« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月15日 (日)

諸田由利子ピアノ・リサイタル

Morota

 諸田由利子さんのピアノ音は一発で判る。最初の一音と次の一音に有機的な結びつき、つながりが強く、音の連なりは次の音までも重なる。

.

 ピアノ音のひとつづつが、単語か文章になりそうな勢いで起き上がる。だが音には単語のような輪郭、形象はない。音と音が絡みあって木になったり動物の影や、人の感情になったり出来ない。当り前です。

.

 シューベルトの音は恋愛感情を超え、人の命の限りを表現し、たとえばだが自分の運命を予感し、何か予め判っていたらしい……それは言語を超えた言葉で語らねばならなく簡単ではない。

.

 私は今度の震災で2度、家具の下から這い出した。深い傷はなく命の危機も無論なく、ただ無意味に無事だった。そういう意味では諸田の演奏の方が随分とシューベルトの晩年を感じさせる。

.

 死に損なった体験にはシューベルトはよく写る。「魔王」とか「冬の旅」とか「死と乙女」の表題が、不吉に絡むせいなのか。もう冗談も言わなくていい開放感からか……シューベルトは予め何か知っていたと思う他はない。

.

 諸田に似たピアニストを知っている。あのピアニストのピアニズムも有機性が高い。ピアニストは元声楽家だった。若い頃に転向し、声楽の素養から書いたような言語力を会得したか……以降はピアノをやるのだが、先日YOUTUBEで彼女を見て驚いた。

.

 内田光子さんは今、タクト、指揮棒を持ってオケを指揮している。昔「芸術劇場」で、内田は延々と自己演奏の解説をやった。30分近く、もう演奏やらないかと思った時、演奏に入った。録音で内田の解説を何度も聞いたが、意味はさっぱり判らなかった。

.

 去年のクラシックコンサートで一楽章と二楽章の間で拍手が起った。そして三楽章の前にも……コンサートの聞き方のレベルが低下した。クラシック演奏家がトークで客をリードするのも、らしくないと言えなくなった。

.

 諸田も長い解説を行った。ストレプトマイシンにやられた私の耳は殆ど聞こえない。曲目と解説はさらにプログラムでも念入りに行われており、誤解も出来ない強い調子の内田にやはり似ていた。

.

 諸田本人に聞いた。新しいCDは出ていない。あの勢いではCDの録音の前に、音楽論かピアノ論か作曲家論の著作を出しそうに見えた。たとえば死ぬ前のシューベルトは何を予感したかトカ? ホラー・シューベルトの執筆にさえ乗り出しそうな……

.

 今夜の地震は3から4にかける。すっかり地震恐怖症、および地震不眠症です。ラジオで確認しなくても体感で震度が計れる。だが明け方近い時間に、今だけはせめて眠りたい気がする。

.

 話が妄想じみてきた。この稿もそろそろオチにしたい。諸田もいつかタクトを持ちオーケストラを従えるように、ピアノコンチェルトを弾くのだろうか。女性は怖い、男の誰も出来ない演奏形態を実現させる。

.

教育委員会は熊本地震で被災した子供の心身への影響を調べるため、市立小中学校でアンケート調査し、心のケアを必要と認めた。そのような児童・生徒は3・5%に上ると発表している。ケアとはカウンセリングのみか、あるいは薬物の処方を伴うのか、私は知らない。もし薬物治療がありうるとすれば、音楽療法もありうる訳で、シューベルトの楽曲の効果も考えられます。

●ピアノソナタ 第20番  D.959 イ長調 https://www.youtube.com/watch?v=EClFYa3APA8

2016年5月14日 (土)

ろか布 ハリオFS-103

Photo

 温度計もタジン鍋も地震で割れ、またヒビが入ってしまう。ヤマ勘と指の感触で63度を計るがアテにならない。タジン鍋のほうはカタクリ粉を茹でたらヒビ割れが埋まって、何とか湯もれが止まった。

.

 ハリオにFS-103というサイフォン用ろか布がある。これを2枚に重ね縫ってドリッパーにセットすると一人だて、布ドリップになる。正直いうとこれは小さいのだが、赤ちゃん用手袋を使っても靴下を使っても、ここの自由にならない。

.

 まして紙フィルターはコーヒーが薄くなり、もっと自由にならない。国外のドリッパー使い方を見て、それからフレーバーコーヒーのyoutube放送を見た。フレーバーは基本で松屋式をやる。

.

 松屋式はろ紙で、ほとんどリムのないドリッパーを使う。むろん紙で……リムがコーヒー液の表面張力を壊し、ポットに落ちる時間を早くすると、そう考える。紙で使う限り次点でコーノ式がすぐれ、むろん松屋式が一番すぐれると信じる。だが客観的には、そうとは限らない。

.

 ストレートには言わず、そう解説する。紙の中のコーヒー粉に穴をあけ蒸らすいうか、ドリップ紙の中のコーヒー粉に穴を作っておいて湯をかける。蒸らすといって一湯目の後に3分の時間を置く……本で読んだ時には、ここに関心を持たなかったが。

.

 ドリッパーの中の温度は実際は下がるのではないか? コーヒー粉に穴をあけた効果もどれほどの物か? 松屋式ではかなりの量の荒挽き粉を使い、コーヒーが濃すぎる分を後で湯で埋める? それやこれやに関心を引かれた。 

.

 ところが純粋の松屋式では、4人分立ておいて出す時に一人分ずつ温め直す。湯温度は80度から75度に下がる場面があって、つまり私の、hata式に近い部分もある。hata式では63~70度で滲出後に、タジン鍋で温度を上げる。この時に遠赤効果を取り込む。

.

 コーノ式は使っていくと熱で細かいひび割れが入る。ここから液が染み、コーヒー渋になって、跡は黒くこびりつく様になる。アクリル材の劣化は必ずおき、出来たクラックは、ますます酷くなる。

.

 色を問わずアクリル材に、この現象はある。明らかに改善が必要だが、コーノ社はそのまま気に置いている。私は気にしてハリオに変えた……変えた理由をいえばそうなる。

●フレーバー放送局 https://www.youtube.com/user/flavorcoffee240

2016年5月12日 (木)

ソロモンの偽証 映画

Soromon

「ソロモンの偽証」を見ます。前後編の大作だがこれも流行で、それほどでもないのか? 完全な娯楽作ですからハッピーエンドに決まってます。

.

 熊本で地震が起きるなんて誰も思ってなかった。熊本城が瓦礫と化すなんて……商店街は寄付金を集め、立て直す言ってますが、現実には商店街で出来る金額じゃない。市長といえども赤札を貼るしかない。

.

 登場人物の半分は中学生で(役者年齢はもっと上)予算を食いそうなシーンはない。いじめを苦に自殺する中学生には、精巧なデスマスクを作ったが結局、使われず。本人が演じたそうな……

.

 むろんビルが倒れるシーンもヘリの飛ぶシーンもない。学校を脅し、生徒が校内裁判を開くシーンが最大の見場となる。そんなバカな言われても、そういう噂を作者が聞きつけ、この小説を着想したという。

.

 事実かどうかは問題にならない。宮部みゆきさんのミステリ熱に、それでスイッチが入った。少女の足の裏が、少年に母を連想させれば恋愛は始まる。そんな物です。いじめならもっと簡単な動機で始まる。

.

 映画の冒頭、主人公は成人して教師となって出身中学校に帰って来る。つまりハッピーエンドは約束されている。それでも不安で仕方がない人はいるらしい……私が中学生の時「悲しみよ、こんにちは」がTVで邦訳ドラマになったが……

.

 タイトルはすでに悲劇を連想させる。現実は思い通りに行かない。すべての人に愛される訳にもいかない……前向き、ポジティブ思考や褒めて育てる教育流儀は挫折も早く、行詰まるとニュースになります。

.

 もっとも、すでにそう育てられた子は、自分を切替える訳にも行かないのだろう。そうは行かない現実を、そう信じる事でスタートを切る。つまりアンハッピーエンドは約束されている。

.

 ソロモンは知恵者のことです。偽証は嘘の証言を意味する。ラスト裁判で誰かが嘘をつく、ないしは自分に都合のいい事をいう……確当者は誰でしょう?

.

 設定して書いて行っても、小説ですからそうならない事もあります。宮部さんもそうならなかったか? だからとタイトル変えるにしたって、これ以上、魅惑的なタイトルを思いつかない事も、ありますねえ。 

2016年5月11日 (水)

コーヒードリッパー

Hario1

 コーヒーは紙ではなく、サイフォン用の布を使って一杯分入れる。トするとドリッパーはハリタかコーノに限られ、構造的にメリタやカリタは使えない。

.

 今までコーノのドリッパーを使っていたが地震で割れた。ハリオを使ってみたくなって仕入れる。材料はポリプロピレンだが、赤色の質感はそうは見えない。

.

 デザインがキレイで2007年グッドデザインを受賞した。透明もいいが、食堂や食器は赤に効果がある。心理学的に食欲をそそる。臙脂に近い赤色の出し方にもセンスがある。

Kami

.

 2杯分と4杯分とあるが一杯条件で、当然、前者になる。4杯分は湯の通りが早くなる。サラッととおしたければ紙ドリップでもいい。カリタドリップ紙は4杯分一枚を2枚に裂き、上下を逆に、こう折っても一杯紙になる。

.

 まあ、ああでもないこうでもない、と試行錯誤しないと決定版にならない訳だが、凝るのもほどほどに国外はこのように、かなり大雑把です。最後にスプーン突っ込んで混ぜちゃう。

https://www.youtube.com/watch?v=MMMcfnQR5Js

2016年5月 3日 (火)

カニヤの乾パン

Kanpan

 乾パンには馴染みがある。それは被災の前にもカニヤの乾パンを何度か食べた。だが最初の乾パンが思い出せない。
.

 小学校で給食に出た気もするが明確ではない。あいまいな記憶をたどり、噛みしめると乾パンは不思議な味がする。
.

 この災害の故ではなく、私の場合はその前に郷愁がある。泣きたいような郷愁と、この災害の悲しみを混ぜこぜに、乾パンを食っていくと、悲しみは感傷の分だけ甘い。

.
 それでも乾パンは非常食で、賞味期限が来る前にとか急いで食べられる。係担当者は大量に急いで食べる。その時の為の料理法というか、工夫がカニヤのホームページに書いてある。
.

 細かくしてシリアルにとか、味噌汁の具にまでは一般的だが、マヨネーズをつけて酒の肴いう人がある。特にカマンベールと合わせてワインのあてト言われると恐れ入る。
.

 哀しみは簡単に笑みに代わり、やがて大笑いのネタになる。しかし避難所で大笑いは不謹慎です。いや、そうでもないのか?

2016年5月 2日 (月)

ネトウヨ

Tabogami

 感情のない人はいないし、全く感情のない話をしても仕方がない。かと言って感情だけでも困る。ネット右翼にも関心はあった。右翼の主張の根拠には何かあるト思っていた。
.


 結論からいうと今のところ何もないらしい。在特会も田母神俊雄さんも、簡単に下火になってしまった。むろん主張の根拠は見えないまま。昔、全共闘が日共にも対立して見えた時、結局、何もなかった。どちらも共産主義として未だに同じに見る方があるが……
.

 エラくなり有名になりたかった人と思う。エラくなると言うのと偉くなるのは違う。ある実態、本物ならそれなり根拠を伴う物だが、全共闘からも何も出てない。
.

 金閣寺の登場人物は、つまり三島由紀夫本人にもなるが……生きていく方針が立たない。根拠を日本という国に求めるが、何も得られない。金閣寺はそういう小説です。
.

 身障者は健常者にはなれない。では身障者という方針が立つか? むろん立たない。金閣寺には身障者も出てきて、ああだこうだ言う。この身障者も三島の分身です。
.

 その、ああだこうだは単にヘ理屈で内容がない。これは「豊饒の海」まで持ち越されますが、結論はほぼ同じだった。そう私は読みます。
.

 政治家になれば、いえ都知事になれば何か出来る。そういうと、もっともそうですが、そういう人は都知事にならなくても何かは出来ます。都知事選を健闘して最下位、しかし最下位は最下位だった。
.

 悪あがきと取るべきです。三島の「春の雪」は望んで取れなかったノーベル文学賞へのオマージュとする説があります。もしノーベル賞が取れていれば……
.

 私は同じと考えます。サルトルはノーベル賞候補になって、それを断っています。代わってカミユが受ける訳ですが、時代の流れの大筋は変わっていない。
.

 実存主義を有名にしたのはフランソワーズ・サガンでありアメリカン・ニューシネマです。サルトルやボーボワール、カミユでは難しすぎる。判らないでしょ?
.

「悲しみよこんにちは」とか「異邦人」映画でいいから観て下さい。異邦人は歌謡曲じゃダメですからね。ポイントの一つは死です。とはいえ本当の死は体験できません。死に近いのは失恋です。三島も「春の雪」で失恋を取り上げた理由は、そこでしょう。三島は失恋でない得恋としては「潮騒」を書いています。
.

 恋は感情、いつか冷めます。ある日、子供が出来、もう娘でなくなった女性が目前に立っている。すると男も、もう観念するしかないです。古女房と別れて、いい年をして別な恋愛を夢見る男もありますが……
.

 何度くり返しても、まあ結果は似たり寄ったりでしょうナ。つまり田母神の夢もそうです。夢破れてズタズタになって住む、感じる世界に一つ現実がある。健常者が身障になって、あるべき体を失って見える世界がある。
.

 死に半分はありませんが、3分の1や4分の1の死が体験できるトするなら、それは障害、身体障害のような物になりはしないか? 私はそのように考えます。今日の感情を失った在特会や田母神にも、生きていれば明日がやって来ます。

2016年5月 1日 (日)

贖罪 2

Syokuzai2第3回、安藤サクラさん、晶子にはクマの仇名がついている。晶子は男に縁のないノーッと大きい女です。兄妹仲は普通に見えるが、兄嫁の連れ娘(晶子とは血がつながらない)から妙な訴えを聞く。晶子は兄と義理の娘の間を疑う。

 

当然、視聴者である私たちも疑います……ある日、晶子に兄嫁がオシャレな服を渡し、化粧を施すと晶子はクマではなくなってしまう。美しいとは言えないまでもセックスアピールの強く感じられる、女の子に見えてしまう。

 

 

晶子をクマと仇名したのは母親で「お前はそのままでいい」クマのままでいいというのは兄ですが……ハラスメントではないか?……ト感じさせます。家族の一員でいては必ずしも、人は正当に評価されない時がある。

 

 

兄を演じるのは加瀬亮さん、有望新人の安藤さんと絶妙の「クマの兄妹」を演じます。しかし人の存在は何かを演じることか、役割は振られるものか? 無意識から意識される物への移行はどう行われる物か? 昨日書いた問題が出て来ます。

 

 

両親と縁の薄かった人は人間関係に不器用で、異性の兄弟姉妹に縁のなかった人も、縁のあった人に比べればコミニュケーション力に不器用を抱える。なぜそんな力が必要か、むろん外に向って性的な関係を築くためにです。

 

 

以上の事を考えさせた3回目です。私はそう考えが、3回目は判ったような判らない回で、少なくとも娯楽ドラマとしては失敗です。「カラマーゾフの兄弟」もグッドドラマネットで見ますが、「カラマーゾフ」になると話はもっと単純です。

 

 

人は家庭から教会へ、原作「カラマーゾフ」で人を支えるのはキリスト教です。母を死に追い込んだ父と、どう対決するかいう時に兄弟は困ってしまう。つまり外国でも親と別れ、異性と家を築く、個の自立には宗教、上司が指導者になる。

 

 

ドラマ「カラマーゾフ」は昔の男の自立を書き、贖罪は今の女性の自立を書きます。4話では自立しきれない妹は、姉の夫を共有しようとする。親が出てこれない場面、女性の指導者は占師でしょう。またコミュニズムが流行ったようにジェンダーが流行っている。

 

 

不安を抱えた心にはイズムが必要で、そういう意味では神父も占師もコミュニズムもジェンダーも同じ意味を持ちます。主義は主張、支え、つっかえ棒、ステッキ、私の杖でしょう。言葉が悪いから大きな声では言えません。

 

 

夢と判って見ている夢のようにドラマは進行します。リアリティがあるようなないような……意識と無意識のあわいで、罪に問えるような問えないような……姉の筆箱の中の消しゴムを狙っている妹の話、トいった風情で4回目になります。(以下次回)

 

 ●「カラマーゾフの兄弟」グッドラマネットは怪しいので推薦できません。

贖罪 3

Syokuzai2 英語の早期教育が話題になっています。昨日のTBSラジオ「セッション22」でテーマになり、英語力と発言力は違うのに混同されてるト結論が出ます。習得の前に強く理解したい、あるいは強く発言したい思いがある。

 

 

動機付けが不足して、理解できなければ仕方がない。無理して言う事でもないトの余裕が原因ではないか? そう、ひとつの結論が出ます。新型の消しゴムが欲しいが「まだ使えるじゃないか」と親には言われてしまう。

 

 

母国語獲得と同時期に外国語を習うと、両国語とも習得できる可能性が言われます。その可能性はあるが両国語とも獲得できない、そっちの可能性もある……悲劇の場合は検討されてない。日本も豊かになりましたから、消しゴムの2つや3つに親も言わないが……

 

 

ここからが昨日の続きです。池脇千鶴さん、由佳は店長と寝て、寝た事をネタに支店を任されます。これは正当な自立ではない訳ですが、うるさく言わなければ見た目は立派な自立に見える。由香には男がいない。厳しく言うと作れないのです。

 

 

兄妹姉弟があると早くから異性文化に浴せます。たとえば男のマンガと女性マンガは文法が違うのです。あまり男マンガに慣れ切らないうちに女性マンガも読まないと、マンガのバイリンガルに成れません。(BSマンガ夜話で出た説)

 

 

学生時代にガールフレンドのいなかった男のファッションはズレてて、ボーイフレンドのいなかった女性は突っ込んだ話題には弱い。両者間の文化差はセックスだけではない訳です……とは言うものの、好きな子に好きという、意思表示できる語学力も必要な訳です。

 

 

再び本題にもどって、姉には子供が出来ない事を盾に、由香は姉の夫とも寝てしまう。池脇さんが演じてるから判りませんが、由香はもっと正面から男を引っ掛けてくる力はないト私は見ます。一方「カラマーゾフ」では次男がガールフレンドを、長男に取られます。

 

 

長男の場合、おおらかいうか。もっぱら無意識を使って、女性にアピールしている。ドラマの中では強いアピールがあったト解釈されます。由香の意識的なアピールとは違う。同じいう人もあるでしょうが、私には由香は意図的、意識的に作戦を取って見えます。

 

 

まあ、その辺は細かく言わないで、潜在意識を使ったり表面意識を使ったりして、他者とコミニケートする力が必要です。どうやって2者関係に持っていくか、あるいは3角関係に持っていくか……その力が問われる訳です。

 

 

人間関係の基本は本能よりは、親との関係から学ばれるのではないか? フロイト型のエディプスコンプレックスとユング型のエレクトラコンプレックスがあって、どちらかいうと無意識に行われる。どちらかいうと意識的に行われる。そういう差がある気がします。 

 

女性に後者が多くないか、ト私は思います。ドラマはラスト5回目も引き続き3角関係の展開になります。だがこれで事件の謎は解けているかどうか? 偶然に頼りすぎ、トリックで後味が悪くなる。後味については他にも原因があって……本、読みたくなりません。

 

 誰かの演技力いうより異質な物を信じない構造、マイナス感情しか共感できない。神には祈れないが悪魔になら祈れる。よくある主張ですが創造的ではない、ここまで悪い方にだけ引っ張ると人間的でもない。この点は原作も含めシナリオ自体が弱い気がします。(完)

贖罪 映画

Syokuzaiグッドドラマネットで「贖罪」を見ます。黒沢清監督で主演が蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、小泉今日子さん、女優だけでも物凄いキャストで、軽くドラマ粋を越える。

 

 

原作は湊かなえさん、ドラマは5回連続だが、再編集され3部作の映画版もある。私はここでネタバレで書くか迷います。微妙なのですが今日のところはバラしません。続編はどうか、見てない人は読まないで下さい。

 

 

女性心理は男のものと違う気がします。たとえば迷うという優柔不断は男のもので、女性に迷いは無関係でしょう。これを指してマザコンと言われます。マザコンはかなりのイケメンでも、女性に許してもらえない。

 

 

この心理を発見したのはフロイトで、有名なエディプス・コンプレックスといいます。父を殺し、母とは知らず母と結婚する話です。女性の心理は違うのではないか? フロイトは男も女性も同じと考えてました。

 

 

そのフロイトに少し遅れ、ユングがエレクトラ・コンプレックスという心理を発見します。女性と男は微妙に違うと言い出す。エディプスとエレクトラの2つの心理原理はどう違うか……ここが問題です。要点を絞ります。

 

 

エレコンは、娘が母親に対抗意識を燃やし、父の愛を獲得しようとすること。だが重点は、父からの獲得より、母への対抗にウエイトがかかる。知らずに結婚なんてものではなく、かなり意識化された心となる。エディプスは父母と知らずに行動した。

 

 

そこに違いがある。男のマザコンが全部とは言わないが潜在意識下にウエイトがある。比較するとだが、エレコンは少なくともある程度、表面化された意識で行われる。エディプス、エレクトラの原典によるとそうなります。

この原典も心理学からの発見前からあった訳で、こじつけ言えばそれはこじつけになります。男女は全く同じはず、いや同じでなければならない……そういう立場に立つとすれば、それは差は無くなります。

 

 

意識の表面化を少しと言うか、ある程度と言うか、かなりと言うか、明瞭にと言うかは意見が分かれるでしょう。意識が物事を判断し行動に移す時、そういう意味で男女差が生まれる。男女差については一般にDNAレベルの違いや、脳の構造差もいわれます。

 

 

法律上はほぼ同じだが、結婚の権利にも年齢差があり、全くの同じではない。認識は無意識から意識の表面に移行していく、そうに違いない。男女が同じと考えるのは便宜的なもの、あるいは差別でしょう。

 

 

ともあれ無意識から意識へ、およその移行の様をリレー式につなぐと、ドラマの連続部分になる。蒼井優さん、紗英は幼女ではないが、初潮がないという意味で幼女に当たる。性交という意味もなく、蒼井さんは男にみつめられる事で成長する。

 

 

次の段階の女を演じるのは小池栄子さん、真紀は同僚の男を言葉のやり取りで評価され、紗英より意識的に成長します。しかし同僚の嫉妬という壁にあたる。業績が上がれば嫉妬の壁にあたる。そのこと自体は同じだが、男女差で現象の違いは大きくないか。

 

 

この点では小説は漠然とします。実験室で試験管を使って実験してみる訳には行かないのです。嫉妬は差別につながり、やがてイジメの問題にもつながっていく。蒼井さんは美貌の女優で、小池さんは個性派の女優です。

 

 

その個性差によってドラマテーマも浮かび上がってくる訳です。原作は女性ですが映画の監督は男、偏見はそれぞれにあるでしょう。むろん私にもある。仕方がないし、それでも述べ合っていく事に面白味がある……そういうところでしょう。(以下次回)

 ●「贖罪」本編 グッドラマネットは怪しいので推薦できません。

サバイバル・パン

Sabai

 備蓄保存用のサバイバルパンを食べる。5年保存とあるパンの缶詰です。最近のパンの傾向は知っています。パンというよりケーキに近いのです。

.

 山崎の「ふんわり食パン」のパン生地が、カナダの学生に「ケーキのようなパン。カナダにはないよ」と褒められた。別途に同社には「パンDEケーキ」とのシリーズがある。

.

 外装はクッキー生地や粉糖が塗され、中にホイップクリームが充填される。ある意味でケーキより凝った作りです。価格は250円弱、ケーキ屋が逃げ出しそうなパンです。

.

Pande

 チョコチップ入りという缶の写真は、茶色パラフィンに包まれ、まあケーキ状に見えます。まさか「パンDEケーキ」では……

.

 缶を開けると写真どうりチョコレートが匂い、ケーキパンが2個入っている。飲み物があるかないか判らない現場を想定し、水なしでも食べられる。悪くありません。

.

 ボランティアでなくて被災側で、まだ余裕にある私などは恐縮してしまう。それほどの仕上がりです。ネットでは価格450円が売り切れ状態、災害のさ中にあればそんな物と納得する。

.

 何事もなければ250円のパンdekeケーキは、やがて売れ残り130円になってしまう。いい物が豊富に、つい食い過ぎる。あるいは太るほどにある……すると私などつい複雑な感慨に落ちてしまう。