« アナザー・プラネット 映画 | メイン | お金の管理 »

2018年6月26日 (火)

プロソニック3

Photo_2


 音波歯ブラシをまた買います。メーカーはマルマンで表は日本ですけど裏は「MADE IN CHINA」。プロソニック3をケーズ電気で407円で買います。プロソニック1の前にはKISS YOU体験がありまして、これもMADE IN CHINA 900円でした。
.
 プロソニック1が1分18000回振動、歯科が勧めたソニッケアと同じで良かった。これからプロソニックを代々と買うが、ソニッケアより桁違いに安い、充電池にせず単4アルカリ電池で2ヶ月もたすアイデアと実行力は大したもんです。他メーカーが未だに追従できない。
.
 振動数は元々はソニッケアの技術と思われる。この手を使ったのはオムロンで、充電機と電池式の両ニラミで製品化中。オムロンからプロに移る人はいるが、逆はオムロンに移る人はない。本体とブラシの接続などの理由で、今の所プロソニックが勝ってる。
.
 プロソニック2になって価格は倍、250円になったが電動力がアップして良かった。デザインは落ちたが、今回3では戻している。本体とブラシ部、電池ケース部の丈夫さが泣き所だが、書いた価格なら買い替えればいいだけ、3の強度はよくまとまった、
.
 強度は上がるが今なお、ひんぱんなブラシ交換等には耐えない。1では2年目にスイッチ部が故障した。すぐ私は2を買ったが、買った後に1の修理に成功して1,2に違うブラシをつけ並べ使った。
.
 それで具合が良かったので、まあ1もそろそろと思うので、いけなくなる前に123と比較したいと思っていた。ケーズ電機では3を500円で売っており、今回は407円に下げてます。需要というより本テストのための購入。
.
 この音波歯ブラシは替ブラシを別途に作らないとベストにならない。ライオン超コンパクトの硬めと普通、2本づつ調達して計300円というところ。画像のようにパナソニック・ドルツの替えブラシでもいいが、比較は間に合わない。
.
 なお分4万振動の音波歯ブラシもあると聞くが効力が優れるとは聞かない。長く使うには本体と替ブラシを揃える必要があり、となるとドルツの改造に期待か? プロのというかマルマンの替ブラシはダイソーに売られると聞く。
.
 以前に比べプロソニックのまとまりは良くなっている。つまり中国の力が上がっている。130円から400円に価格も上がったが、オムロンの電池動作は1400円ほどで、これも制作は海外と思われます。たぶん国内制作は出来ない。
.
 中国が作ったのは音波歯ブラシであってクルマを作れた訳ではない。しかしトヨタもマルマンのように中国生産のクルマを輸出、あるいは輸入するようにならないト、誰が断言できるか? そういう意味では日本にとって厳しい状況はこの先ずっと続く。
.
●このプロソニック3だがヤフーネット通販では648円。amazonでは560円など昔のような安値ではない。各種宅急便の価格が上がったため。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34132279

プロソニック3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿