« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月10日 (日)

それから3

Ooka

 淡い初恋の感覚なんて忘れました。濃厚な不倫の味は知らない。トシも年なので、もうないでしょう……しかしミック・ジャガーは私の年で、恋愛ざたで子供を作ったのか!
.
 大岡昇平さんは、漱石の文章が実体験に元づかないと看破します。野火などドキュメンタリーを書き,武蔵野夫人の恋愛ものも書き、「事件」のミステリも書いた……大岡なら何かを嗅ぎつけると私は推測します。
.
 漱石の蔵書にはリストがあり、詳細まで研究され尽くされる……更なる研究が出来たにしても、私はしませんが……一目瞭然、読めば分るでしょう。漱石の文章は調べ物しながら書いた文章ではない。
.
 調べながらとすると例えば鴎外の文章になる。漱石は新聞小説の特性を考え、毎日、気持ちよく読める事に重点を置く……必ずしも純文学とは言えない。まして鴎外のように発禁にでもなった日には新聞社が困ります。
.
 そういう意味で離婚交渉の実際を取材する必要はない。読者より程度のいい家庭の、羨ましい暮らしぶり、浮世離れした思いを書き連ねていけば良い。「坊ちゃん」で同僚の婚約者をねらう赤シャツを書きましたから、友人の奥さんを譲り受けたい男でも……
.
 それで赤のイメージ、危険な男という意味です。頭がいいのに無職、ピアノまで弾ける。これは漱石自身がバイオリンを習ったことからの影響で。前作、三四郎が学生ですから代助も学生のような事をしています……私はギターを弾きました。入院が長かったので弾きながら歌う事が出来ました。
.
 出来は悪いが初めて聞く人は羨ましくて、これを上手いと聞きます。よせばいいのに重度身障者の前で演りました。嫉妬され逆効果というか……ど下手でもなんでも朝日新聞を取る人より上流階級を、代助は演じます。
.
 もともと読売は分かり易い新聞です。今はどうか知りませんが朝日は知的レベルが高い、ほんの少しネ。漱石は英語教師です。英語の研究で留学辞令が降りる。漱石はそれを英文学研究にしてしまう。漱石にはそういう意味でインチキな所がある。
.
 時代が下って谷崎潤一郎の頃になると、小説ではなく本当に他人の奥さんを譲り受けます。大岡さん自身も……つまり「それから:の代助とは、先行したイメージに過ぎません。私にしても泉谷さんか、せいぜい武田鉄矢さんのイメージに過ぎない。
.
 だが弾き語りで歌ういうと、拓郎さんとか陽水さんとか、巨大に好いイメージを皆さん持って来られる……はずが、はずがないでしょ、同じです。百合を抱えてやって来る三千代、楚々として美しい着物の女なんて、巧妙なイメージ戦略にある訳です。
.
 大岡は不倫の経験者です。なのに女性の中に入り込んで書くの難しさをいいます。野火が新しく映画化されました。劇映画と言えるかどうか、あれはいい……「事件」も昔ですが映画でドラマでヒットしました……それに比べると武蔵野夫人はショボい。
.
 恋から色事へ至るグラデーションいうか、恋愛の小説化はいまだに上手くいってないのでは? 恋か色かによれば、それはありますが……漱石の小説は、合意による色事ではなく、許容によるそれへこだわりましょう……その時のそれは性か愛か、確かに色事ではあろうが恋愛といえるか?

2017年9月 8日 (金)

レタスとフライドチキン

Photo

 夕食前にキャベツを6分の1個を10分間、良くかんで食べる。出来ます? 膨らみすぎた食欲を抑えるために……雑誌ターザンは「痩せ式」の特集で、そういう記事を提唱します。
.
 私はキャベツでやった事はない。だがレタスやサラダ菜でなら、ある。巻いた野菜はやっかいだが、サニーレタスやローマインなら水に差し、袋にくるめば、冷蔵庫に長く保存できる。
.
 食欲をあおる食べ物と、抑える食べ物がある。油ものや甘い物、デンプン類や飲み物は、どちらかいうと後者に属し、後者を食べれば必ず食べ過ぎる。最近わかった事だが、食欲はナチュラルに止まらない。
.
 甘い菓子やポテトチップス食べ始め、止まらなくなるのは前者に属す食べ物だから。私もラーメンは好きだが、熊本のラーメン好きは普通で、前者のグループのこういった食べ物は、批判的に抑圧的に見ないと、全員が肥満になる。
.
 肉も好きが当たり前、野菜は嫌いが当たり前、食べたい物だけ食べ、あとは食べたくないで片付ける……本能からの生き方や、物のあふれる状況を問題視しなければ、もはや食欲はナチュラルにならない。
.
 つまり米式のファーストフード食が、気づかない間に日本にも蔓延っている。ファーストフードをパクパク食べる食べ方がのぞましく幸福に見えた。だから子供にもピザやフライドチキンを好きなだけ食べさせ、小児高血圧や糖尿病を起こしてしまった。
.
 Eプレスリーはドーナツとコーヒーが大好きで、スポーツを止めて太ってしまった。スポーツを止めたのが先で、そのストレスをドーナツとコーヒーで晴らそうとしたのか? その辺は知らないが……
.
 どちらにしろファーストフード産業を推奨し、野菜農業を抑えれば、米国式の文化が成り立つ。それは正しいか? あのスマートだったスターが不健康に太った最後を迎えた。極端に聞こえるでしょうが、これは事実です。
.
 好きな物を食べたい量、食べて、しかも痩せている。見かけもよく、しかも幸福である……痩せの大食いに憧れる。無理からぬ事ですが、それはあなたにも出来るか? 残念ですが上手く行かない、それが現実。
.
 痩せ体形を断念するか。幸福感を断念するか……見かけが悪くなるか、体調が悪くなるか、ある種、不幸せを受け入れて生きていく……多くの人はそうしないとならない。実は私もレタスやキュウリは、好きではないのに食べている、その一人です。

2017年9月 7日 (木)

それから 2

Photo

 大昔の事で書いても仕方がない。どんな嫌がらせだったかは書きません。あれは小学生も初めの頃、私は友人の男生徒にいやがらせを受けます。
.
 それで親は「これはいやがらせでは……」いうと担任は訝しい顔をします。担任のその後の報告で、
「あれは私にもそう見えます」という。その理由を判らないまま、私も親もことを忘れてしまう。
.
 モーツァルトの喜遊曲を聞きます。その3番目の曲に衝撃を受けます。俗に「夕べのメヌエット」という曲に聞き覚えがある。小学生の頃に運動会で女の子とフォークダンスを踊った。
.
 やがてバイオリンの音色が記憶にたどり着く……と言っても小学生では指の感触には男女差もなく、記憶のメヌエットはステレオに乗って軽やかに行き過ぎる。
「あたしはこん人とよ」小学生の彼女は私の肩をつまんで引き寄せます。早く相手をしろという意味です。
.
 主張に友人は驚きの声を上げる。女生徒の主張いうよりも順番を守れば、そうなるはずでした。宣言して肩をつまむ行為は躊躇われた。ためらわず行動で示した。女生徒は私たちより凛々しかった。
.
 女生徒は勉強も出来ました。私が女生徒の隣の席になった時「私はA君が好き」と宣言しました。A君とはクラスで一番できる男生徒で、つまり私など暗に嫌いと宣言されました。
.
 宣言した割に女生徒は親切で、別にA君と付き合ってる風情もない。今と違う昔の小学生、当たり前です。ただ運動会の準備で、友人の前でそう言ってしまった。
.
 3番目だか4番目だかは知らないが、À君の次に私は気にいられたのでしょう。友人にとってショックで、それで友人の嫉妬を買った。それとこれがメヌエットの一曲のうちにつながります。
.
 音楽の記憶は不思議なもんです。自意識には淡くても殺意がこもる事を、漱石は明晰に問います。嫉妬は本能で無意識にあります。男の本能はスカートの翻る所、必ずスイッチが入る。
.
 女生徒がA君を意識した事も、友人が何を嫉妬したかも、嫉妬するほどの事はないトなだめてもすかしても、根本的には解決しないのかも知れません。つまり本能が異性を選ぶ……そういう部分が消えない。
.
「それから」では代助の枕元に生けられた椿が、首のように落ちるところから始まります。それで代助は自分の胸、肋骨の上から心臓のあたりを探ります。生きている事は、死に誘われている事でもある。
.
「それから」は赤いイメージで始まり赤いイメージで終わる。意識と無意識が交錯する。たとえば九月は油蝉が、黄色い枯葉の上にひっくり返る。セミの生も死も本能で秋を生きるようには出来ていない。
.
 赤のイメージは何を意味するか? 意識と無意識のせめぎあう人間の全意識、つまり生死をいうのでしょう。図書館から大岡昇平さんの「小説家夏目漱石」を借りて来ます。
.
 文庫で五二〇ページを超える厚さにはうんざりしますが、本は講演録で割とスルスル読める……大岡さんも「それから」の赤を狂気と読みます。

2017年9月 6日 (水)

それから 1

Photo

 16才カップルが胸を何度も刺され、男子は死亡した。犯人は15才男子で、本人が言うに女子のカレだったト……客観的にはどうか? その辺はまだ確定しないが三人の関係バランスが崩れました。
.
 夏の日それまで友人だった子が、恋人になる。一方の男子は弾き出され、もう一方の男子の胸を、とくに念入りに刺した。女子も刺されるが助かっている。嫉妬の感情は花火と燃えたのだ。
.
 事件にならなければ三角関係はある意味で、ありふれる。一方で恋愛はある人にはあり、ない人には丸っ切りない。原因はともかく恋愛は平等ではない。男女二人の出会いがカップルへ進行する。
.
 関係が円滑に進めばよいが難関はあるもので、異性の取り合いになる。異性も注目されやすい人と、そうでない人がある。言い方を変えると一人が、もう一人を選んでしまう。それで至難にまで関係はこじれます。
.
 こじれは本人には困る事ですが、他人には面白く、まあ娯楽になります。恋愛を書いて本にすると売れ、映画やドラマになると視聴率も取れます……つまり恋愛はない人にはないからです。
.
 下らない日常はいいから、お前も恋愛を書け、そう言われます……私にそんな面白い体験などあろうはずもなく、ないものは書けません。すると「なければ作れ」とまで言う人があります。まあ書けるなら小説は恋愛小説に限るようで。
.
 熊本では今、新聞に「それから」が連載されています。漱石が書いた前期三部作「三四郎」の続きです。前作より三角関係はこじれます。代助と三千代は好き合ってはいたが、平岡が望んだので代助は三千代を譲ってしまう。
.
 好きではあるが、代助は平岡との友情を先行させた。後に代助はそれを後悔する羽目になる……漱石は書いてないが、そう想像するに難くない。三千代に決めさせるべきとか何とか、今の人は言いますが……大昔の昔、恋愛なんてなかった。
.
 ないは言い過ぎですが、恋愛するのは限られた人でした。つまり男女共学もない時代にどうやって異性と知り合うか。そこから困難がある。なにしろ話は明治です。私が明治生まれの人に聞くと、軽くそう言われた物です。
.
 不思議でも何でもなく異性が対象として見える時、同性同士は戦わねばならないライバルとして見えてくる。買ったばかりのゲームを貸してほしい言われて、貸す子がある。恋愛も最初はそんな感覚じゃないでしょうか。
.
 恋愛相手へあるいは友人へ、イエスとノウを決める。ここはノウそこはイエス、決めるのは自分、はっきり自分がなければ決められない。決めるのは母でもなく父でもなく、親友でもない。ただ自分だけ……それが分ったのは割と近い昭和のことです。
.
 漱石自身、恋愛ではなく見合いで結婚を決めます。父や母に行けと言われれば、泣く泣く嫁に行くものでした。平岡に望まれ代助に祝福され、三千代は結婚を決心した。あまり感情に注目せず見て行けばそうなる。
.
 人はなぜそうも激しい自分を、持つようになったか? 漱石は恋愛より自分というものに関心を置くように、私には思えます。

2017年9月 4日 (月)

タブーはタブー

Photo

 NHKラジオが朝のニュースで、性と平和と放射線についてはキチンとした話し合いは出来ない。アナウンサーの声が、その意味合の発言をした。けだし名言です、いや明言と書くべきか?
.
 客観意見ではないが、このところNHKのリベラル化が言われる。言葉通りに書くと「TBS化している」何なら発言の主まで書いてもいいと思うが、桜井良子さんです。むろん悪口ではありません。
.
 一般にも籾井氏退任後、上田新会長になってからのNHKに偏向いう人は他にもある。つまり最近のNHKは、右側の指針にはならず、嫌いな人は視聴料を不払いする人まである。
.
 念のためにいうが、桜井さんが視聴料不払いされる訳ではない……ではないト思う。つまりNHK不払いは、ウヨク的見識者にまで至っている。うるさいので些末事は上げませんが……。
.
 落語の三題噺のように、日本社会では、性と平和と放射線はタブーになっている。外国には外国のタブーがあろう。
「タブ-でいいだろ、関係ないじゃないか。意見なんて多数派の尻馬にのれば、それで済む」そういう人はいます。
.
 裏返せば意見を持つのが怖い。もう少しいえば少数派にされるのが怖い……しかし多数派も明確なようでぼんやりしている。安倍さんは負けたように見えた。そう見えただけで、また盛返す……いや何とか盛り返して欲しい。(最新調査では支持率が回復傾向)
.
 アメリカはオバマさんからトランプさんに、リベラルから保守へ変化した。オバマもトランプも、無論どちらも多数派に違いなく、世間が猫の目のように変われば、犬の尻尾のように振り回される。
.
 追随に尻馬に乗るのも楽ではなくて、むろん見識ともいえない。壊れかけた椅子よろしく座り難くいのが、このところの尻馬の上らしい。鹿たなく猫や犬や馬の例えではバカにもならない。
.
 米国頼みにせず自国は自分で守れ。言う人の道理は分からない訳ではない。ただ韓国はともかく、中国は大きくて対抗予算は膨大になる。おまけに中国は、それなりだがアフリカや南米の国にも支持される。
.
 日本は先進国なので分からないが、米国と付き合うか中国と付き合うか、二者択一となると中国を取る国は多い。弱小の国にとって米国は……小さいが強い国になった日本に、なかなか理解できない。私も中国が好きか言うと……。
.
 ではなぜ私にそれが判るか。米国は例えれば喧嘩に負けた事のない健常者に近い。中国は一部だが植民地にされた体験がある。軽度の身障者に近い……弱小国の気持ちを知っていある。オスプレイの例もあるが、米国は無神経です。無論どっちも嫌ですが択一すれば……。
.
 先進国にはなったものの、小さな国が大きな国から身を守る方法はない。なるべく出来るだけ軍費を増やせば……出来ますかな? タブーの多い国で……性と平和と放射線の話、あなたは、お出来になりますかな?

2017年9月 1日 (金)

納得の買い物

Photo 私は中央区にいます。コンビニ等を使えば、買い物は中央区内で事足りるが……少し南区などに足を延ばせば買い物がぜん面白味を増す。
.


 南区は中央区に比べ物価が低い。中央区を100とするとほぼ70か? それは中央区TSUTAYAでDVDを借りると108円で、南区のGEOで借りると新作は別だが、準新作までは75円で可能……数年も映画館に行きません。
.


 電気器具から米価まで、こういった傾向は続く。入れ歯の人には悪いが、無洗米を使うと洗う手間がなく栄養価も高い。価格も5Kで1700円、普通米とほぼ同価格になる。(イオン系のビッグエクスプレス)
.


 5キロ一箱108円という記録的に安値なジャガイモとか、魚のアラとか、7本50円のバナナとか、一本30円の大根とか、2把10円のロマインレタスとか……枚挙にいとまがない。(津山商店等)
.


 むろん訳ありの商品です。箱ごと夕立ちにぬれた、銘柄が馴染まない……単に古くなっての見切りもあるが……あまり聞くと売ってくれません。よさそうなのを黙って買う。
.


 画像に出したシール「富良野すいか」で指で叩くと、ジュンや蛍の声が聞こえそう……珍しいというか懐かしいというか。買います。この時期のスイカは以前は中央区では鳥取産でした。
.


 同じく富良野産で「ヒグマのごちそう」という銘柄もあります。こちらの方が県内、植木産に近い味でインパクトがある。前出銘柄は比較すると上品いうか? 好みの問題です。どちらも普通サイズで745円。(中央区ではイオンで1000円、ネット通販で買うとサイズが特大とはいえ4000円)
.


 富良野の近くに美瑛があって、ラベンダーなど花壇の名物が……三ツ星レストラン「モリエール」場所は札幌だが、中道博シェフによると美瑛の食材自体が売りだそうです。
.


 富良野、美瑛は地形が盆地に近く、昼に照らされ夜冷える。植物は糖分を蓄積する。夜は冷えないが照らされ方が激しい熊本産と、何のことはなく似る。9月の西瓜が甘い理由、ある意味でだが西瓜の味で納得できる部分であります。
.


 ディナー目当てに行くと……東京から飛行機で泊まりに行くと……メインディシュは時期の野菜で、TV紹介ではタラの芽でした。費用が一泊2万円、よく調べてませんが全体10万円を超えそうで、そうなると台湾に行った方が安いか。
.


 むろん札幌、美瑛に行くなというのではありません。私の主張は逆、富良野の西瓜を食べてからの美瑛行きでもいいでしょう?ドラマ「北の国から」は今もYOUTUBEにあります。