« ある論議ない論議 | メイン | 整形逃亡 »

2017年6月21日 (水)

未病あり

Photo

 ひょっとしてあなた「病院嫌い」ではないか? 病院嫌いとは言うが、決定的な悪い結果を恐れ、一日伸ばしに決断が遅れ、それで本当に悪くなってしまう。その病気が手遅れにまでは、ならないものの……
.
 精神科の樺沢紫苑氏は、最近は著作活動に忙しい方で、著作家とお呼びすべきか? ともかく氏は医師でこのように言われる。
.

「正常」と「病気」の間に、「未病」という状態があります。「病気」とまではいかないけども、徐々に病気の症状が現れている。しかし、まだ「病気」として発症していない。
.
「認知症」も「うつ病」も「糖尿病」も未病の状態であれば、完全に「健康の状態」「正常な状態」に戻るのです。
.
つまり、「うつ病」なら、ストレスがたまってやる気が出ない状態。
そこで、1週間ほど休息をしっかりとると元に戻ります。
しかし、一線を超えると、「うつ病」が発病して、治すまでに「半年」「1年」かかります。
.
「糖尿病」なら、
検診で「血糖が高いです」て言われたら、
「糖尿病予備群」(未病)の状態です。
そこで、血糖が上がりやすい食べ物は避ける。
食生活をガラッと変えると、数ヶ月で「正常」な状態に戻ります。
しかし、一旦、「糖尿病」を発病してしまうと、
「正常」に戻ることは不可能です。毎食後、インシュリンの注射を、一生、打ち続けないといけません。
.
 医師でない者には分かったような分からない話です。ともかく未病という概念を使うと、出来るだけ病院には早く行ったが良い。医師の判断が確かであれば、患者にとっても一生の「お得」になる。そういう話になる。しかしこの話、全体からいえば……
.
 そうは言っても病院に行くのは面倒だし、診察料や初診料等、金もかかる事だ。おいそれとは行きたくない……私が会った人の中にも医者嫌いはおられた。その人に私はこう申し上げました。
.
 ――失礼ながら申し上げます。その前歯、今なら無料で入ると思われます。というのも地震、その被害からの病気は今は無料になってしまう。実際には地震前からの病気も、例えばあなたの歯のようなモノも、治療対象になります。歯医者に相談されれれば……
.
 60代と思われる、その人の返事は「ありがとう御座います……私は生来の医者嫌いで……」という事でした。医者嫌い、病院嫌いもいろいろあって、確信犯というか、こういう方もありますなあ。
.
 認知症の場合は難しい。当然、高齢化して常識も古いので、言わなければ分からない。自分の事は秘密にして置けば、家族にだって分からない……そのように内向されると、いよいよ困った事になってしまう。むろん判断が出来ない医師にかかると……
.
 未病も判断力のある医師に診てもらえば、樺沢氏の言われるように見抜かれます。だがそうでなかった場合はそうはならない。つまり、
「……これは糖尿だが、今、糖尿と診断すると大した儲けにならない。もう少し時間をおいて本当に糖尿になってから診断すれば……」


 そのような病院経営上の意図的な誤診というか、診断力はあるが人の悪い医師も絶対ないとは言えず……実は私が障害児になったのも、そのような医師にかかったからですが、そうなると、もう判りませんなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34067739

未病ありを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿