« 行なりて | メイン | ちょっとだけホームズ »

2018年2月24日 (土)

ロレックスのクリーニング

Photo

 時計への思いには変わらない部分があって、とくに男には高級腕時計を付ける事に今もあこがれがあるようです。若い時に、たとえば何十年も前に貰ったロレックスを宝石のように大事にしたりする。
.
 いえ私個人にそれはありません。10分は10分、1時間は1時間で、私の時間にそれ以上の意味はない。それを計る時計はどこにもあるので、100円ショップの腕時計すら、私には必要ない。だが人によっては……
.
 腕時計が好きでロレックスを時々、10年に1度の割で磨きに出すという。それは長年の習慣で、それは個人の自由というもの。腕時計はメタルバンドから輝きが失せて全体がくすんでしまう。それで本社の純正磨きに出すという。
.
 それはトは思うが……とりあえず黙り込む。ロレックスは高価です。なぜ高価なのか、高価であること自体を目的化している節もあり、理由を問うのも空しい。価格は中古でも50万を超え100マン、新しいのは500万の物すらあるそうな。
.
 常時つけるのでなく普段は大事に引き出しにしまいこみ、ハレの場所に付けて行く。つまり儀式に結びついたモノです。「いざとなったら質草にもなる」とは言いますが、その人の心の拠り所であるロレックスは質草には……
.
 それでクリーニングだけでも10万という。クリーニングは、最近の音波クリーナーとは違うものか? 音波式クリーナーは4,000円前後です。ちょっと前には眼鏡屋の店頭にあったアレです。
.
 そもそもロレックスを、そんな音波や超音波で磨いてはならないが……ちょっと気になる所です。音波磨きで眼鏡を磨きたいという人が多くて、東南アジア製も出来るようになって、音波式クリーナーは一般化する。
.
 クリーナーといえば入れ歯磨きも基本同じ製品で、あれも4000円前後の製品です。また薬局にある錠剤の方の入れ歯磨き、ポリデントは錠数にもよるが100円ショップとかも、ドラッグストアでも1000円以下です。
.
 ロレックスをポリデントで磨けト、私は言わないが……安いメタルフレームの腕時計や眼鏡は、時々はあれでみがくとスッキリする。超音波とポリデントは100%とは言わないが、ほとんど同じです。
.
 ロレックス純正磨きも、まあ90%は同じでしょう。ただ残り10%に気持ちが残ります。20代か30代か、若い時から続けて今に至る気持ち、儀式と物質化した神聖ロレックスをポリデントで磨かれてはかなわない。
.
いえ私のメタルフレームの眼鏡は、それでいいんですがね。すべての思い出と記憶と人生の一番価値のある物を、100円のポリデントで磨いてはイカン気がします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34108554

ロレックスのクリーニングを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿