« 気にさわったらゴメン | メイン | サバイバル・パン »

2016年4月24日 (日)

雀は黙々として

 よく知られたのはイオンの10円おにぎりです。問題は賞味期限でなく閉店数が多く、運ばれた数を捌けなかったからだが……この理由は後で判る。当初はびっくり。

.

 取りようによれば美談にもスキャンダルにもなりかねない。物事には両面があるが先に思いつくのは片方です。ある程度、進行してから別な考えに至る。予めのブレーキはない。

.

 スタンドに割り込んだTV局のクルマはなかったトいう。ケータイで撮られた写真があったはずでは、思うが、TV局も謝罪したのにアレは何だったか?(テレビ局が燃料をスタンドに預けただけ)

.

 支援の自衛隊員が隠れるように冷たいカレーを食べる……そこまでヤらなくても、真相はしれない。こういう自体になると支援する人の映像もよく出る。そしてアラ映像も写る。

.

 目につく絵が目をつく。瓦の落ちた熊本城はインパクトがあったが、19日に日本財団(ボートレース)から熊本城だけで30億円寄付が申し入れられる。ありがたいような、もっと後でいいような話です。(全体は90億余)

.

 こういう話にもコメントをつけない方が無難です。熊本城は、くまモンと同じでファンが多い。誤解される可能性も高い。たとえばくまモンと同じにするな苦情が予想される。

.

 冷たいカレーをたべる人があるのであれば、コーヒーを入れて差し上げたいが、避難される方はさわらないが、自衛隊員に上げるとさわりそう。まして隊員に変な質問などすると、ややこしい事になる。

.

 正確は図らねばならないが正確は動機にならない。エネルギーは好奇心から湧いてくる。意図が善意か悪意かも、出して見なければよくは判らない。ためらい、またためらう。収まらない好奇心が行動になる。

.

 前から身障者なので困った事には慣れている。身障と地震は違うが困ったことに違いはない。それは涙になったり笑いになったりする。少し距離をもって見れば判るか?

.

 やっぱり判らないのか? 未明の朝が明けていく。市内にあれほど居たカラスがいない。最初の地震から一羽も見ない、声すら聞かない。雀はいる。見ていると軒先から飛び出した。

.

 いったん道路に降り、それから遠く飛び立つ。巣の存在をカラスなどに見破られない為の防衛行為です。軒先に雀が子を育てる。自然の中では雀の子の存在は小さく……地震の存在すら小さい。

.

 朝の中で人の思いも些細でしかない。古い城の地に落ちた瓦にも、コップ一杯のコーヒーにも、朝は始まり時は過ぎて行く。昼に向かって夜に向かって、そしてまた朝に向かって。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33805877

雀は黙々としてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿