« 差別されない権利 木村草太 | メイン | 羽の目的 »

2016年8月18日 (木)

HDDからSSDへ

Hhd

 HDDはハードディスクドライブの略だが、SSDは何の略だか知らない。スンゲースピードドライブの略などとギャグ化した人はいた。SSDでHDDのクローンを作ると、クローンはコピーの意味だがコピーとは作り方は違うらしい。
.

 SSDに代えるとパソコンは高速化する。なぜ高速化しなければならないか? ひとつの理由はゲームのため。次いで動画処理に使うため。またネットの使用のため……
.

 私の場合の必要は、中くらいになる。ゲームはやらない。動画処理もやらない。ネット速度はNTT局が近所のため、劣化に乏しく、必要ははっきり言って薄い。
.

 ただデスクトップパソコンは使用6年目に入る。ヒートしてのHDDの高熱化はこのところ50度台、前半に至る。危険領域である60度台には、まだ間がある。
.

 となればSSDの導入は遅らしてもいいかあ、そう考える。こういう物は半年遅らすと価格が下がり、一年遅らすとさらに下がる。プリンタインクの価格など純正から、中味インクだけの純正品へ。
.

 この5年間で価格は20分の1に下がった。最初は部数が欲しいとイオンにコピーを取りに行ったが、今年からは両面印刷にし、CDをかけて待つ。CD曲がろくにかからない内にプリントは出来上がる。
.

 HDDにはパソコンに温度ソフトを入れ、目下計測中です。日中など、あまり上がるとパソコンをシャットダウン、私も休んでしまう。これも夏八月だからの事、来月は秋の温度になる。
.

 つまり来来、来月は冬の温度になる。温度管理も易しくなる。すると半年後、もっと待てば1年後、SSDの価格は20分の1にはならないだろうが、下がる事に間違いがない。
.

 どうも発想が老人っぽい。いえ間違いなく私は老人ですから、これはこれで正しい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33912529

HDDからSSDへを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿