は嫌いか、不信があるのだろう。ネットで体験筋につまり素人に聞く。私ならどうかと思うが……これも現実。

 

人は様々です。村上春樹「アンダーグラウンド」に出て来る坂田功一さんは経理関係の商売柄か。杓子定規なところがある。サリンで調子が悪くなりかけながら、いつものコンビニでいつもの牛乳を買う。

調子の悪くなりかけた時まで牛乳を飲まなくともいい。いいと判りつつ習慣を続ける理由は、実はないのです。それしか思えない……あえて言えば習慣を守れば、安泰だった昨日のような明日につなげたい。意味がないから止める判断がつかないのです。

 

サリンで暗くなった視力なのに結婚式に出たいと無理な退院をします。日常に帰ろうとする。坂田さんは50才という年のせいではない記憶の薄れがあって、その症状は進むか止まるか判らない。まだ軽いとの受け止めです。

 

私の症状については県内でも指折りの総合病院に任せます。県外に線をたどれば何件か思いつかない訳ではない。再検査で出ない結果が再々検査にすんなり出るとも思えない。

 生きている事には基本的に不安があって坂田さんの場合、女性の場合、私の場合とそれぞれ違う。いや違っているとも言え似たような物とも言える。昼間の光の下を風が吹いて行きます。九月も下旬ですネ。

●9月29日のリビング熊本によると特定検診を受けている主婦は13%、受けない主婦が87%にもなる。その理由「健康だから」「なんとなく」が、上がっている。まさかの糖尿病、肝機能異常の発見もある特定検診、本当の受けない理由は、ここに書いたように「知るのが怖い」ではないか?

2012年9月 5日 (水)

かけはし119号 編集中

 

紙のかけはし、119号を編集中です。ブログに出す記事が書けておりません。今号のかけはしは、

 

1面、「ふくしのしおり」8・1と「中国の最新事情を知る」11・12・9の掲載です。その他、「肩こりには葛根湯を使う人も……」との情報。効くではなく「使う人も」という言い回しに注目です。

 

 

東邦大学医療センター大森病院、東洋医学科の三浦於菟(おと)医師の発言。試す位なら葛根湯一箱くらいでは問題にもならんでしょう。

 

2面、「加藤清正の実像に迫る」8・27「健康寿命」8・22の掲載です。その他、文字読み上げるiPadアプリ 障害者向け、ユープラス  iPad 821 文字や文章などを声で読み上げてくれるiPad向けアプリ「トーキングエイド」。価格は従来型の専用機に比べて半値以下になるという。

 

3面、「日々の生活と千日行」藤波源信1・27と「黒龍紅ピリ辛ラーメン」8・24の他に「足」の語源に関する話。この他、障がい者歯科の認定医資格は、福井歯科医院 東区健軍本町29-8  0120-98-98-49 (受付時間:9:0019:30

 

 

 

●伊東歯科口腔病院 中央区子飼本町414 096-343-0377●国立病院機構熊本医療センター●熊本大学医学部、熊本市内ではこの4ヶ所が認定医資格を持つ。

 

 

 4面、「60才以上DVD無料貸し出し」7・24と映画「太平洋の奇跡」8・21……この他、熊本市の医師は都市部に集中などを記載してます。

2012年1月21日 (土)

こびりついた記憶

Sika歯科に行きます。前の歯科医は私より年上で、あまり患者の口の中をシゲシゲ見ない方でした。ここの歯科医は年下で目がいいのか、針穴のような小さな虫歯を見つけます。

 

「どうしますか?」早く処置するに越した事はありません。無論お願いします。レントゲン映像で深さを確認し、ドリルを当てる訳です。まあ誰もが好きになれないアノ感触が……

 

その前に麻酔は「どうしますか?」とも聞かれます。ドリルを使う時は、今みんな麻酔を使うようです。私は反射的に「使いません」と答える。そして答えた後てしまったと思う。

 

大抵は取り返しがつきません。

「どうしても痛かったら使うと言うことで……」慎重な言い回しでそれから、やっぱりドリルになります。まあ針穴の虫歯でもチョコっとは結局ドリルです。

 

しかし私にはドリルの感触に誘発される記憶があります。

 ――セ、先生、イタ、痛いです。

 「麻酔を追加しますか」看護士の女の声がして、

 

「イヤ、いいだろう。続ける……hata君、もうちょっとだから我慢してなあ」そう主治医の声がする。手術室に電機機器の音がする。

 

ドリル状の機器が股関節を刻んでいる。振動は私の内側から響く……これが私の20才の頃の記憶です。記憶はフラッシュバックで帰って来る。ふいに寒気がして私は震え出す。

 

高窓に揺れていた木の葉は春の緑色だった。なぜか若い看護士の二の腕が見える。記憶は急に夜になり、特看室の足の高いベッドの中になる。春の寒さに震えている私の、すぐ横に歯の治療椅子があって、そこには老いた方の私がいます。

 

……機器の音は、いつの間にか歯科ドリルになっている。私のトラウマはそういう風なものです。歯科の治療に麻酔が必要か必要でないか、そういう話ではありません。

 

忘れたと思った記憶が、いきなり帰って来る。感覚はしばらく消えない。歯科医院の窓の外は冬、モニターTVの反映に見える私は、確かに老人、こちらが現実でです。それから歯科医師はいう。

 「もう一本は、この次でいいでしょう」悪夢は次回まで続く……らしい。

2012年1月 1日 (日)

新春万福

Jp12p_et_0002 新春万福 なんて言葉もありますようで、おめでとうさんです。去年末から私の障害は若干、ですが重度化してます。

 

どちら様も、もうお若く御座いません。体には気をつけられてお過ごし下さるよう、お願い致します。

 

分相応なんて言います。私の調査ではそれは嘘。少しだけ大きい目標、思いを掲げ、ほんの少し不相応に、従って緊張感をもって生きる。この緊張感が充実感につながります。

 

コツは気力竜龍として少し緊張です、それでは満福の年と共に行ってみましょうか?

2011年8月 8日 (月)

夜の蝉

Img_06082街灯の脇にしあれば 夜の蝉

空蝉も 鳴けとばかりに夏の逝く

陸橋を行き渡る風 青き夏

2010年12月31日 (金)

新年へ

Usa_5