« 全身からだ革命 本 | メイン | フルーツビネガー・スパークリング »

2016年4月 7日 (木)

本との事情

Hon

 さて「草刈メソッド DVD&BOOK」と「全身からだ革命」とは提携関係にある。だがツタヤに草刈メソッドのレンタルはない。かといって図書館では、あったとしても付属CDやDVDは貸出さない。

.

 草刈本に限らす、最近は本が売れないと言われる。ただし日本人が本を読まなくなったトいう事実はない。なぜなら図書館の貸出が増え、ブックオフ等の中古本はよく売れている。

.

 いや全体の総決算で厳密に、日本人の読書量は増えたのか、減ったのか? 質的に上がったのか落ちたのか? 興味ぶかいがこれに応える確かなデータは実は何もない。

.

 書店で見かけ興味を持っても簡単には買わない。ネットで図書館の蔵書を調べ、ツタヤに関係DVDがないかどうか調べる。ベストセラーになりそうな本はブックオフに来るまで待つ。

.

 私がやりそうな事なら誰でもやる。しかしブックオフも、最近は簡単に100円本は出さず、200円本にして一旦、価格ダウンを止める。テキもサルもの引っ掻くモノですなあ。

.

 本屋が次々閉店し、撤退する中、最近オープンした本屋がある。正確には再オープンというべきか? 中央区新町の長崎次郎書店です。同店は20年ほど店を閉めていた。

.

 店舗を書店と喫茶店に分けてオープンした。書店としてだけ見れば縮小にはなるが、まあ立派なもんです。試しに寄ってみると、若い女性が2人、取り仕切っておられる。

.

 看板娘という。親父を過ぎたジジイが店の奥から老眼鏡でにらんでいる店は繁盛しない。看板娘が客の間をすり抜ける店は……その反対になる。経営術です。こういった記載はあまり露骨に書くとセクハラになる……かあ?

.

 出版社も出版社です。1冊で済む本を、字の少ない妙にスカスカした2冊に分ける。ちょっと金利事情が匂う。私はそれで草刈本は買わないト方針を立てます。

.

 内容のないベストセラーは読まない。本当に必要な本を選ぶ。読み手も厳しさが問われる。数年で10冊20冊出すような著者もあるのですから、当然な自己防衛です。

.

 著者は何十冊も休みなく出しておいてベストセラーがないトご不満です。あれは一人で書くのではなく、データマンという下調べが何人もあり、情報を蓄積します。著者がまとめて最終稿になる。注目すべきはキーワード。

.

 まあ金が敵の世の中です。仕方がないと言えばない……本日のオチは「全身からだ革命」の、インナーマッスルというキーワードにあります。体幹を鍛えるとも言います。これは流行語になっている。

.

「体幹」や「インナーマッスル」をyoutubeで検索すると、おそらく「草刈メソッド」に出された内容が映像になって出てくる。なるほどウーン、こういう事か。

.

●インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!  http://deepmuscle.info/basic/31/

アスリートでなくとも一般人にとっても、体幹を鍛えることは大切です。姿勢がよくなるだけでなく、ウエストが細くなる効果が期待できます。さらに体幹には太い筋肉が集まっているので、基礎代謝が上がってダイエット体質になる鍛え方ともいえるのです。

●長崎次郎書店ホームページ http://www.nagasaki-jiro.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33790681

本との事情を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿