« 只今、水泳中毒中 | メイン | こわれゆく世界の中で 映画 »

2017年11月10日 (金)

堂々巡りの悪循環

Photo_2

 こういう言い方も何だが、インターネット関連は間違いがあり、そうではない現実に比べると信頼は置けません。大事なことは信頼できる所で対応したい……そう言って、私もアマゾンの使い過ぎか?

.
旅行の「てるみくらぶ」が破綻して、かなり前からのおかしな経営が疑われてます。逆にいうと、旅行ブームから安い旅行へたかる風潮というか疑問になる。私の友人は片づけられない症候群で、反動というか関連というか。

.
 私の水泳中毒と重ねると、まあ旅行中毒ですなあ。安いというと目の色が変わる。大量仕入れの巨大スーパーに、品質問題が出たような物で、騙される側にも一端の責任があります。

.
 スーパーが出来ると商店街は軒並みシャッタ―が閉ざされます。街をつぶした何が誰が悪いか、それは言えませんが、買う人売る人、許可を出した人の、その3人しかいないので結果には原因があります。

.
 連続9殺人が発覚した座間市の「一緒に死んであげる」殺人、あの事件もインターネットに窓口があり、前からフェイスブックには出ているスケコマシ業で、今回は見かけを信じて殺された。狭い部屋で9遺体はバラバラ死体となります。元は風俗を世話していたそうな。

.
 死にたい希望を、身近な人には言えなかったか? また聞いてもらえなかったか? 見知らぬ他人になら言えるのか……殺された人の身近な人には悔しい事件です。この場合、ハンサムだから持って行かれた言うのも……

.
 大手薬局のコスモスが遅ればせながらインターネット対応しています。ネット関連ではないが、日本郵便も無人ヘリコプター、ドローン配達の実験を始めた。時代が変わった、時代に遅れたからと死ぬ訳にも行かない。漱石の「こころ」の主人公は時代遅れを理由に死にますが。

.
 何から何まで手も足も出ないのではなく、ひとつ対応できれば、もうひとつは対応できる。難しいと逃げれば難しさは、もうひとつ増える。つまり何事を前にしても屁っぴり腰ではいけません。

.
 なぜかいうと悪い人はいて、その屁っぴり腰を見透かして……そうも言えます。全部を言い方で片付ける訳にもいかんでしょうが……流れは急激だし時代も違ったのだから、あまり昔風にももう出来ない。まあ話は堂々巡りですねえ。

●東京・渋谷区にあった旅行会社「てるみくらぶ」は、インターネットを通じて海外旅行などの格安ツアーを販売していましたが、広告費がかさむなどして資金繰りが悪化し、航空券が発券できないなどのトラブルも起きて、ことし3月に経営破綻しました。利用者が前払いした代金は最大で99億円に上る返還されない見通しで、8万人から9万人に影響が及んでいます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34092214

堂々巡りの悪循環を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿