« DVDを買う | メイン | 後妻業の女 映画 »

2017年9月14日 (木)

黒猫は3度くる

Photo

 夜中にトイレに起き、寝ぼけまなこで用を足す。水を流して出た所で気がつく。室内にかすかな気配がする。これが人なら泥棒なのだが気配は人ではない。
.
 私は動きを止め様子を伺うが、相手も動かずこちらの様子を見る。一瞬の不気味。まだ暑いのでベランダを開けたまま寝るが、そこから猫が入ったらしい。やれやれと台所から猫を追い出して安心する。
.
 夕べはサンマを食います。今年のサンマは高いというが、スーパーに行ったら小さいのばかりが残り、それで108円という。これを逃したら今年は食えないかもと買って来た。そのサンマを焼いたので、今まで来た試しのない猫が匂いを嗅ぎつけた。ベランダから出て行ったのを見て、ガラスを閉めます。
.
 ところが、この黒猫をまた来ます。成猫に達しない、子猫でもない。中くらいの黒猫で近所をウロつく言う話です。今度は朝になって私と顔を合わせてニャアと言うんだから……セリ込み猫です。ガラスを開けておいた夕べに入り込んで、何もないので寝てしまい、朝起きだして来る。
.
 ただ3度目は分からない。ガラスを閉めておいたのに、入れるワケがないのに入っている。野良ではなく元々アパートかなんかで飼われていて、飼い主は秋になって引っ越し、部屋に置き去りにされたか? そんな所でしょう。
.
 漱石の家の猫もセリ込みの黒猫だったそうな……お手伝いさんが追い出しても行かず、漱石の一言で飼われることになったトあります。勝手なことをすれば大家に私の方が追い出されかねない。いえ熊本市では猫を飼う場合はむろん、数軒で一匹の地域猫とする場合も、手続きは踏まねばならない。
.
 しかしエサだけ与えるとか、始末もなく短い間だけ飼うとか……勝手な人はいて、後には不幸なノラ猫が残ります。吾輩だってあれはネコの形を借りてレコを重ねて……そういう方があります。
.
 頭の上のハエを追えない身障者が猫や犬を飼うのは……そういう話題になった事がある。むろん決論など出ないが、健常者であっても似た問題を抱えた方がある。女房子供を抱え、それが自分になつかず、猫や文鳥を飼わねばならなかった。
.
 漱石の心の闇というか、冷え冷えと温もらぬ部分というか……感覚はあった訳です。それともまあ最近の猫は生活レベルが高く、飼い主と一緒にインターネットくらいは心得て、私のブログの漱石シリーズ、読んでいて押しかけたのかも知りません。「オレも漱石は好きだニャ」とか。
.
 つい先ごろまでは犬と猫では犬に人気があった。それは逆転して猫人気が勝って来た……こんな画像が出て来るには、微妙な変化があるのかも。猫ならいいが泥棒もありますので、ベランダのガラスは閉めて寝られた方が無難かと思われます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34082304

黒猫は3度くるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿