« 解夏 映画 | メイン | 生活と脳の働き »

2015年8月26日 (水)

イン・ザ・カット 映画

Inthecut

 ハリウッド映画の世界は、男女や人種の差別の中にあって、現実を反映はしない。下記にその矛盾は数値化されている。関心の向きは読んでいただきたい。

.

 

それで話だが……その女性がそれぞれ製作、原作脚本、監督した映画があってこれを観ます。タイトルからして意味深い、イン・ザ・カットはメグ・ライアン主演のエロチック・サスペンスだったが特には話題にならなかった。

.

 

大学講師役(教授ではない)のメグはこの時42才。下記の数値でいえば、ハリウッド映画と縁の切れる年齢ゾーンに近くなっていた。ルーシー講師は黒人生徒の1人とデイトの最中に、トイレで性交するカップルを見る。

.

 

メグは小心なハイミスを演じる。真田広之の高校教師を連想してもらえば、ある意味では重なる。厳密にいえばルーシーには、セフレがあり、この男、猟奇殺人の聞き込みに来た刑事に嫉妬したりする。

.

 

セフレがあれば高校教師とは違うだろうト言われそうだが、心置かない相手だからセフレなのです。コレという相手に心開けないところに、ルーシーの葛藤がある。

.

 

さらにいえばデイトの相手が黒人生徒のように、ルーシーは心底ではそういう相手を求め、講師の建前でリアルな関係は作れない。ここの葛藤は、介護者と介護される重度身障者の関係によく似ている。

.

 

介護グループ内で約一名の障害者と、約一名の介護者が関係に至ると、それを切っ掛けに同じように関係する人々が出てくる。あのグループは淫らである……そう噂されるが。まあ噂が当る所もあり、ない所もある。

.

 

映画にもどると私の理解はそこまでです。猟奇殺人事件の、すぐかたわらで人間関係を深めたい……とは私は思いません。高校教師は判るけどルーシーは判らない。謎の猟奇殺人も一応の決着を見るが、まあ途中から読めますしねえ。

.

 

リアルというより唐突、しかし本当に試みたい展開はこんな事だったの? 具体的な行動のバリエーションは、ニューシネマ風にした方が判るのではないかトつい思ってしまう。あれはハリウッド映画には入りません。

.

 

これも一種のニューシネマでは? そういう方もあるかト思うが、主人公は死ぬのがニューシネマの一応の定義になる。そうすると問題点が鮮明化し、話も完結するからです。この映画は何がどうなったか曖昧はあいまいのまま。

.

 

ルーシーに都合のいい解決が見えない。そういう意味で監督の代表作ピアノ・レッスンと似ている。ピアノの置けない環境ではピアノは弾けない。確かにハリウッド映画の世界は変だけど、女性映画だからと変でなくなる訳でもない。

.

 

・2007年~2014年で、セリフのある役を演じた女性は、30.2%にしか満たない。

・2014年のトップ100本で主演もしくは共同主演した45歳以上の女優は皆無。その他の役で中年女性俳優が登場するのは19.9%。

・2014年のトップ100本でセリフのある役を演じた73.1%が白人俳優、12.5%が黒人俳優、5.3%がアジア人俳優。

・4.9%がヒスパニック並びにラテン系俳優、2.9%が中東の俳優、その他の民族は2%(インディアン、アラスカの原住民、ヒマラヤの原住民、太平洋諸島の住民は1%以下)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33535437

イン・ザ・カット 映画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿