« こわれゆく世界の中で 映画 | メイン | 体幹とインナーマッスル »

2017年11月19日 (日)

風邪日和

Photo

 昨日、泳いでいないのに悪夢、なぜなのかその理由が判ります。グスグスのひどい鼻風邪で、起きるなりティシュを鼻の穴に押し込み、これは今日はプールをサボろうト。
.
 当たり前な結論を出して、1杯分多くコーヒーを入れる。さて内科病院に行ったものか? 咳止めはあるのでイイカ、起きると症状は納まってきて鼻水は引いていく。ジムに行きたい気を、なだめなだめ……。
.
 ⅭDプレイヤを付けジャズをかける。もう一回寝るべきかとも考えるのですが気持ちとしては、むしろプールに行きたい。水泳中毒は困った物です。とても寝れない。いくら何でもプールはなしと、今日は映画の日にしてしまう訳です。
.
 風門というのは首筋を肩に向かって降りた所にあるツボで、ここを温めると風邪の予防になる。通常は湿布薬やドライヤを当てますが、それほどの症状ではない。ゴリフボールを置いてその上に寝るとジャック・ルーシェのバッハが天井から聞こえる。
.
 病院には無論いかない。心安い行き付けの病院もあるが、そうしょっちゅう厨は行きませんで、この位では使わない。もっとも悪くなってタクシーを使ってまで行きたくない。どっち道という話であります。
.
 何やら風邪は死に似てます。あの世や神が信じられなくなっても寺や教会になかなか行かない。人には「私は実存主義者です。サルトルを読んだ事はありますか? なければボーボワールかカミユか、フランソワーズ・サガンでもいい」

.
 などと他人をケムに巻きます。実存とは神やあの世を、あまり問題にしない。風邪の治りが長くかかるか? 短いか……病院に行けば短いような気がする。病院代を払うよりはプールに行った方が安い。
.
 帰りに豚骨ラーメンを食うと余計に早く治るような気がする。これは妄想なのか、ある種の対処法か、ただしまじないではない。個人的にはどう思われます。この辺はあまり正直に言うと教養が欠如して聞こえる、言わないようにしてます。
.
 ラーメンは単に好きなだけで効くという根拠はない。同列の迷信にミカンを食べろと言うがミカンを食べたビタミンⅭ量では足りない。Ⅽ1000タケダの名称から分るように必要量は2000ミリと言われ、薬品でしか取れない単位です。
.
 ここだけの話、私は高校中退でして大学には行ってない。同級生には高校中退が随分ありまして、若い時は猛者のようで中退にも尊敬の念がありました。今?、ありません。中卒と同じ扱いです。仕方がないのでサルトルを引き合いに実存話を展開します。
.
 神ナシで幸福になる方法は風邪を引いても幸福になる、つまり医者なしで風邪をやり過ごす、それと似ている。全く同じではないが近い心の構造にある訳です。簡単に助けを求めず、ある程度の不安にひとり耐える。
.
 のどの違和感がないからとりあえずは良しとする。痛みや咳が止まらないと誰でも不安になる。のどにもツボがあるので少々の痛みに私は耐えますが、具体的な症状が出たら病院に行った方がいいです。病院が開いてる時間に判断する。薬局なら24時間あいてます。
.
 むろんガンか事故かの事情にもよりますが、死もそういう風にやってくる。ベッドにあってガンが直らず、死が近い。坊さんを呼んで死に似たくないので「奇跡を起こしてくれ」懇願する方があるそうです。キリスト教はむろん仏教でも傾聴だけを行う坊さんはある。(聴聞僧)
.
死に学ぶというか、常々に不安のある方はそういう線で早くから関係を探された方がいい。そこまではない。不安な方も死とは違う、ただの風邪ですから必ず直ります。あまりビクつかないで不安にならないで着実に対処して下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34093698

風邪日和を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿