« 或る終焉 映画 | メイン | AIの町 »

2017年7月 9日 (日)

メガネの効用

Inada 伊達メガネに効用はあるか? 別にメガネ自体には罪はありません。しかしメガネに頼る意味は、ひとつではない。極端な場合は本人さえ判らない。大げさに言うと隠れた意味があります。
.
 あまり細かくいうのも何なのですが、私には少しだけ演劇体験がありまして、本番の舞台は緊張します。セリフを言わないのに舞台に上がっただけで緊張する人もある。
.
 客席の手前の人と目線を合わせるのは特に禁物で、後ろの客のその上くらいを見れば、緊張は弱まるのです。判っていても、うっかり目線が合う場合があり、そうすると緊張が強くなりセリフは飛んでしまう。
.
 いえ私の場合はセリフの意味内容までは飛びませんで、セリフの順番を変えて、即興アドリブで切り抜けます。それで緊張もエネルギ、力であると体験的に理解します。
.
 意味だけ入っていれば、場に応じての即興力が付いてしまう。その方が面白い、受ける事を発見します。理解が出来ない事に、即興もへったくれもない。ある意味でだがアドリブとは、本音なのです。
.
 話を少しもどし、他人との接近、間近なやりとりが緊張を生みます。舞台衣装を着たり仮面を被ったり……本当の自分を隠せば過剰な緊張を逃れられる。異性の扮装をしてドーランを塗れば別人になれる。
.
 ハロウィンが簡単に広まって定着した、人気化したには理由がある。簡単な扮装やメガネにあります。その他、舞台衣装に近い物が身近というか、商業的に取り込まれた経過があります。一般に社会的にもある、つまり伊達メガネには隠された本音、あるいは嘘がある。
.
 稲田朋美防衛大臣の発言がこうも、度々問題になるのには理由があるでは……あの方のメガネは故郷福井の産業後援だけではない。書いたような内的弱さが隠されないか? それで業務にお仕事に差し支えが出ているなら……私、旧相談員としては心療内科などでのカウンセリングをお勧めしたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34070846

メガネの効用を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿