« 薬としてのスポーツ | メイン | ザ・イースト 映画 »

2018年4月23日 (月)

なんちゃってライザップ

Photo

 ライザップという請負システムの話をお聞きになりましたか? マンツーマンで筋トレやダイエットをさせる。入会金が2万、メインプログラムが2カ月で30万……
.
 そのあとのリバウンドに向けて保険をかけるトいうが、私は行ってないので金額は知らない……かなりの率で成功するらしい。太っていたタレントさんが、多数成果を報告している。
.
 その代表は石田えりさん。映像に出しましたが現在57才という。これなら30才若返ったと言ってもいいでしょう。不肖、ライザップに行っていない私としても20才くらいなら石田さんに準じます。
.
 ライザップでは筋トレに加え、執行中に食事制限をやって糖分プラス炭水化物も減らす。自宅での食事映像を毎回スマホで担当に送って指示を仰ぐシステムです。つまり、ここのマンツーマンがミソなのです。
.
 実際はブロッコリーと豆腐、卵を主食としなければならないが……石田さんは例外ではなく、実年齢マイナス20~30才が若返りは珍しくない。本気になれば、やる気になるかならないかの問題で……
.
 実際ライザップへ行かなくとも食事代を確保できれば、その辺の厳しい友人と監視ししあえば、理屈の上、老化は止める事ができる。酒とかも合わせ止めるとか、人生管理は厳しくする必要があるでしょう。
.
 なんだお前も20才若いで満足せず、30才までガンバレとか言われそうですが、私には身体障害があります。その困難、限界がある。ライザップが身障科を設立するなら、今すぐにでも行きますヨ。
.
 ではライザップが行う筋肉育成ダイエット法に裏付けはあるのか? まず炭水化物療法は医学的に危険を伴うが、糖尿病などに向けて提唱している医師もあり、理論は通っている。熊本では請負でなければリタスタイル、月7150円からというダイエット専科はある。
.
 日本人が何千年も食べて来たコメに悪い所があるはずがない……そういう人もあるだろうが、日本人全員がコメを食べれるようになったのは、ここ数十年にすぎない。多分、戦後だろう。
.
 戦時中コメはなかった。戦後にしても「貧乏人は麦を食え」と言う方さえあった。明治に起きた226事件で百姓が食えなくて娘を売ったトされる。むろんコメが食えなくてアワヒエさえも食えなくて、そういう意味です。
.
 黒コメも雑穀もパンも麺類も、バナナやリンゴもあるから食い過ぎになるのです。脳学者の中野信子さんは炭水化物を取ると脳内物質の分泌が見られる。つまり炭水化物中毒を暗示される……それで太り糖尿、高血圧なのです。
.
 むろん牛肉でも脳内物質はうんと分泌する、たとえばバナナとでは比較にならない大量の分泌がある。それを中毒というか言わぬかは今後の課題だが、で結局、私たちは食い過ぎる状況にあるのです。
.
 そして車、バス電車鉄道、エレベーター、エスカレータと身体を使わない毎日に20~30までも過剰に老いた……金額的にライザップが無理なら、なんちゃってライザップでも始めざるえない立場に追い込まれている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34123101

なんちゃってライザップを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿