« マッケンジー体操 | メイン | コーヒードリッパー特集 »

2016年7月 8日 (金)

軽と普通車の格差

Sasae

 前回の続き、ふと気付く。この送迎車にはナビがない。スマホを代用するからだ。スマホは会社のものか? 個人のものか? どうでもいい疑問が広がる。大昔、私はアイを買った時、ナビは付けなかった。


.

 同じ頃に友人は、ナビを付けてグレイの軽を買った。私のアイは外車なみに注目を浴びたが、友人のグレイは地味だった。グレイには純正のナビが付き、両車はほとんど同じ値段だったという。

.

 そのうちナビも付けるつもりはつもりだった。毎年数万ずつ安くなるのを面白がって、結局、私は付けなかった。パソコンで目的地を探してから出かける癖がつき、ナビの需要そのものが無かった。替インクの安いプリンタも買ったし……

.

Syakyo_edited


 ナビを頼りに知らない街に出かける、友人はそんな性格ではなかった。古くなったナビでは新しい店が映らない。ソフトの更新料が高く、買い替えが出来る程という。つまりグレイのナビは使わない内に意味を無くしたらしい。

.

 普通車より早い軽もあれば、軽より小さい普通車もある。軽、普通では物事は決まらない。そこは判っている。私はこだわらない。だが一つの疑問は、この送迎車が普通車を相手に事故った場合、厄介なコトにならないか?

.

 実はそれも体験がある。アイでの事故ではなく軽の代車で、つまり新型の軽で陸橋の上にさしかかった時、従ってスピードはなく、前の車がやや左側を走る。かと思うと右側によって走る。どちらにしろ片側に寄り、嫌な感じがした。

.

 それでブレーキを踏んだ。後ろはトヨタ車で、そのまた後ろもトヨタ車で、玉突きにヤラれた。むち打ち程の事故ではなく、私の責任も少なく、後は保険会社同志の話合いになった。むろん私個人の賠償は何もなかった。

.

 先方が普通車で、私の方が軽だった事はひびいた。事故は軽かったが代車はグッシャリとやられた。それでも嫌なイメージは残った。そういった場合を考えるとだが、車は事故ってから大きい方が有利になる。

.

 福祉費用は上げられない。日本の経済上の失敗は、そういう風にもひびいている。この先もなお、ひび割れは深まり広がって行くだろう。この責任は政治家や大企業に大きいが、小市民が義務で穴を埋めさせられる。

.

 熊本の市長がどんな車に乗っているか? 知事がどんな車に乗っているか。私は見たい。舛添さんと、どれほど違う車に乗るかが見たい。私を普通車で、あるいはバスで送迎せよトか、そんな事を言っているのではない。

●画像はササエリアの事務所と社会福祉協議会のビル、これまた軽と普通車のように違う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33877651

軽と普通車の格差を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿