« 助手席のない車で | メイン | マネーモンスター 映画 »

2016年11月19日 (土)

トランプ一色

Toranp

 変化は納得できないト、日本での週刊誌もトランプさん一色で、その内容も今後への不安が書かれます。コンサバティブとは保守の事ですが、あまり使われない言葉です。

.
 リベラルは革新の意味で、これは時々ニュース用語で使われる。それよりニュースでは左右という言い方をします。右派左派は資本と共産のイデオロギー分類で、今では意味がない。
.
 コンサバとはキリスト教の神を信じる人の意味になってきたト説が出てます。世の中のことは、最終的に神様が采配して下さる。楽観的にというか「お任せすればいい」との主張です。リベラルとは神を信じない人たちを指します。
.
 科学はもともと神の存在を証明しようとの学問でしたが、どうも逆の方向に進んでしまった。科学的に世の中が明らかになるにつれ、どうも不都合を人間が采配しなければならなくなる。
.
 すると意見が合わない。リベラル派は自分たちで何とかしようト思う。コンサバは神に任せればいいと考える。トランプ大統領は共和党から立ち、一応はコンサバティブ、保守です。
.
 だが政治に理想を見る訳ではなく、口だけでキリスト教を信じる。実業家であってホントはお金を信じる。キレイな女性を見ると抱きつきたくなる……簡単にいうと私のような男です。
.
 つまりコンサバは看板、昔は民主党だったこともある。それをネトウヨが支持して、米国ではオルタナ右翼といいますが、ネット右翼とオルタナ右翼は似てます。感情的に昔の米国を願うのです。
.
 トランプ大統領は日本については古い認識しかなく、今後どんな政策を取るかは判らない。オバマさんとうまくやろうとした人は、オバマよりは愛想がいい、ト感想をもらしたそうな。
.
 かって頼みとしたオバマさんは思った成果を上げられなかった。オバマに比べればヒラリーさんはさらに粒が小さく、アメリカ国民はヤケクソになってトランプ支持した。
.
 どっちでもいいから米国を変えてくれ。奇跡を願い神を信じる言うのとは違うかも知れませんが、全体ではなく自分に都合のいいような政策を望むいう意味でトランプが巾を利かせた。日本は部外者でどうなるかは分かりません。
.
 私はリハビリで手いっぱい、何とか体調をいい将来に向けたい。「なるようになるさ、体は動かさず食べたい物を食べたいだけ食べる」同じ障害者でも成り行き任せ、刹那主義の人と私は意見が合いません。
.
 誰かに祈って健常者に成れる訳はなく、奇跡もあてに出来ない。それでも藁をもすがる。信じたい人の気持ちは分かる。別段、否定もしません。信仰のお勧めに応じないだけ……その意味ではリベラル派によく似ています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/34005394

トランプ一色を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿