« 車検のコバック 熊本はません店 | メイン | 登山ばなし »

2017年1月10日 (火)

相談業務終了

Soudan

 相談ごとをカウンセリングと訳す。前からそれは知っていたが、今も違う気がする。なぜなら市役所の研修でもアドバイスはしないように指導された。
.

 そう言われても「アレどぎゃんすっと?」と電話口で聞かれる。極端な人は「ヨカ今から持って行くケン」と何とかしてほしい現物を持って来られる。
.

 最初から相談の範疇を外れる。傾聴なんて出来ないでしょう? アドバイスさえ越えて、人々は何とかして欲しい現実を抱える。
.

 便利屋さんじゃないのに便利屋扱いにされた、私が悪かった。そういう事か、昨日のニュースにこんな記事がありました。
.

 誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っている。ニューヨークの小学生、Ciro、チーロくんもそんな悩みを抱えていた経験がある。11歳の彼は学校でいじめを受けていた。
.

 人に相談することはとても大切なことと感じたCiroくんは、相談に乗ってあげる立場になろう、と決意。そして彼は、ブルックリンの地下鉄のホームで日曜日の12時から14時までの2時間、カウンセリングデスクを開くことにした
.

 段ボールに「EMOTIONAL ADVICE(心のお悩み相談)」と書いた看板を出し、Ciroくんは大人の相談に乗る。お悩み相談で一番多いのは「変化への恐れ」なんだとか。
.

 それについては、こうアドバイス。「僕たちは変化を受け入れなければいけない。人生はつねに変化しているんだ。それが何であれその変化に慣れるべきだし、過去を振り返って『今より良かったね』なんて言うのはやめるべきだよ」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34027910

相談業務終了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿