« デザイナーベイビー ドラマ | メイン | 見当ちがい »

2016年2月 7日 (日)

キヨ汚染

Yakuizon

「清原」ビッグネームの覚せい剤汚染のショックが強い。あれは14年になるか、その前の飛鳥涼氏の覚せい剤汚染と重なり、ビッグネームへの失望が深くなった。

.

 そういった意味でニュースバリューが大きく、つまりガッカリ感がある。芸能への、プロスポーツとしての野球や相撲への失望も、また1つの希望を失さしめる。子供たちも夢の形の一角を失った。

.

 比較の上ではサッカーの方がクリーンで、こうなってみるとゴルフも判らない。スポ-ツを通して人間が強くなったり、磨かれること事体に、いわば不信を感じる。

.

 勝つためには卑怯はむろん、不法行為を犯して犯罪を厭わない。カネについてもクリーンな賞金ではなく、タニマチや贔屓筋、ウラ社会や暴力団とツルむ意味を帯びるからだ。

.

 言っては何だが、もう少し小物のスキャンダルはいっぱいあった。小物ゆえ芸能界を食い詰めた、あるいはスポーツ界を食い詰めて……小物は小銭で賭博かよ。そう笑って済ましたいが、ビッグネームが重なるとそうはいかない。

.

 巨人の現役投手が……去年はシャレにならなかった。元巨人の清原だったので、もっとシャレにならない。巨人内でもその旨のお達しが出た。2年前から捜査の長かった清原さんも、重罪にでもして頂くほか、何もない。

.

 汚染と同時にはっきりしたのは清原氏の生活ぶりで、20代女性が関連する。これは以前の押尾某事件を想起させる。麻薬の相方が亡くなり、押尾氏は証拠隠滅を図り、死人に罪をなすりつけようとした。

.

 清原氏の覚せい剤にも相方があった……のではないか。その容疑がかかる。昔の妻子と縁を切り、相方と薬に溺れたとすればだが、溺れ方の性質も悪い……噂だが両者のつながりも昔でている。

●画像は下記病院より。回生病院 http://www.kaisei-hpl.jp/sitetheme/drug.htm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33733993

キヨ汚染を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿