« ユラリ、ドーン | メイン | 雀は黙々として »

2016年4月23日 (土)

気にさわったらゴメン

  17日、日曜日「ここは危ないからウチに来て」と朝から親戚から声がかかる。地震に3度目があった話は聞かないが、2度目だって聞いたことはない。(震源地は熊本市西区と阿蘇のどこか、多少は別れる)親戚宅には2日、泊まった。

.

 またある感は整理への意欲を削ぐ。震度1~2度では驚かないが、居眠り中、震度3度近い地震に揺られると反射的に目を覚ます。そして無意識に、その辺の物を両手で掴んでしまう。2度目のダメージはキツイ。

.

 地震に負けないように……ラジオでアナウンサーはいうが、もう負けている。カミユ「シジフォスの神話」を思い出す。実存とは信じないのでなく、あまりアテにしない。あたり構わずオイオイ泣き出したい気になる。2度目でライフライン、水道が出なくなりガスが止まった。

.

 コーヒーは布ドリップは無理で、不味くなるが紙ドリップに変えた。電気と電話はつながっていてネットも可能。クルマにもガソリンが満タン近く入っている……何でも出来る。自分にそう暗示をかけて立ち直る、つまり整理は放棄している。

.

 冷蔵庫にはバナナ3本、食パン一斤、牛乳、ヨーグルトが……乾パン代わりのビスケット、グラノーラが2袋といった所。むろん米も……炊き出しまで数日をラクにしのげる量だった。それを目算で3つ、約3日に分け、買い出しには行かなかった。

.

 ネット情報では民間の動きが早い。誰の態度が悪く、どこの行動が早かったと、地震に関する論評が次々と入る。むしろ色々いい過ぎるのか? もっと大目に見たいが、面白半分にいじる人が多いのか? 欧米の日本評判はよく、中韓の評判は悪い。

.

 ラジオでは避難の慶徳小でも毛布が足りないで、女性は人によっては2人で一枚、男は毛布ナシの人も……水、おにぎり等食料も足りなかったという。避難して来てる人の中からボラを募っての活動ト、内容は恐ろしいほど具体的です。

.

 更にラジオ、民間でスナックらしい店で、一般に向け炊き出したというニュースも……直近避難も悪くはなかった。不足する所と余す所があって平均化は難しい。県や市では仕事の一環で訓練したろうに、その手つきは馴れない。

.

 夕食に、朝食のようなパンとバナナを食って、眠れない夜を本に埋もれてやりすごす。評論家気取りいう訳でもないが……何か書いてた方が、まだ気が紛れる。お読みの方で気に触ったらゴメン下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33804989

気にさわったらゴメンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿