« オウム真理教事件と「虹の階梯」 | メイン | メニコンプレミオ »

2018年8月15日 (水)

ビュッフェ探し

 天草まで行くと1750円から3500円の海鮮丼があるそうな、ただ天草となると別にガソリン代というかバス代がかかる。熊本市から天草までの代金は?
.
 熊本電鉄の日帰りバスツアーが6600円という。イカ刺食いに、なぜか佐賀まで連れて行くという。むろんどこへ行くのは個人の自由だし天草へも勝手となる。
.
 カレービッフェだと6回、いや8回行ける。例のリバーサイドホテル、グラン・カフェでは、
「また来て下さい」というので割引チケットは私の手の内のままになっている。カフェというからにはコーヒー込みで、コーヒー好きの私にはありがたい。
.
 また行ったグランカフェでドライカレーにトマトルーをかけて食べた。辛いライスに少し甘いルーが染みた。甘くないクロアッサンをブラックコーヒーで食べるのも初体験で面白かった。
.
 マンナコーヒーの場合、ここは上通りのイタリアンの店でコーヒー店ではない。17時から20時までのビッフェで900円だがドリンクは込みなのか別なのか? 行ってないのでよく分からない。その後、こういう店は他にもある事が分かった。
.
 駅前のザ・ニューホテル、フォンタナ、つまり旧のニューオオタニです。カレー・ビッフェがあるという。料金はシニア割引で1400円くらいになる。
.
 切り抜きを持って行くとステーキをサービスするらしい。少し高い分、色いろグルメっぽい感じがある。ちょっとだけ孤独のグルメが出来るかな。
.
 「孤独のグルメ」に影響されて、知らない街の知らない店に飛び込む。美味かった試しがないト、ネットに記載があった。
.
 ご承知のように番組には原作マンガがあって、それを久住昌之さんが書いている。その久住が言っているのに、昔、夜汽車で駅弁を食べた体験がヒントになった。番組のヒットには……
.
 紹介の店を探すのにも、今はデータマンを使うなど苦労しているのではないか? つまり飛び込みで、あんないい店がある訳がない。
.
 簡単にうまい店が見つかるト思う方がどうかしている。私も若いころ、貧乏旅行をしていて天婦羅屋で揚げているエビを一匹だけ買った。
 そのエビを割ったバケットに乗せてもらおうとすると、
「オオッ、粋な食い方するねえ。ちょっと待ち、ソースかけてやるから……」なんて言われた体験がある。どんなに遠く旅立っても、人は思い出に帰る。
.
 久住にも孤独と引き換えに自由だった、若い頃があるのだろう。スーパー、コンビニ。ドラッグストア、今は食材なら何でもある。飽食の果てに好物を失くし、行き場所を失くしたにしろ、それも自業自得か?
.
 簡単に思うものは見つからない。当然といえば当然なことです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34139993

ビュッフェ探しを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿