« 避難生活 | メイン | 独居生活 »

2016年5月27日 (金)

ワード2016は使えるか?

Word16

 ワード2016はどんな風に使えるか? どれだけ人の役にたてるか判らないが、リポートします。文書形式が新しくDOCXとなります。DOC形式も読込みはするが、DOCでの書き出しは出来ない。つまり一つトリックがあります。

.

 たとえば雑誌の記事のテンプレート、雛形をCDロムやネットから読み込む。勉強に使う場合も、古いオフィスではどうにもならない。たとえば「長文むけ機能で防災の手引を仕上げる」という記事が「日経PC21」3月号にある。

.

 日経PC21を図書館で借りてくれば、一人で新ワードのお勉強も出来ます。雑誌記事はA4用紙で8ページ、内容は薄いのを、表紙その他でふくらしたモノです。その「防災準備の手引書」を作る。マンション管理人か、管理人組合用の雛形書類で、個人では使わない。

.

 かけはしは1号分に使う原稿は約50枚ちょい、掛ける400字ほどの文字を扱う。A4の4ページ立てに、写真などの画像を加えると旧ワードの処理力は、ほぼ一杯いっぱい。ワード16になって余裕があればト思う。

.

「防災の手引」は書面内容で言えば、電池とトランジスタラジオの必需が抜けてる。まあ書き足せばいいようなモノの内容は辻褄あわせ、やはり薄い。ワード16それ自体に、名刺作りの雛形があります。これは役に立つのか?

.

 これまで筆王付属の雛形で、私は相談員名刺を作りました。むろんカラーの、カレンダー裏に印刷しただけのモノで、でも、この名刺には写真を組込んでいます。市の相談員証は最後までモノクロで、写真も入らなかった。大きな声で言えないが、熊本市役所は予算を渋ったか作り方を知らなかったか?

.

 私も在任中に何度か申し上げたが、お取り上げがなかった。そういう意味では証明書より立派な名刺です。でワード16の名刺雛形はカラーではあるが、写真は入らない。私がいじった限りでは……ワード16の機能も古い需要から作られた?

.

 役所や会社、組織は保守的で、通り一片に終わりがち。それなりにまとまりデザインがキレイであればいい。書面形式だけが変わり、相互通用しなくなる事だけを狙うのか? それで大昔の年賀状ソフトも越えられない。

.

 年賀状ソフトも昔は何年も使い回せた。最近は翌年に対応しない。そういう風に作られる。新しいのを売らないと社が持たないのです……名刺雛形がついた筆王? これ98年のhpプリンタについて来たオマケですね。

.

 確かにワード16では2つのプリンタの切り替え、4ページ立ての「かけはし」から任意の1ページを指定印刷したり、あるいは2ページ分を両面印刷とか操作がなめらか。そういう意味では向上しています。

.

 これで長文むきソフトと言えるか? 買替えの必要性は高いか? 一般の人には薄いような気がします、まだ半信半疑のままです。

●Wordで名刺を作る 出来ますねえ。そしてイラスト部分に写真を入れる。この他にもワード講習はyoutubeに色々があります。

https://www.youtube.com/watch?v=t6OsC2siR3k

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33837901

ワード2016は使えるか?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿