« HIヒロセの無料配達 | メイン | RO水を試す »

2016年3月23日 (水)

オバマ・ブルー

Mazic

「リーマン級のショックは起きてない」谷垣さんが言う。そのように増税先送りを牽制をするか。信用してはいけない。日本経済はリーマン以上に大きく揺さぶられた。ショックと言わず何という? リーマン以上のショックが起きている。

. 

 原因をいうなら上海であり中国であり中近東でもあろう。複数です。ちょっと前のイタリア、最近の英国というかEU状況も無論からむ。それにアベノミックスの種も切れた。

.

 更にもう1つの原因にオバマ・ブルーとも言うべき事体がある。4年前、白人右派を振り切る形で、米国ではオバマ政権が成立、今も続く。だが左派に期待された政治効果はなかった。まるで効果がなかった訳ではないが、オバマの実績は低く期待外れに終わろうとしている。

.

 右派にとっても左派にとっても、4年間はそれぞれの意味でのブルー、両方から中和され、オバマは動けなかった。米国はもっと強い右派の大統領が欲しい。もっと強い左派の大統領が欲しいト……庶民はそれぞれ思いを両極化する。

.

 それはトランプさんの意外な躍進に、クリントンさんの意外な低調につながる。むろん根っからの共和党員はトランプ不支持を表明し、根っからの民主党員はクリントン支持を呼びかけてえいる。だがオバマブルーに染まった国民は、そう党の思うように動かない。

.

 低調クリントンが、勢いに乗るトランプに負けるような事にでもなれば、それこそ世界をリーマン級のショックが襲う……かもしれない。意外と安穏に安部さんとトランプは、右派同士で認識を深め合う。

.

 そんな楽しい行政には……多分ならないだろう。私は右派ではないので、よくは判らない。そしたら「リーマン級のショックは起きない」ト谷垣さんはまた言うかも知れない。信用してはいけない。世界中に経済的に楽しい国はない。

.

 かつての米国をまね、日本ではかつての中流層に税を課した。それで中流層は下流層に落ちた。つかの間、上手く行ったように見えたが、政権は本当に上手かった訳ではない。錯覚のイリュージョンを、楽しい手品という。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33776139

オバマ・ブルーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿