« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月 4日 (土)

信仰DIY

Snep

 神は存在するか? そんな難しいことは分からない。私は子供の頃に障害者になった。障害児になった時、もう少し違う運命に変わりたいと思ったが、これについては変わらなかった。

 

 サンタクロースは、クリスマスに私の靴下におもちゃを入れ忘れ、次の年もその次の年にも忘れた。つまり幸運な子供にしかサンタはやって来ない。サンタは確かに存在するか? 詳しいことは知らない。

 

 信じる人の前で無神論を述べるほど、私は野暮ではない。幸福な人より不幸な人に、少し余計に親切でいたい。不幸が外側から見て分ればの話ですが……無作法は好きではない

 

 ちょっとした流儀にすぎない、それを偽善という人もある。確かに自己満足かもしれない。決まりとかつじつまとか、人にどうこうは言われたくない。つまり私の勝手です。

 

 メーテルリンクの青い鳥を文庫本で読んだ時に「一番ふこうな者になっているわ。そうすれば探すでしょう?」と女性が男にいう。男女は前世の恋人です。次の世に行っても別れ別れになりたくない。

 

 青い鳥は童話のように思われますが、大人が読んでも解らない例えが一杯ある。幸福と不幸について難解な問答も含まれます。ただ、この部分はキリスト教の夫婦が基本なのでしょう。

 

 不幸な印、意味深長なセリフですが大筋とのつながりはない。障害部位は上肢より下肢が目立ち、目より耳が軽い。平等という事もなく納得も出来づらく、互いに話合っても理解はいきません。

 

 仏教では出家といって家庭を捨てます。奥さん子供、両親のいる家を捨て修行する。釈迦は悟りを開きます。修行とは何か、いろいろの意味はありますが死に近づく。

 

 家庭は楽でしょ、そうではなく辛い思いを好んでする。釈迦は断食をやっている時に悟りが開けた。そういう風に言われます……別に釈迦に重ねる気はないのですが、私の一番長い入院は2年半になります。

 

 その間は家庭を離れました。基本的に一人です。股関節を切り刻んだりギブスに入ったり、考えようによっては死に近くなる。辛いので患者間では私に信仰を勧める人もあります。

 

 信仰、教えとは釈迦やキリストに聞いた事です。つまり本を読み呪文を唱える。そんなまだるい事をしないでも、似たような体験をするんだから、同じとはいかないまでも何分の一かでよい。直に悟れないものか。

 

ふとどきな考えかもしれません。つまり「 D.I.Y.」Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)で、「自身でやる」の意味。「DIY」の宗教版ですね。そう私などは思いました。この項、続く。

2017年2月 3日 (金)

甘納豆と極悪

Amana

「でん六の甘納豆」が安いので買う事にする。こういう物は私は食べない。食べないが、近所や友達には好きな人がいる。いわばお土産に買います。
.

 甘いのがお好きです。上げると大喜びされる……だが、ご本人もお食べにならない方がよろしい。糖尿、あるいはそれが近いからです。それを分かって上げる。私も人が悪い。
.

 世の中はひと通りでは通らない。甘納豆320gは約70円、同じ物をネットで調べると270円程度になる。賞味期限にはまだ20日ほどあり(あまりはない)ミックスに偏りがある。
.

 どこが悪いか、安い理由はよく分からない。私は食わないとは言っても丸っきり食べない訳にもいかない。毒味というか試食と言うかブログネタにというか。少し食べてみる。
.

 大きな袋の中は小分けの袋になっている。14~15gの子袋で小豆、ウグイス、金時、白花十六寸の4種がびっしり、なぜか金時が少ない。つまり偏る……だから安いのか? 違うようです。
.

 まあ、早く食べてと差し上げる分には可です。普段から「泳いでます」と言っている。2千mだの3千mだのと言っている。私はいっぺんしか言わないが伝言で、アチコチに知れてしまう。嘘ではないが嫌味です。
.

 友人には糖尿のケのある人やズバリ糖尿の人がある。食べ物は沢山食べないと、甘い物も特別は食べない。それでも糖尿になった……本人はそう言われる。
.

 だが体形から言葉を信じるには、ちと無理がある。こういうお菓子を上げるともらわれる。やっぱりかとは思う……やはり世の中はひと通りでは通らない。人間関係は円滑に進んだ方がよい。
.

 しかし麻生副首相とか、曽野綾子日本財団長とか、エライ人は「高齢者は早く死ぬべき」という。武田邦彦教授も男は50才以上は社会的に生きていても意味はない等、露骨な事をいう。
.

 それほど若くもない自分を棚に上げ、よく言えると思う。そこから比べれば挨拶に甘納豆を差し上げるくらい、それほど悪くないだろう。エライ人たちは自分で手本は示さず、他人にだけ90才は死ねとか80才は死ねという。
.

 下品というか厚かましいというか、いけ図々しい。ああいう人が幅を利かす世の中は住み難くい。げんに私は甘納豆を差し上げるくらいで肩身の狭い気がする。この一袋であの人の2、3日の寿命が縮むだろうか?
.

 死ね死ねと言われたら死ぬ死ぬと答える。死にます死にます。もうすぐ死にますト答えておく。もうすぐ。借金ではないから何日までと期限を切ることはない。長生きもいつかは死ぬに決まっている。
.

 もうすぐはもうすぐであり、90もすぐなら100もすぐ、いくらエライからと言って、まさか個別の催促もあるまい。あの人たちこそ、いい国を悪くする元凶ではないかと思う。
.

 いつの間にか甘納豆が国悪の話になる。