« 望月いそ子 | メイン | 都議会選 »

2017年7月 3日 (月)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ  映画

Fif

 物語はかの米国で……とある男女は出会うが、スムーズに恋愛関係に入る事ができない。このアナの場合、未経験、キスの体験もなかった。男、グレイはアナに「恋愛ではなく、主と従隷の契約を交わそう」と言い出す。
.
 男女どちらのケースも現実にはありえない。ただ日本ではこの女性のようにあって欲しいので、教育でも性はご法度……避妊具の使い方も教えない。少なくとも校内、教室では……それでは困るだろう、不正確な情報による誤った知識……むろん心配だが「寝た子を起こすな」とPTAの主張。
.
 米国でこの話、原作を書いたのは中年女性だが、自伝を書きたかった訳ではない。ケータイ小説に夢を展開したかった……青春期に若い富豪に見初められる話、小説で怪しい体験を夢見たかった……で突飛な設定を思いついた。
.
 マルキ・ド・サド伯爵は自らに行状により、刑務所や病院に長く幽閉され、なんとか生き延びようと妄想小説をくり広げる……そしてサディズムの語源となる。主婦のはこれは重なるような離れるような……施設内の身障者の暮らしもレベルは違うが、似たような倦怠にある。
.  
 それ以来、人は生活に倦怠するとサディズムやマゾヒズムに関心を示すようになる。悪徳の栄え、O嬢の物語、マンディアルグの諸作……等々。言い遅れました。私もフィフティ・シェイズ3部作の初作「オブ・グレイ」を見ました。
.
 およその青年男女が出会い結婚し、子供を作って子育てします。しかし子育ての内から「この子育ての先に、何があるのか」ト人生に疑問を持つ。やがて大した物が何もないと本当の倦怠におちいる。これはサド侯爵の倦怠とどう重なるか?
.
 いろんな答えはあるのでしょうが、悟りを開こうと死と関連づけて、性とも関連させます。両方重ねると、悦楽の先にもっと深い悦楽をと期待しますから、勢いサドマゾ方向にも流れやすい。果たしてドラマは、ソフトSMを志向します。
.
 主人公アナをダコタ・ジョンソンが演じますが、ダコタさんはモデル出身で、有名俳優と女優の娘、出るべくて出て来た逸材です。おでこを眉の上まで隠した髪は、女子大生どころか女子高生にさえ見える。日本でいえば多部未華子さん、あの人も本当は広いおでこを隠し続ける。
.
 アナにはケイトという友人があって、いいように根回ししてくれる。知識、判断もカバーする。漱石が「こころ」でお嬢さんと未亡人をセットにしたのと変わりません……一般に学生の頃はグループ内で情報を共有し判断します。
.
 買ってやったゲームを、友人が来て持って帰った。お母さんから見るとゲームはモノですが、子供たちにとってはゲームは情報で共有化されるべき物、その友人は判断した訳です。お子さんと友人は対等ではなく、リーダーと家来の関係だった。
.
 まあ原作者は心得た主婦で、物語では女子大生の仮面をかぶって出てくる。「こころ」では漱石が、先生とKの一人二役で出てくるのと、大枠は同じです。だが物語の中では友人を出し抜き、アナはケイトを抜いて成功しなければならない。
.
 空想ではゲームは、リーダーから取り返される物だから……つまり原作を書いた主婦も一番好きだった男の子とは結婚できなかった。あるいは富豪の男とは結婚できなかった……その復讐戦、代償勝利であるから。
.
 問題をクリアできるキャラとは、例えば多部さんでありダコタさんです。先生は漱石だが、Kもまた漱石という物語にハッピーエンドはないのです。私もけっこう重度ですが、私より重度の身障者はいくらもあり……彼らは嫉妬の目で私を見ます。
.
 ある意味、彼らから見れば、私は多部さんダコタさんなので……そう思うとどんなハッピーエンドもありえない。サドは牢獄で70代まで生きた。サドにはインクと紙束があれば、牢獄も自由の天地と変わらなかった……のではないか?
.
 2作目「ダーカー」は仮面舞踏会が売りだそうな……もっとエロいとの噂です。今回グレイ編の売りはロープ変わりにネクタイでアナの両手を縛る画像シーン……でも高価なネクタイでなくて、バンダナか新聞紙まいても、SMシーンを演じる事はできる。
.
 高価な、あるいは高価そうな物がエロい訳ではない。金物屋のアルバイト店員が高価な下着つけても、むしろ興醒めしてしまう。つまり恋愛を描かせると米映画は、どうしても仏に負けてしまう……感性って金では買えない。そう私は見てしまいました

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34069695

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ  映画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿