« エンドルフィン効果 | メイン | ノア ~約束の舟~など 映画 »

2016年10月18日 (火)

第二印象の決定

Adera

 中年そして高齢者が「アデランス」をかぶらなくなったという。ではなぜカツラだったか? そもそもハゲは恥ずかしい、ハゲは恥だった……それがそうでなくなった。
.

まず男たちは秘密の内にかつらを被った。だがハゲて後の、秘密でないハゲ、かつらを隠せない人もいた。そこで綾小路きみまろ、松木安太郎さんなど、著名人が続々とカミングアウトした。あるいは事実を公開してのカツラをつけるようになった。
.

 すると比較の問題で隠さない、まんまの自分を受け入れる人も出てくる。有名人なのに金はあるのにカツラを付けない。そのまんま東、孫正義さんのイメージは強くなる。
.

 カツラと限りませんが強いのは事実です。それにハゲないのはある意味では不自然。そういう訳で薄毛男たちの「多少カネはかかっても、とにかくハゲを隠したい」といった劣等感が薄れつつある。
.

 そして前のようにはアデランスも売れなくなった。ハゲるのは判っているから折衷に帽子という手もある。若い時から帽子を愛用し、滑らかに戦略的に中年に入っていく。(菊地成孔さん)
.

 イメージとしてはカツラと同じだが、価格がカツラより帽子の方が安い。面倒さとしても似たような物だが、少しだけ緩和される。第一印象というものは大事だがそれほどでもない。
.

 強い事実は第一印象を修正する。私は自分の障害者印象をくつがえすために、カツラを買うより帽子を買うよりも、私は自分をアピールし続けなければならなかった。障害は恥ではない、私としては第二以降の印象を信じたい。
●日本のおじさんたちが、「アデランス」をかぶらなくなったワケ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000020-zdn_mkt-bus_all

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33976541

第二印象の決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿