« なんちゃってライザップ | メイン | 虹蛇と眠る女 映画 »

2018年5月 1日 (火)

ザ・イースト 映画

Photo

 一見、FBIの婦人警官に見えるが、民間下請けとの設定。この設定、シナリオ執筆にあたっては主演女優が取材して書いたという。主人公が自己意思で、自由に動ける内容物語は斬新だが、物語全体では北欧ドラマ「ブリッジ」が先行している。
.
 上司と合議の上でだがスパイとなる。ブリッジではヒロインは独身でポルシェに乗っていた。女の子に見えるが冒頭で夫が横に眠る。この夫はマヌケに見えても、主人公は30代半ば子供はいないが既婚者です。
.
 潜行先の、組織のボスは知的でイケ面です。不倫はないが性を暗示するシーンはある。会社は絶対で上司にも服従、許される範囲での自由な自主……過酷な仕事だからお目こぼし頂くのでなく、自身で手探りする自由という訳です。
.
 仕事はあらかじめ辞表を持って行う。昔はそういう設定がありました。むろん男、あの007だってロシアの女スパイと寝る訳で、敵の情報を取るためいうより美人でセクシーだから、組織からみたらワルです。
.
 だから受けた。シェーン・コネリーはハリソン・フォードへ対抗するキャラクター設定です。だけどこの「ザ・イースト」は受けなかった。少なくとも日本ではヒットしなかった。間抜けに眠り込む夫より、信念を追行するリーダーにまいる方が人間的じゃあ……
.
 主演のブリット・マーリングさん、キレイなだけではなく共同制作で監督、脚本、調査員までやった。役柄がちょっと本人を反映している。うんと反映かどうかは知らないが……J・キャメロンに対するC・ビグローとか、女性の制作監督の前例はあります。
.
 主演も兼ねる作品はないでしょうね。だが、そういう時代に入っている。米国にあれだけ起こる乱射事件に銃規制がない。それで高校生が抗議デモって、大統領より高校生たちに義があるって思いません? 私は思います。
.
 こういうと左翼とかリベラルいわれます。社会は薬害がヒドい、利害追求も行き過ぎてる。だけど言うだけ……私も学生に理があるといってるだけ……あなた家族が薬害に倒れることや利害追求は個人の自由、仕方ないと思います?
.
 ザ・イーストでは自分は飲まないから薬害だって……食べ物を粗末にしても金を払うなら勝手じゃないか。自然なんていつかは壊れるからと……札びらを切って注目を浴びようとする人へ批判がある。
.
 私も身障でヒョコ歩くと目立ちます。アスペだからイロイロ、特技はあって需要があればご披露申し上げます。目立ちたい訳でないが、まあ目立ちます。地味な人は好んで地味な訳ではなく……で嫉妬されます。
.
 みんな一丸となって誰それを応援しましょう。それでトランプさんが大統領になってるから、異議を唱える人は裏切り者とされます。私は弱くても少数でも義のある方を支持します。ブリット・マーリングが美人で才能があるから支持してる訳ではありません……本当かなあ。
.
●ブリット・マーリングの談話「無政府主義者やフリーガンのグループが全国にいることが分かったし、いくつかのグループとはしばらく一緒に暮らしたわ。彼らは食べ物の栽培法や、車の修理、身を守る方法を学び、小さな社会で暮らし、お互いに物を分け合い、もう一度、根本的に自律した存在になる方法を教え合っていた。当時は、この経験から映画が生まれるとは考えていなかったわ。ただ生活しているうちに、ストーリーがだんだんと形になっていったの」
●ブリッジ シーズン2
……やがて、キツネ、ブタ、ネズミ、ウサギのマスクをかぶった4人組の犯行声明ともいえる動画がネットにアップされる。犯人達は、人間による環境破壊を訴える。ペスト菌。毒入り食品。爆破事件。毒を注入された遺体。貯水池の薬品汚染。組織的な犯行でその手口はまたたくまにエスカレートしていく……
●相手の身体にさわりたいのは欲望であり、髪を洗うシーンは性交の極みか、女性が男に髪を洗ってもらったら……そういう意味と考えてよい。ズバリそのシーンをなぜ出さないか? 洗髪は不倫にならないから。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34124324

ザ・イースト 映画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿