« リストア | メイン | 鉄道絵画 »

2016年2月29日 (月)

介護老人にならない!法

Tango

 ある待合室で本を見ます。安いマンガ本しかなく、毛色の違う「介護老人にならない!法」が目につきます。内容には、ホウレン草のシュウ酸は茹でると消えてしまう……

.

 本はその話を取り上げますが解釈がオカシイ。シュウ酸は野菜のえぐみで、消えるからむしろ良い。残りすぎるとカルシウムと結びつき、結石や骨粗鬆症の原因になる。

.

 他の栄養素を無視してシュウ酸だけ注目するのもヘンです。奥付けの丹後喬介という筆者名に心当りが……ほぼ30年前に行政モニターで、ご一緒した方です。

.

 モニターは県のそれか市のそれか? 発行年月日から行くと、お元気のようです。席が隣り合ったか。どこか歩み寄られての立ち話か。医師にあこがれのある方でした。

.

 成れなくて息子さんが歯科をやられるト聞きます。招集会が終って部屋に帰り着くト電話がかかります。「アンタの体は治る」から始まって……長いこと長いこと。

.

 また会うと考えるとムゲにも出来ず……結局、行政の担当に電話をかけないよう言ってもらう。薬品等の勧誘ではなく、気の毒な気も……それで記憶に残ってます。表題の他にも著作がおありのようです。

.

 連絡を取りたいような取りたくないような、検索すると丹後さんの年齢と経歴が出て来ます。それであの電話と行動と思いかと、今更ながら納得が行く。いや、やっぱり連絡は止めましょう。

.

● http://www.yamadasu.com/assets/29.pdf#search='%E4%B8%B9%E5%BE%8C%E5%96%AC%E4%BB%8B

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33754391

介護老人にならない!法を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿