« がん怖い | メイン | 賀正 »

2015年12月30日 (水)

聖書は語る

Seisyo

  欧州カトリック系の国は赤字を抱え、プロテスタント系の国が経済的にうまくいってる。そう言うのは私ではなく池上彰さんの番組「世界を変えた本」聖書です。

.

 もし読者にカトリック信者の方がありますれば、この先も笑って許していただきたい。欧州で経済的にアブないと言われるのはPIIGS、ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインの5国、いずれもカトリックが主宗教になる。

.

 カトリック教会は贖宥状を発行した。しょくゆうじょうと読むが、教会への功労に対し,犯した罪を赦免する免罪の証明書を出した。具体的には大聖堂を作る寄付金となった……つまり金さえ積めば天国は近くなる訳で、論理的に疑問というか矛盾がある。

.

 ここに目をつけたのはマルチン・ルターという人で「九十五ヵ条の提題」とか教科書にも出てくる。この辺の内面を強調したのはプロテスタントで、宗教改革のさきがけとなる。欧州でカトリック系の教会は立派で、おおむねプロテスタント系の教会は質素です。

.

 先だって友人が亡くなり私は葬式に行った。ある宗派の坊様が立派な袈裟を付けて葬式に来られた。客席からは一斉にワーとため息が出た。喪主が後でいうのに、あのお経は高かった。お経にも袈裟の価格の上乗せか……欧州の国政との関係が伺える。

.

 極端な例だが……あのオウム真理教が信徒を募った時、全財産を寄進するよう言った。サテアン内でのポジションは外に働きに出て、その収入で買い取ることになった。また教祖は札束を抱いて隠し部屋にこもるなど……拝金主義、金権体質は徹底した。

.

 ボッッタクリ麻原とローマ法王を同じにしてはあまりだが、何を持って生き、どう価値づけるか? それぞれ一人ひとり個人でなければならない。まあ、この辺の理屈になると聖書より「世界を変えた本」マックス・ヴェーバーに詳しい。ヴェーバーとは夏目漱石の師匠筋に当る。

.

 別に私はプロテスタント信者ではない。カトリックにも良い所はあると思うが、今回の文面には出なかった。さらに宗教をまるっきり信じない訳ではないが、これも文面には出ない。八方美人の中立という考え方もあるが、私にはそういうのは書けない。理由は、身障者には神に見捨てられたと思う方があり、その気持ちはよく判るからです。

.

 聖書やマックス・ヴェーバーは買えない価格ではないが、独りで読むのは楽ではない。持って回った表現とか、その他の理由がある……それで必ず自分の血肉になるかと言うと、実はよく判らない。自分には向かない本も多い。

.

 世界を変えたかも知れないが、私には関係がなかった。世界にために本を読むのでなく、私自身のために読むのだから……それはムダになってしまう。そういう訳で池上さんの「世界を変えた本」十冊には期待してます。

.

●世界を変えた本 聖書 https://www.youtube.com/watch?v=KP8d5XSHqn4

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33696919

聖書は語るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿