« 本日雪です | メイン | 低脂肪+スキムのヨーグルト »

2016年1月25日 (月)

プリンタ交換2

Rabel_2

 あれから品質チェックを計6回繰り返し、ブラザーDCP-J925N印刷まで何とかこぎつけます。冒頭画像はレーベル印刷の初作で、外周をもう1ミリ広げ、内周は2センチ弱、広げたいトコロ……DCP-J515Nでは絶対に出来ません。

.

 使ったのは小磯良平さんのデッサンで、アナログで取り込み、パソコンは使わず925だけで作ります。レーベル印刷には、むろんパソコンソフトを使ったやり方があり、それはまだ出来ません。取説でなくyoutubeに動画があって、これを参考にした。

●レーベル印刷解説 https://www.youtube.com/watch?v=78c8opRaREw

.

 ブラザーに515と925を併用できないかと、メールで問い合わせる。できると3日後に返事が来ます。小社っぽいが目だったサービスの悪さはない。プリンタシェアはC社とE社が約40%、40%づつを取る。ブラザーは10%11%と毎年シェアを伸ばし、近年12%を取ったそうな……

.

 925は上級機らしく反応が早い。両面印刷にも素早く対応する。昔、私はhp社の普及機を使っていて、今回と同じくその時も上級機に変えた。その時も両面印刷が出来るようになった。その頃のhp社プリンタは表面、上から下に印刷した。だが裏面で下から上に印刷した。

.

 両面印刷には違いないが、この機能はあまり使わなかった。時代は進んでいるト、思い出し笑いする。液晶のタッチパネルにも今更ながら、その違いに愕然とする。タッチパネルは人が見ていてするとカッコいいが、一人いてやる分には差はない。

.

 両面印刷に誤解があり、レーベル印刷には心引かれたが、レーベルがあろうとなかろうとCD、DVDの音質画質に違いは出ないと……そう考え515購入当時にはケチった。515を選択した記憶がタイムマシンと蘇り、少しだけ感傷的に後悔する。ハードオフさんに感謝。

.

 両面印刷の機械の動きを見ていて、A3紙をA4サイズに畳んで、両面印刷は出来ないか? 紙のかけはしは今、A3紙にコピー印刷してるので、昔の印刷法にもどせる……結果をいうと、それは出来なかった。全く出来ないではないが、紙の浮いた側が黒インクで汚れた。

.

 今回、交換する前に925関連サイトで情報を集めた。やはりインク関連の悩みが多く出ている。純正インクは使いたいが高価である。互換や詰替えには踏み切れず、節約して使う。

.

 するとインクが古くなり詰まり易くなる。黒インクだけ使っていたのにカラーインクが減るという人もあった。インクジェット形式の機械ではインクの節約は、ほぼ出来ない。

.

 この925も本体の劣化はなく、インクが古くなってる疑いが強い。互換インクに替えてしまうほどではなく、ペースを上げてインクを使い切ろうト……今の所、私も考える。

.

 出来ないことを何とかしようとして、おかしな問題が起っている。プリンタは消耗品というか金食い虫だから、食われてしまうしかない……私も交換自体が節約なのだから言葉と行動は矛盾するが……何かあればレポート3を書きます。

.

●DCP-J515Nはwin10への対応なしと書いた。だが後継機の525ならwin10へ対応する。なかなか微妙なトコロです。

●win10移行ドライバ http://support.brother.co.jp/j/b/downloadtop.aspx?source_c=&c=jp&lang=ja&prod=dcpj525n

●925活用法 http://ganryouink.web.fc2.com/ranking.html

●ブラザー機目詰まり解消法 http://www.daiko2001.co.jp/ink/brother/head-clean.shtml

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33722241

プリンタ交換2を参照しているブログ:

コメント

 洗浄剤を使わずとも高画質印刷をすると黒インクは出るようになるケースがある。
 ブラザーも最新型では純正専用、互換インクは使えないように細工があるトいう話だが、未確認。

コメントを投稿