« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 8日 (土)

リコール

 リコールにつきアイをメーカーに持って行く。内容は平成26年10月24日「変速ショックや変速不良が発生し、後退不能となるおそれあり」としている。話内容からいうとオイルは交換したらしい。

.

 ついでにタイヤとバッテリーを見てもらう。前タイヤ、後部タイヤ劣化なし。空気圧調整。バッテリーは4年目に入る。電圧いまだ10V以上あり、この冬は越えられそう。

.

 コンピュータープログラムの更新で、エンジンテンションが高くなる、うるさくなる。そのうちプラグ方向を再調整か。

.

 任意保険が安いと思ったら車両がついてないという。車両をつけると保険料1万円アップとなる……仮に全損したとして同等の中古車は5.60万といった所。

.

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/support/recall/

2014年11月 6日 (木)

マウスの不調

Kmまたしてもマウスの不調です。いえ今回は保証期間内で勇んで電器店に行く、その予定でした。雑用が重なって、それが行けないまま数日……これには古いマウス(同型)の調子がもどって暫く、使えた事があります。
.


  その古い方のマウス、不調の気配は残るものの、なぜか調子がもどって、その理由は判らない。画像のように価格が価格で品質も言えない。コンデンサーパーツに問題が残る……の推測です。コンデンサーは使わずにいると電気が抜けてしまう。
.


 過去にも「マウス新調」で書いてますが、一時的には復調します。ただ長くは持たない。……という事は新しい方のマウスも……電気が抜けると復調するのではないか? 電器店に行くばかりにパッケージにしまった新しい方のマウス。
.


 出して、パソコンにつなぐと。アリャー、見事復調、たった5日でもどってます。古い方と違って故障の気配すらない。これなら店頭で恥をかく結果になる。電器店に行くのを止め、様子を見てますが……まあ故障の気配は出てきません。
.


 シメシメと思うやら残念な気もするわで、複雑な感慨にふけっております。いっそ2個買って交代交代で使うのも手か……ともかく同型のマウスをお使いの方は、そういう訳でお気をつけ下さい。
.
●BSMOUK01WH製作はバファロー、一応、ケーズ電器の専用商品だがアマゾンでも売ったらしい。
●13/11/21マウス新調
●13/09/07マウスのご機嫌

2014年11月 4日 (火)

叱られて伸びる

Eigasai

「私は褒められて伸びるタイプだから。褒めてほめて、もっと褒めて」自分のことを、そう言う人がいる。冗談半分と本気では聞かなかった……しかし本気かも知れないト、思える節も出てきた。それをネタにします。

.

 トすると、叱られて伸びるタイプもいる。褒められてのタイプと叱られてのタイプは、どこがどう違い、どこでそれは別れるのか? 根拠はあるか、気になります。確かに叱られるのは、その時は気まずい。反対にダメ出しを拒絶すれば、その時は心地よい。

.

 もっと具体的に「すみません」と白旗を上げておけば、不快なコミュニケーションを、それ以上しなくて済まし、ラクなのです。だがそのラクは将来、本当にその人は伸ばすのか? 褒められて伸びるという、本人がいう根拠は?

.

 叱られる時、しっかりダメ出しを受けていれば、人は同じ失敗をしなくなる。見直しが十分になされるからです。不十分のままその時を流せば、簡単にいうと成長できない。飴とムチとは言うが、その意味でプラス思考にも欠点はある。

.

 ここで話題はズレるが、東京映画祭での今年のフレーズ(映像)「ニッポンは、 世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった。お忘れなく」が話題になっている。私は自画自賛と取り、苦笑した。

.

 一般に映画祭のひとつの目的は、映画が流行らないからです。作品は優秀だが娯楽度が低いので、賞を上げて知名度を上げる……そういう手です。東京映画祭はどうだか知らないが、他国での「賞」を日本は金で買うとも聞いた。

.

 賞を取った映画がつまらない事があって、賞を逃がした映画が面白い、それが何度もあった。私は首をかしげ、この噂を肯定しました。それにしても日本映画が面白かった時代は終った……今はつまらない。問題フレーズもそこは認めてます。

.

 今は地道に苦労をするしかない。小津や黒沢や溝口と……褒められて自信に満ちた時期もあったので、すっかり自信を失くし今は苦しい。それが東京映画祭フレーズに出た気がする。ここが褒められて伸びるタイプと似るようだ。

.

 本当に自信はない、ぱったりない。褒められて、その勢いでもなければやれない。やっていけない。それは今にも見透かされそうで怖い。弱気なんです。そういう人は形にこだわり値段の高いもので自信をつけようとする。黒が好きだったり、色にこだわる癖もつく。

.

 そうすると手の内は、ますますミエミエになる。さらに読まれナメられる。悪循環に落ちいる。小手先にこだわらず自信を築ければいいのですが、地道なことは出来ない……ア、これは東京映画祭の話です。あなたの事では? いえいえ滅相もない、ハイ。

2014年11月 2日 (日)

2つの時間の流れ

Inside

「インサイドマン」はスパイク・リー監督の2006年製作のミステリーアクション。変わっているのは銀行強盗事件はすでに終っていて、被害者との取調室の会話があります。別に過去形の時間の進行、事件の最初からの時間の流れとが平行し、交互描写されます。

.

被害者「終わりでしょ、家に帰っていい?」

刑事「いいですよ……ダメ!」

被害者「……(泣き笑)」

刑事「(笑)いいです……ダメェ~エ」

被害者「笑」

.

 しかしこのような2つの時間の流れは、もう珍しくない。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud & Incredibly Close)2011」「ブルーバレンタイン2010」といった映画が、ジャンルは違うが、ほぼ同じ構成になっているからです。

.

 後者のブルーバレンタインは製作時間が大変長く、主演者には内容をバラしていたので、アイデア元は「ブルー」と思われる。ではなぜ、そんな演出、そして構成を取るのか? それは映画監督や主人公が黒人で、社会に報われない事とも関係します。

. 

 この映画では終った過去はノンフィクション風に異常なほど緊張を強いられる。書いたように現在時間がギャグのような、ゆるい時間が演出される。むろん映像の画質にも違いが出され、説明スーパーは入らない。読み取りは常識になります。

.

 過去や夢がほんわか演出され、現在や目覚めがくっきり演出される事は今までもありました。この映画は逆になっている。「ものすごくうるさくて」は9・11の映画化で、あのテロで米国人は一般空襲の恐怖を始めて味わったト思われる。

.

 長崎や広島での原爆投下や東京の一般空襲も、米国は加害者であって空襲体験はなかった。真珠湾は言われるが、どうも今度の方がショックだったみたい……つまり朝鮮戦争でもベトナムでも同じく、空襲の恐怖はなかった。初めて戦争の現実を知った。

.

「ものすごくうるさくて」ではあの日がドキュメント風に描かれます……本家本元の「ブルーバレンタイン」では、出会いの頃の性や恋愛が夢のように、結婚生活の破綻がドキュメントで描かれる。恋愛時間と結婚時間の時間差が交互に描かれる。性衝動や感情と、日常生活の矛盾が存分に比較される。

.

 十分ではないが男女志向方向やその意味付けの違いも見える。それは真珠湾と原爆や空襲の差違、あるいは同質を明らか……トするかに見える。社会の上層部は自分たちの欺瞞を隠し、中下層を牛耳る。さて銀行襲撃事件の深層を流れるものは?

.

  デンゼル・ワシントンさんが主任刑事、銀行のオーナーにクリストファー・プラマーさん……知らないの? ドイツ人で日本でいうと三国連太郎さんみたいな人ネ。弁護士役にジョディ・フォスターさん、誰の弁護するのか? それが問題でしてね。

.

 映像の発達とドキュメンタリー演出法の発達、2つの発達は私たちを映画中毒にしていく。こういった映画の後で、私たちの生活、時間の流れは空疎で散漫に感じられます。むろんTVでも銀行強盗はやってないし、戦前は67年も前、大昔に見える。でも……

2014年11月 1日 (土)

貧乏症な無神論

Musin

 あの世に行く。あるいは生まれ変わると思えば、この世の事は、そこそこに諦める。断念できる……もっと悪くいうといい加減になる。言い回しが抽象的だろうか? 私、および私たち身障者でいえば、健常には生きられない。

.

 来世、健常者に生まれ変われない事には、夢にも健常体験は出来ないままで残念。そういう思いがあって是非にも来世を健常にト、切実の思われる方がある。私はそうでもないが、そういう方はある。

.

 リハビリで障害から脱し、結果として健常に近づく……これに苦心惨憺する。とはいえ、いい加減うんざり、そんな思いを来世まで持って行こうト思わない。健常を言われる方は、どういう訳か大抵リハはされない。(個人の自由で、私は非難しません)

.

 キリスト教、宗派にもよるだろうが、この世の最後に、天から手が伸びて来て捕まえてくれる。人によってだが救済される。そういう運びになっているそうな……明日この世、この地球が滅んでもいい……そういう信仰もあります。

.

 そう考えるとです。ゴミの分別も温暖化も大気汚染も気にしなくていい……まあ、気楽な考えと思います。ある意味ではリハをしないあの、先に書いた身障者に似ておられる。ちょっと非難がましいか? 私は無神論者ではないが、そんな危ない神様は嫌いです。

.

 他人はさまざまで、別に非難する訳ではありません。あなたはゴミは分別されていますか? 温暖化はどうです? 私のリハは貧乏たらしいと思いますか? とは言っても、地球温暖化と私のリハは何の関係もないト判っています。

.

 お判りと思いますが私は、先に見た映画を引きづっています。映画媒体は不思議な物で、宗教とか政治とかの関係も見えるようになります。ある程度、宗教と政治との関係図も見えます。本はこうは行きませんで、書いた事に苦情が挿まれる。読んだ人が言うのですネ。

.

 キリスト教とサルトルでは犬猿の仲で、映画みても監督がどっちを立ててるか寝かしてるか判りません。どっちの説を取ってるか? それ猿でしょう……サルトルいう位のもんで……失礼しました。

.

 冗談はさておいて私、リハしない身障者とケンカする事もなく普通に話をします。ある意味で何がなんでも健常者になりたい。それ判りますから、ただ私は障害者時間が長くなっていますので覚めてます。

.

 あまり金や時間をつぎ込むのも、どんなものかと思うのです。お賽銭は100円や、時には1000円でもいいでしょうが10000円、月給袋の半分ととなるとやり過ぎだろう……思う。全財産の寄進を言った宗教団体がありましたネ。

.

 座禅を組む宗派があるのですが、肢体障害者では障害にさわるかもしれない。最初から座禅が組めず、やりようがないのか? 私は反発とか反抗とか、あまり考えない。大勢一緒の方が落着くという人もあるので、そういう人はそれでいい。

.

 障害者の障害は似ている事はあっても、全く同じということは、まずない。リハにも自分に合った時間、合った量があります。30分する人、1時間する人、2時間する人……どれが正しくどれか間違いという事もない。各自の自由という意味の他に……

.

 むしろ人には、私の出来ない他のやり方を試して欲しい。他の人のリポートも聞きたい……すると来世があってもなくとも大差はない。私は上手く行っても行かなくともいい……そういう気にまではならないが、そういう傾向は出てて来ます。