« ビッフェ探し | メイン | 恋愛の練習 »

2018年9月11日 (火)

メニコンプレミオ

Photo

メニコンプレミオについてまとめておきたい。新入生に向けたキャンペーンで試供品をもらってきたのは1917年4月3日のこと、むろん私は新入生ではないので半信半疑で応募した所、案内が来ました。

.
 現品は1dayプレミオだがパッケージではプレミオと断ってない。ただ新製品との話で着けた印象が鮮明で驚いた。ひとつには度数が左右とも0.25深くなって、度数を上っていたからだが……

.

 その明瞭度はあらかじめ予測していた。それ以上に視界がシャープになった。私はプレミオは乱視の矯正が大きいト考えた。つまりプレミオはハードコンタクトのように見えた。だが店が提示した月間価格は4500円、年間5万4千円だった。私は尻尾を巻いて逃げ出した。

.
 乱視矯正力については2weekメニコンプレミオの取扱説明書に「球面乱視用」と書いてあります。その力はシリコーンハイドロゲルとの素材の力によるものか? だがその時点でメニコンは1day、2week共に通販はやっていない。

.
 メニコンを不得意とする販売ネット店は今も残る。入手法を問う個人質問も残る。メニコンが通販に乗り始めたのは実に最近のこと。ただ私は新素材シリコンで、このあとにアキュビューオアシスを試しました。同年7月21日。

.
 度数をあげたので当然、視力は上がったがオアシスにはプレミオのような鮮明度はなかった。オアシスもシリコンは使ってはいるが、あまり硬質性を出さずに作っている。どうやらそれが乱視の矯正力が鈍い理由です。

.
 なぜか? それでもアケビューのコンタクトシェアは大きく、つまり売れている。コンタクトをする人はもともと目が悪く、あまりシャープな視界には違和感を感じる……人もある。乱視に配慮するより乱視ではない人に配慮すれば、ソフトにまとめればむしろ商売になる。

.
 果たして今もオアシスはプレミオより評判がよい。同じシリコン素材を使ってプレミオよりもっと固く仕上げたコンタクトもある。そのうち試してみるのも良いかと……しかし固いと固いための欠点が……私にはオアシスよりプレミオの方が合ったのは、不思議な気がします。

.
 私の結果は錯覚なのだろうか? 評判が間違いなのか? 評判は自分で試した結果とは限らない。つまりコンタクトを選ぶ際に自分で確かめないで、評判に合わせて良しとする人がある。どこに合せたら良いと思うか他人に聞く質問、自分で試す気はない。評判がそういうふうに形成されるとすれば……

.
 それにシリコンには破れやすい欠点があるらしい。コンタクトが目の中で割れるのは困る。さて話にはオチがある。私がこれまで使ってきたメダリストプラス2weekの素材は何だったのか? この記事を書くのにアチコチ見て分かったのだが、プラス2weekもシリコンだった……これで良かったのか悪かったのか? シリコンという素材は私にとっては新しくなかった。

●こんな投書がある……眼科が1dayメニコン プレミオのコンタクトを今年から採用しました。以前は、1dayメニコン だったので、ネットショッピングで売ってありました。プレミオ1dayの方がいくら探しても通販で売ってません。2weekしかない……との記載だが意味を取ると、メニコンは時間をおいて通常だった1dayコンタクトをプレミオに変えたのかも知れない。
●最安値を検索するサイトがある。 https://silchika.jp/
 私の使っていたコンタクトはボシェロムプラス2weekは、今も昔もで一箱1500円前後。同じ2weekタイプでオアシスは、私が買った時には2300円。だが今は1900円、つまり物にもよるが全体では価格は下がっている。
 amazonで2weekメニコンプレミオは1400円で、1dayは30枚1800円で出ている。前者は透明で後者はブルー、左右の認識にはよいかも。
●プレミオはハードレンズに近いので強いこすり洗いはしないがいい。それで洗浄力の高いメンテナンス剤OAセプトとの相性が言われている 。
 とっかえ引っ換えすると混乱もあるが発見もある。0,25の私の左右の視力差は強い方に合わせれば問題にならないト分かった。同一レンズでよければ少しだけだが管理は楽になる。
●メニコンワンデーはクーパービジョンのワンデーアクエアと同一製品。2weekもクーパービジョンが作るOEM製品です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34143430

メニコンプレミオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿