« 安いやすい本 | メイン | ラジクールの効用 »

2018年12月26日 (水)

二日に一食主義

Niku 絶食や断食をダイエットに取り込んだらトいう提案です。タモリさんやタケシが一日一食主義で、五木寛之さんもこれに近い方法を言う。つまり高齢になると3度の食事は多すぎます。

.

 私はホテルのランチに行きます。カレービッフェで3皿前後、食べて来ます。行くとビーフに、キーマとスープカレーじゃあ、どう考えても食い過ぎでして、その翌日はほぼ絶食します。

.

 終日ブラック・コーヒーが主食で、もらい物でもない限りは食べない。ほかにも冷蔵庫中の置けないモノがあったら、それはもったいないので食べます。するとその次の日が振替絶食日になる。

.

 食欲を水やお茶でかみ殺す。もっとも効くのがコーヒーで食欲を抑え込む。ごくわずかだが、コーヒーにはそういう働きがある。30分とか1時間ていどの抑制ですが、水とコーヒーを交互に飲んで気持ちを反らす訳です。

.

 お菓子やスナック、インスタント麵といった食べ易い物は部屋に置いてはいけません。あると食べたくなるのは当たり前です。米は手がかかり、そのまま食べられない。つまりパンには菓子のような衝動食欲が起き易い。

.

 家族がいて、それが食いしん坊の人ですと、こういう絶食は出来ない。小さな子供がいて離乳食かなんかを置くとすると、これまたダメでダイエット生活は出来ません。家族はない、あるいは自立している事が重要です。

.

 つまりテレビで料理番組があったり、友人が来て食べる話をする。それで食欲衝動に火がつくト、これもヤバイ。コンビニや薬局が近所にあるのもダメ……ということは、自身の欲に強く鍛えられてある事も大事なんですネ。

.

 もう一方で二日分、食べるので出すいうか、生理で出る分が鈍くなる。コーヒーには秘結作用もあるので、胃腸は便秘方向にぶれます。ホテルに行かない日は、その方向に効くようヨーグルトを飲み、行った日はカレーとカレーの食間にねば納豆を食べる。その必要がある、大いにある。

.

 断食道場は熊本にもあって週末の3日で、みんなで食べない。もちろん酒も飲まない訳です。道場の周辺に店がなければ比較的、簡単に出来る理屈です。道場で経験を積めば自信になって、一人でも出来る。既成事実があれば安心もわく。そういう所で自分に自信をつける事も必要でしょう。

.

 ネット検索すると、断食健康法みたいな記事は他にも出ています。私もユルくほぼ、ほぼ2日に1食の食生活に慣れました。こんな調子で半年以上にもなります。大ぴっぴらに書いてもいいでしょう。節約だし皿を洗わない分は、のんびり出来て、これはこれで楽しい。

.

 断食、絶食、非食、私のは節約食というべきか? 体に悪いのではないか? そう言われそうだが内科医に意見を求めました。

「普通に食べた方がいいが、まあいいでしょう」そういう意見で強い反対はありませんでした。

.

 子供若者、育ち盛りなら問題もあるでしょうが、老人3食、食べなければいけない義務はなく、無理むりいうのは、ただの偏見と思われます。出来ない恐いのはそう思うからでアナタも出来る。水だけで一カ月もの生存は可能でした。東南アジアでそういう事件がありましたよね。

〇参照18・6・30 ビッフェでカレー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34163728

二日に一食主義を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿