« サルコペニア | メイン | バランスボール1 »

2018年10月 5日 (金)

カロリーゼロの誘惑~もも水

Photo

 エルビー「もも水」という怪しい商品を買う。賞味期限が近いこともあるがドンキで30円だった。ここのカロリーゼロの謳い文句は人工甘味料を意味する。
.
 牛乳と半々で混ぜるよう、箱に提案いうか飲み方がある。そのまま飲むと恐ろしく甘い。ほのかに桃の香りなんて物じゃない。それで低脂肪牛乳と合わせる。
.
 それでいい具合に落ち着く。成分表からデキストリンとは? しかしこれはシロです。アセスルファムカリウムとは? ウィッキペディアにはこれも安全いうものの、人工甘味料一覧には下記の表記がある。
.
「アセスルファムKには塩化メチレンが含まれています。塩化メチレンは呼吸器や皮膚から体内に吸収されると、かなり”高い確率で発がんする”ことが明らかになっている危険な物質です。」
.
 やっぱり、私のように出産に関係ない人にはいいが、厳密な出産子育ての世代には向かない。まして箱の推奨にあるように子供といっしょに飲むものではない。
.
 確かに生の低脂肪牛乳はうまいものでは無く、提案のように飲めばスルスル入る。なるほどとは思う。断食や絶食で半日、一日もいれば低脂肪牛乳でもスルスル飲めるようになる。
.
 不味いものは食べられない。いや食べたくないのは贅沢だろうト思う……そう思った拍子に某有名女優から「半日といえども私は食は絶てない。そういうのダメな人なの」意味の言葉を聞いた。
.
 それこそない、やれば出来る。女優は言い訳いうか我がままを強弁にしている。リスクもあるのでそこまでやれとは言わないが、俳優の榎木孝明さんは一カ月間、水だけの断食をされたそうです。半日絶食ならやれば誰でも出来る。

 まして甘くなければ死ぬものでもない。もも水、なし水はエルビー社だけでなく数社が競っている。またアセスルファムカリウムはカルピスという有名な飲み物にも入っている。なぜならカルピスはエルビー社の発売だからです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34146559

カロリーゼロの誘惑~もも水を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿