« バランスボール1 | メイン | バランス・ボール3 »

2018年10月20日 (土)

バランスボール2

Photo_2

 水中では50代かと思ったが、プールから上がると男は若かった。私のすぐ隣に座ると「どれほど泳がれるのですか?」と男は聞いてきた。大柄で太った男はなめらかに泳げない、からです。


I thought it was in his 50s in the water, but when I got up from the pool the man was young. When sitting next to me, the man asked, "How much swimming do you have?" A big and fat man can not swim smoothly.

 なめらかに泳ぐ方法、しいては痩せる術を教えろ。つまりはそういう言う訳です。女性や高齢者にも時々、聞かれます。3キロ泳ぐ話をすると、驚かれる。だが今年は一度も、その3キロを達成できなかった。


Tell me how to swim smoothly, in other words, how to lose weight. That is to say. Women and elderly people are sometimes asked. It is surprising to talk about swimming three kilometers. But this year we have never achieved that 3 kilos.

 つまり過去の話だが……たぶん2キロ泳げば男もやせる。それを越えて食べれば分からない。男は30代なのに40代を飛び越え、50代に見えるほど太ってしまった。男はライザップに通ったタレントの話をした。

In other words, it is a past talk ... ... maybe you can kill men if you swim 2 kilometers. I can not understand if I eat it beyond that. Although a man jumped over forties in his thirties, he got fat enough to look in his 50s. The man talked about the talent who attended the riser.

 そこまで太った人も、ほんの少し太った人も、あるいはどう見ても太っては見えない人も、私がどうして泳ぐのかを聞きに来る。不必要に体重を減らしたい、外人体形へのあこがれがあるト、だから私は思うのです。

People who are fat as well as those who are a bit overweight, or whatever you look at, who will not look fat will come and ask why I swim. I want to lose weight unnecessarily, I have longing for a foreigner's figure, so I think.

 私は幼児体形で上半身だけ少しだけ大人っぽい。いわゆる細マッチョと似てない事もない……それで目に付きやすい。結果として、あの外人トレーナーにも目についた、だろうと思います。

I am an infant's figure and only the upper body is slightly mature. There is no thing which is not similar to what is called fine macho ... ... so it is easy to see. As a result, I think that he also saw that foreign trainer.

 おおむね目立ちやすく、小学校の頃から先生のお気に入りで、それで同級生の嫉妬の対象になる。つまり嫌われる……今度もトレーナーから特別指導を受け、トクをした。じゃあ、その太った男に、スペシャルティーチ、特別指導してやれよ。

It is mostly noticeable, as a teacher's favorite since elementary school, so it becomes subject of classmate's jealousy. That is to say I hate ... ... I got a special guidance from the trainer again and I took a tokusha. Well then, give that fat man a special teach, special guidance.

 そう言われると思うが、それが出来ない。指導を受ける側が、簡単にしたい。もっと簡単な方法をと思う、その思いが強すぎる。太った男は「やせる薬が欲しい」と嘆く。2キロも泳ぐのはツラいと……

I think so, but I can not do that. The side to receive guidance, I want to make it easy. I think a simpler way, the thought is too strong. A fat man wails "I want a fancy drug." It's crazy to swim 2 kilometers ... ...

 私はトレーナーは難題に飛びついた。10回ほど試してボールを買うことにした。違いは何か。いや、そもそもトレーナーはなぜ、私にボールを勧めたのか? 誘導する質問を私は考えた。考えついた誘導質問はこうだ。

I took the trainer to the challenge. I tried it about ten times and decided to buy a ball. What is the difference? No, why did the trainer suggest me a ball in the first place? I thought about guiding questions. This is a guided question I thought.

――自分の幸福が見つからなかった人間は、不幸とゲームを始める……理解できますか。
「分かります。アルコール」
――アルコールは違う。悪い幸福だがアルコールなら浸れるでしょう?

 Humans who were unable to find their own happiness, begin misery and games ... ... Do you understand?
"I understand. Alcohol"
- Alcohol is different. It is a bad happiness, but will it be immersed in alcohol?

 言葉は修正を必要とした。不幸は浸れないのでゲームの対象にしかならない。言葉を代えると、あなたがそうもスポーツに万能なのは、不幸だからではないか? 私は聞いた。

The words needed correction. Since misfortune can not soak, it is only subject to the game. Taking the words, is not it because you are unfortunate that it is universal to sports as well? I heard.

 この若い職員はあっさり認めてしまった。この辺が日本人とは違う。トレーナーがなぜ不幸なのか、たぶん米国人ではない事と関係があるト私は思う。立ち入ったことは聞いてないので書けない。

This young official has accepted it quite well. This neighborhood is different from Japanese people. I am concerned with why the trainer is unfortunate, perhaps related to not being an American. I have not heard of anything that I entered, so I can not write it.

 誰もが幸福を見出せる事が望ましいが、そうも行かない事情もある。たとえば年齢、身体障害……私はおしまいに近い。トレーナーは若く先が長い。簡単にはいかないだろう……余計な心配です。

It is desirable for everyone to be able to find happiness, but there are circumstances that they do not go. For example, age, disability ... I am close to the end. Trainers are young and long ahead. It will not be easy ... ... I am worried about it.

 私は毎朝起きるとすぐバランスボールに乗る。ラジオ体操のようにボールを使う。昼か夜にまた使うが3度も使うと、足が痛み出す。ボールは効くが、取りかかるのが10年遅かった。手遅れです……もっとも昔は、こんなボールはなかった。

I get a balance ball as soon as I get up. Use a ball like a radio exercise. I use it again in the daytime or the night, but when I use it three times, my legs will hurt. The ball will work, but it will be 10 years later. It is too late ...... In the old days, there was no such ball.

 今年、3キロは泳げなくなったように来年は、バランスボールも分からない……泳げるだけを泳ぎ、ボールに乗れるだけを乗る。分からない先は思わない。今はこの今でしかない。ボールを教えてくれたトレーナに感謝している。(この項、続く)

As I can not swim 3 kg this year, next year I do not know the balance ball ...... I can only swim I can swim and just ride a ball. I do not know where I do not know. It is now this now. I am grateful to the trainer who taught me the ball. (This section, continued)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34148426

バランスボール2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿