« パン食ブーム | メイン | お馴染みの荒野 »

2019年1月22日 (火)

おいしいヨーグルト

120_0077

 特別な効力はないがおいしいヨーグルトです。セブンイレブンのストロベリーヨーグルトを培養しました。味付けに使ったストロベリー分は増えず、生地のブルガリクス菌かサーモフィルス菌のどちらかが増えます。

.

 両方かも知れませんけどね。可能性としては低いかな。427時間の定番レシピで、いとも簡単に固まりました。しかも低脂肪乳で元より美味くなるんだから妙な気分です。75g×4個売りで幾らなんだろ。

 価格は言わない友人にもらった。75g1個を3つに分けて製氷皿でフリーズした。それからの初回培養ですから、1リッットルでもう2回できます。ほんのりストロベリの匂い、これはこれで悪くない。そう言うと友人は「ウソォ手品みたい」と軽薄な感想を言っておりました。

 最近は効能より味で売るヨーグルトが増えました。LG21のように複数の種で、簡単に効力は得られない。それが分ったからか? 考えるのが面倒で、単に享楽的になったのか。それは分かりませんが……美味しくて効くいうのも良いと思います。

 使用牛乳も阿蘇ジャージーのように高級品でなくとも、低脂肪でも十分おいしいのが出来るのも現実として分ってきた。効力を期待する場合は食後が良いが、食後と限らずゴクリゴクリと飲みたい時にも飲めます。

 メーカーの競争は激しいと思われるが、消費者としては安く楽しく健康になれる。4つ組は多いので1つで増やしてやろう、などと面白半分で遊べる。そういう意味では有意義な時代に入ったト思う。

 今回、モチベーションいうとあれだがネタ不足で、ネット検索した。意外なことも分かった……ブルガリクス菌とサーモフィルス菌は協力しあう関係で、これはカスピ海ヨーグルトも同じなそうな、つまり両方が増えたらしい。

 その他の記載もあります。ヨグログ2008-10-27 ブルガリクス菌とサーモフィルス菌でお探し下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34166977

おいしいヨーグルトを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿