« ラジクールの効用 | メイン | 個人的県民性 »

2018年12月28日 (金)

私のコーヒー

027018 コーヒーには資格があるそうな……何時から出来たのか。どんな内容かは知りません。もともと私は味覚過敏症で、古くなった物はむろん家族の食べかけはもらわない、神経質な傾向にあったようです。

.

 それがコーヒーに興味を持って、持ち前の過敏症を肯定的に使った。モカとコロンビアとキリマンジャロを飲み分けたのが始めです。それは若い時のことだから、自分の行為に酔う意味もないではないでしょうが……。

.

 既成のブレンドでなく、自分のブレンドを作るなんて自己満足しました。コーヒー飲みになったので友人が来たら当然、友人にも出しますが、特別な意味などありゃあしませんヨ。

.

 オーディオマニアから音楽評論なんて事もなく、友人と好きなことを話していました。「フラメンコ聞きたい? どうぞどうぞ」と言います。

「エ、解説するの? 何か話すの? 何でもいいのネ」

.

 その辺りからコーヒーが音楽とセットになったんです。五木寛之さんが小説に音楽や絵画を取り込んで、娯楽にしてましたからマネすれば良かった。フラメンコいうのは浪花節と重なる部分があって……最初は単に知識の受け売り。

.

 東洋と西洋は必ずしも対立しないしカテゴライズすべきか? 美空ひばりとユーミンには近いモノがあって、それは黒人音楽を取り込んだから。初期のひばりはジャズでユーミンはボサノバです。例えば、少しだけ歌ってもいい?

.

 そうやって自分流に、五木さんのやり方を展開しました。だからコーヒーにナルシズムが絡んでる、全否定はしません。だけど最近は行き過ぎてません。高級機材に酔う傾向、そこにポイントがあって、私のように100均ソックスで淹れるのとは違う。

.

 でも音楽とコーヒーは合う。ホントは美術も合うんですが画集などにコーヒーがかかったらマズいから、美術は文章の中がいいんです。資格のある人とない人を、私ある人あなたない人と分ける。差別化の口実にする、違うト思う。

.

 まあ勝手という意味ではそれも勝手です。ワインも判って飲む分には自由です。一本800円のワイン、2本買ったら100円引くなんて可愛いもんです。そうではなく何千円、いや何万円のを飲み出したらカンに触りましょう?

.

 コーヒーの場合は、言ってる事がムラしが重要で雑味を減らすんですって……ペーパーフィルターで差が出る? 分かって言ってるのか? 受け売りっぽいト私は怪しみます。いえ私が若い時そうでしたから……70才は疑り深い? 嫉妬心の固まり? 似たようなモンかなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34163975

私のコーヒーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿