« 晩白柚 | メイン | 信仰 DIY4 »

2017年2月19日 (日)

Mr.ホームズ 映画

Mrh

 93才のホームズという。コナン・ドイルの原作にはない設定で、イアン・マッケラン80才が演じます。イアンは指輪シリーズでガンダルフを演じて有名になった、あの人。(別原作はあり)
.

 元はシェークスピア役者で、新プリズナー6でも村側のプリズナー2の演技も素晴らしかった。記憶の減退に悩み、目前の相手の名前も覚えられないという役です。
.

 年は取っても、この場合は老獪という訳にもいかない。老いは恐ろしいがコメディにもしてない。解決できず引退の原因となった事件に、再度いどむのだが、ボケは直った訳でなく……となれば推理も思うに任せない。
.

 もうワトスンはなく、自宅管理人の息子、まあ小学生は、ひ孫のような存在でしょうか? この子が助手役ですねえ。これでちょっと先が読めます。なぜなら老いの救いは孫というのが定番ですから……
.

 ホームズは蜂蜜を万能薬と考えてきたが、この頃は山椒に宗旨替えの意向があります。まず養蜂に絡んだミツバチ事件があります。山椒を買いに日本に行く話があって、ウメザキ(真田広之)が絡むウメザキ事件もあります。本件ほかこの2事件も連立方程式のように解かれる。
.

 本筋はアルモニカ殺人事件ともいうべき難事件です。夫の依頼で、ホームズが調べるうちに奥さんは自殺してしまう。奥さんが教わっていたのがアルモニカというガラス楽器です。自殺はアルモニカ講師の陰謀か?
.

 ホームズの存在意義は基本的に推理というお節介、いわば介護なのです。そういった物語なら広がる。だが機動力や動力は薄まる。可能性の追求あるいは簡略化、相反する方向でどうまとめるか。
.

 蜂蜜や山椒が老いの特効薬になるか。自分で自分が見れなくなる部分は管理してもらう他はないか。老人同士で問題を共有する形は展開がなかった。後期高齢は残念ながら空振り。
.

 衰える記憶にホームズは何を見るのか。記憶の確かなうちになすべきは何か。そういった哲学的な命題も明確化したかった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34039182

Mr.ホームズ 映画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿