« タブレット・セミナー | メイン | 橋下さんの引退 »

2015年5月17日 (日)

メンタルヘルスリスクマネジメント

Mentaru

「社員のメンタルヘルスにかかるリスクマネジメント」セミナーを社会保険労務士を講師にされるという、私とは縁が薄いような気がするが……
.


 いつもの案内メールに参加返事を返したが、会場が何だか……社員が会社のことでウツ傾向になってないか? 私個人の把握はそういう事になります。
.


 レジメに沿うと「労働者の6割が不安やストレスを感じている」新データが出ており、増加傾向を意味する。用心しましょうト、そういう将来への行政展開にある。
.

 ウツから会社を辞めたい。極端な場合は自殺の流れにあるので、会社、雇用主や上司としては社員の不調、セクハラやパワハラが起きてないか? 実際のチェックシート例も渡され、この辺の義務も出てきた。
.

 中でもパワーハラスメントとは何か?「私は嫌がらせはしてない。覚えがない」ハラスメントは無意識、自覚もないのが特徴という……私も知りませんでした。
.

 もっと具体的にはどうする事か? 頭を小突くなど身体的な攻撃、人前での叱責など精神的な攻撃、暴言など、仲間外し関係の切り離しが上がる。
.

 過大な要求と過小な要求、単純な作業しか与えない。私的なことを公表し批判する。結婚の推奨などこれに当る。誰に取っても不都合なことは無論もある。
.

意味を取るとだが、上司の権限の振るい過ぎ、雇用主が何でも出来ると思い込む。出来ない事や無理な事を下に言う……指示している。そのような場合が考えられます。
.
 例えば部下の嫌いな事、あるいは言わないでと頼んだのを何度もいうなどもハラスメントになる。どう立証するかの話はなかったが、レコーダー等を使うのだろう

.

 身障、高齢者施設内で上に近い話を前に聞いた。その時はどうしようもないト思ったが、しようのある方向に時代は動いている。その実例が幾つか上がった。
.

 始ったばかりの部分もあるが、不自由や障害のマネをされる、フザケや遊びの続き、そういった単純な嫌がらせも処罰の対象になり、強化されるのかも。


●健康いきいき職場づくり https://mental.m.u-tokyo.ac.jp/jstress/


●6月11日から、レギュラープログラムの熊本元気塾が開かれます。通常は18時~20時、流通会館5階、096-377-2091の事務局へ予約を。11日の回ではJETRO日本貿易振興機構の森 路未央さん。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/33404563

メンタルヘルスリスクマネジメントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿