« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

セキュリティソフト 1

Eset

ESETの評判が一番いい。3年間使ってきて問題もなかった。それで継続しようとしたら、何だか怪しい。同商品をChatWork株式会社と、キヤノンITソリューションス株式会社の2社で扱うようになった。

.

それも2社間の価格に違いがあるような……それが誤解で、販売とサービスで会社が別れるらしい。そう判るまでは半信半疑です。代表的なのはダウンロードで3年版を3919円くらい支払いになるが、信じ難ければ製品版を買うのも手です。

.

アマゾンに送料込み同価格という製品版がある。ダウンロード版は日替わりで、日によってアマゾン会員であればこの方が安い……どうでもいいが、これは営業上失敗と私は思う。なお1年版は3200円など価格差は少なく、実際には買われないでしょう。

.

ESETは他のソフトと、たとえばカルベスキー、ノートン、ゼロ、ウィルスバスターズの評判とは頭ひとつ抜きん出る。だが体験的に判るは早さと価格位で、相性の問題もある。一般論はむしろない、誰でも無料試用版を試してのちの本式導入すべきと思います。

.

私が使用したのはavast、キングソフト等数種、現在のキングソフトは無料版に奇妙なオマケが付くので勧めない。アバストは何となくESETに似ている。個人的にはESETに次ぐお勧めとなります。

. http://www.avast.co.jp/index

.

結局、私のセキュリティはどうしたか? これが今日のオチです。プロバイダが無料セキュリテイを付けてました。入会時からあったウィルスバスターズを設定してなかった。私の有料と勘違い、あるいは先方の説明不足だったか……

.

頭ひとつは落ちるが、この試用版を使った後の導入にします。今回、ESETは買いません。

2014年9月26日 (金)

意識無意識 2

 意識は自己からその周囲、周辺に向って広がり発達します。女性より男の方に、虫や乗物の好きな人が多いのは、物心と色気との間に時間差があるからです。

.

 女性はお母さんやお父さん、兄弟姉妹や犬猫と、周辺を見回し意識を広げ、やがて性意識へと向かって行く。男には犬猫の次に虫、あるいは乗物への嗜好があります。

.

 女性はそれはパスして、おままごとの世界に入ります。飯事は一種、性の意識だろうと思われている。孔子孟子、合わせて孔孟の世界に虫は登場しない。なぜか?

.

 お母さんになって御飯を用意するのと、先生と弟子になって物事を考えるのは似ています。ハッキリとした意識の世界があります。だが荘子はウドの大木と言いました。

.

 ウドの木質は柔らかすぎて使い道がない。大男は知恵が足りないので使い道がない。日本では軽く、知的障害の意味に取っています。だが荘子自身は、だからウドは自分の生涯を全う出来る……とウドに自身を成り代える。

.

 つまり発育途中で切り出され、他の思うままにはされない価値をいう。確かに他人にとっての価値は、自分の価値感と同じはずはない。それを同一と思い込むのはおかしい、変です。

.

 荘子には蝶を例に持ってきた胡蝶の夢の話がある。潜在意識もまた自分と解釈してみせる。日本では特に荘子老子、荘老の考えに重きを置きません。

.

 荘老の考えは無意識を含む自己、孔孟より広く捕らえる。ああしたいと思い、そのように試みる。そうしたいと思い、このように試みる……だが、そうならない事も多い。

.

それで物事は、なるようにしかならない。トいうのが老子の考えです。いうなれば中高年者の考えです。すると若い時は孔孟を学び、後には荘老を学ぶ……それでバランスが取れると思われます。

.

 つまり意識が幸福になるのと、無意識が幸福になるのでも違う。全くではないものの、かなり別な事になる。アリとキリギリス、イソップ童話の中ではキリギリスはアリに情を請います。

.

 しかし庭先の現実風景はこれと違い、キリギリスがアリに自身を与えている。セミもトンボもそうで、死ぬ前の自分をアリに与える。羽のある虫にとって生殖を終えた身体は残骸にすぎない。だから私を食べていいよ。

.

 冬に向けて食料を備蓄せよとの、イソップの教えは嘘です。いくらため込んでも備蓄出来ないものがある。羽は遠くでセックスするための道具、卵を遠くに産むための道具、一代が終れば終りです。

.

 少年、老い易く学なり難し……ト老子は言っています。学問はするな言う意味ではなく、それでも難しい。裏返せば、羽を広げてもっと遠くに向かえ。あても果てしもないとしても、それが可能性だから……そういう意味です。

2014年9月24日 (水)

家事ハラ

Noharas

 家事を手伝う夫に妻が必要以上に厳しくダメ出しをする「家事ハラ」が話題だ。発端となったヘーベルハウスのCMは女性からの批判が殺到し、打ち切りとなった。家事ハラを訴える男性に対し、女性の反発はおさまりそうにない……と週刊ポスト10月3日号が報じる。

.

  むろん理由は複数だだろうが、ひとつに妻が個人的な嗜好やこだわりを、普遍と思い込んで……自己習慣を無意識に他へも押し付ける。つまり昔あった嫁と義母の確執……同じ事が、妻と夫との間で起こっている。それも理由と思われる。

.

 義母とは違う、納得して一緒になった夫婦なのに、なぜ? お互い顔を見合わせても確執は解消しない。夫婦とはいえ、今の生活は個人が基本です。細かくいえばカップ麺を作るにしろ、それぞれの流儀がある。その流儀が出来てくる。社会にも余地がある。

.

 他人が作るカップ麺にも納得できない。厳密にいえば、そのような細部もある。社会ではそんな場面はまれで、たまたま直面しても「ありがとうございます」とか何とか、1場面をやり過ごした。やり過ごすことの出来ない夫婦の毎日の、遠慮のない場面でそうはいかなくなった。

.

 個が見えてバレてしまった以上、もはや猫をかぶることも犬をかぶることも出来ません。カップ麺が出来る前はカップ麺を作る流儀もなかった。ト嘆いても始まりません。会社勤めが男だけの仕事ではなくなる。もう一方で家事一般も女性だけの仕事でなくなった。

.

 どんなに小さくとも個人です。大きい個、つまり大人や家族や一族のために押しつぶされる事になりかねない。すると人は個を守るため大きい人や、家族と戦う必要がでてきます。小さい個は大きい個に低く見られ、さらに小さく扱われ、最後には押しつぶされる。

.

 夫婦二人でも小家族でも、それぞれが個を持った以上、自分の権利は自分で主張しなければ、他に奪い取られてしまう。大袈裟にいえば、そんな油断のならないお互いになってしまった。妻が不必要に厳しい理由には、させてはあげるけど、家事の支配権は私なの。

.

 妻としては、そう主張しておきたい。会社で女性が働くと同じような事が起きた……大筋、同じことが家庭で起る。そんな中で小さな個、子供たちもゆっくり個を育てて行きます。個が育つ過程、やはり似た問題が起きます。イジメも問題の一旦でしょう。

.

 やっかいで疲れることですが、棚上げしたり逃げたりしないで、少しづつ折り合っていかなければなりません。家事ハラには、女性からの批判が殺到しCMは中止に追い込まれたと言います。私は構いませんが、人権を無視した行為には罰があります。人権は人が生まれながらに持つ権利で、身障者にもあります。

.

 人権を踏みにじる行為は現代先進国では許されない。未開発国なら猶予されるかも知れません。家事ハラが行われたのなら未開発家庭になります。指導だったかアドバイスだったか家事ハラだったか、言った方が決めるのではなく、言われた方で決める事になります。

.

 子供がハラスメントを受ける。厳しいしつけで体罰とか健常児では数字に出ています。これが障害児でしたら当り前で……数字に出ませんけどね。

2014年9月22日 (月)

世襲制

 私のウチは商家だった。単に家業で世襲ではなかった。だが世襲の意味は、この家業のおかげで少し判る。世襲はかっての華族士族、今でいえば政治家が実質、世襲といわれている。世襲はよいか悪いか、功罪の両方がある。

.

 商家では見知らぬ人が出入りしがちで、私は知らない人に「イラッシャイマシタ」と挨拶をして奥に入るよう両親に言われた。自分の方から声を出す訓練があったので、取材でインタビューする時は楽だった。

.

 世襲では本人の意思や意欲、向き不向きと別に、何才になったら何をどういう風に始めるか。あらかじめ決めている。世阿弥は花伝書に7才になったら能を始めるよう決めている。功罪でいうなら、これはまず効だろう。

.

 7才に息子は、父には能は好きという。だが母には嫌いと言っている。四分六分で嫌いが本音だろう。父との稽古を終えると途端、息子は消えるように居なくなる……私も小さい私の方から、それもコンニチハではなく、なぜイラッシャイマシタを言うのか判らなかった。

.

 商家では他人に理由もなくペコペコ低姿勢でなければならない。嫌だったのを覚えている。インタビューは低姿勢に見えても、本当に低姿勢では困る。取材者をやり込めることはしない。状況をリードし、本音を引き出すことはある。つまり言うべきを言わせる訳です。

.

 身体がしなやかに動く事、声は大きくよく通る事……能役者の基本は能役者以外の仕事にとっても基本のようだ。極端にいうなら能役者にならないにしろ、能の基本は大事に違いない。先日、能を見ながらそう思った。一般に大切な事を、事前に学んだり身に付けたりはしない。

.

 大抵は事後に、それもかなり遅くなってから必要が判る。つまり手遅れです。機先を制するというと大袈裟ですが、それに近い所はある。その利点が本当に判るのは、ずっと後になるかも知れない。また能役者の子は能をするから、学校で学ぶことは必要ない……あるいは必要がうすい。

.

 観世流では、そういう風には教えない。学校教育は年々、学習量が増える。それに足して家で能を教えると、子供には遊ぶ時間がなくなる。だから稽古が終ると子供は消えるように居なくなる。遊ぶとは……学んで理解する事が多くなる……だから悟る。本当に判るという意味だが、それは出来ない。

.

 たとえば生きるとは死ぬことで、死を納得する必要がある。死ぬ時が来たら死を納得できるか? 意外に納得できない人は多い。死に際にあたふたと出来そうもない事をやりたがる。今や手遅れが判らない。そんな当り前が、自分の事となると納得できない。

.

 そうすると家や親が選んだ仕事が納得しやすい。納得するために自分の仕事は自分で選ぶ訳だが、実際にはこれは大変で難しい。むしろ家業がいいトカ、いったんはサラリーマンでもやってみようトカ……本格的に考えるのはそれからにしよう。などといった意見も出て来る。

.

 理解し納得して生きたいが、理解を先にすると納得は必ずしもついて来ない。つい納得は棚上げになって、そのまま棚ざらしになる。そういう事も多い……生きることは難しい。

2014年9月20日 (土)

羽衣

Tennyo

 能は650年の歴史を持つという(実際はもっと前があるようだが、観世流では)能は口伝を重視し、資料はいらない。体得を旨とする……一応そのような論を張るが、花伝書があるなど例外はあり、悪くいえばダブルスタンダードになるのだが……

.

  少なくとも平安時代には、お経が中国から文字で伝わって、つまり仏教も広まっていた。この前後から日本でも資料が出来るようなる。だが能業界は反発したか、文字を使わなかったらしい。能には羽衣という重大な演目がある。天女伝説を扱ったものです。

.

 羽衣の世界では、天界と地上界は別れる。簡単には行き来というか、基本的には交流できない。羽衣は衣服ではなく、行来の道具になる。物語は仏教の影響下に成立したト考えられる。それまで日本には羽衣で行くような別世界は存在しなかった。

.

 世阿弥の花伝書は能でも例外に当る。世阿弥の父は観阿弥といい、寺に協力し属した。寺がスポンサーだった。世阿弥のスポンサーは武士になった。武士は幽玄を好み、生者と死者が同一世界で渡り合う事を好んだ。寺にあった時とは質的な変化が思われる。

.

 世阿弥は危機を感じたか、自分の能を文書化して残す必要を感じた……それまでなかった伝書が書かれた、あるいは伝言された理由になる。世阿弥が羽衣を重大な演目と考えた理由とは、ここでの死生感の変化ではないか。天女は再び羽衣をつけ、天界に帰っていく。

.

 人は死後も無形となって、この世界にとどまるのか? あるいは帰りたい世界はないか。羽衣という演目には、そのような問いかけを感じる。演目では男は、その場で天女に羽衣を返す。これに比べ竹取物語では、かぐや姫は不死の薬を夫婦に差し出すといわれる。

.

 後先をいえば竹取物語は古く、羽衣の成立はその後です。どちらか? 竹取はストレートに仏教の影響を受け、羽衣は後で竹取の影響を受けた。ト考えられる。物語、天女は返された羽衣で、天空の舞いを見せながら天上に帰っていく。舞いが見えなくなった所で演目も終る。

2014年9月16日 (火)

佐世保少女A

  佐世保少女Aの記事が週刊新潮にありました。推測や単なる意見の部分もありますが、画像(省略します)のような事実もあります。むろん私は少女Aには会ったこともありません。A事件で、私が思うのはフランソワーズ・サガン「悲しみよこんにちは」です。ずいぶん昔に出た自伝的小説で、今も読まれ続けているか?

.

 18才の主人公は早く母を亡くし、自分に優しく他人に傲慢でボーイフレンドと共に、父の恋人の殺害を企む……そういう内容でした。主人公は不道徳で、書いたサガンもこれに準ずる。だが若い読者は主人公に共感的で、その後も売れた。サガンは富豪作家になる。やがて悪い取巻きにたかられ、浪費癖、自動車事故、麻薬中毒といった生き方に陥る。

.

 むろん、自画像を美術展に出品してもかまわない。美術学校の卒業制作が自画像だった話もよく聞く。若ければ自分しか愛せないのも普通です。ただ将来にわたっても何も愛せないでは……関心の対象がない。他者を対称として捕らえ難く見える。自画像は単に自画像ではなく、そういう暗さ、忍び寄る危機を抱える。

.

 身障児にも母を愛せない子はいる。理由といっては何だが、母は健常で障害の現実を、本人のようには理解できない。それは距離になり、やがて愛せない訳になり、愛さない理由になる。実際に重障者は「あの人は障害が軽いから……」と簡単に言い捨てる人がある。つまり健常者と同じと言う。これに近い、そういう重障者は勘のいい所はあるのだが、全体が見える訳でない。

.

 ある意味で事実だが、それが甘えになる……同じことがAにもいえる。絵には過剰な甘えが感じられる。それは絵が技術的な水準が高く、並外れている事とは別なこと。すでに生母はなく継母と代わりの関係を築くか。あるいは気の合うボーイフレンドでも作るか?

.

いくら技術的に長けたとしても好きでない物を描くことは出来ない。そういう意味で、自画像には限界が感じられる。で暗さにつながる。美術展の評価は記事にないが、高くなかったのか? Aはマンガをやるつもりだったらしいが、孤立感は深い。

.

Syozyoa2

 Aは小説も読んでいて、その感想もある。 Aは伊坂さんのファンで、私は伊坂さんは読んでいない。映画はゴールデンスランパーを見ています。それでは若い主人公があって、感覚的に生きて行く……他を受入れない意味でサガンと共通がある。小学で伊坂さんを30冊、読んだという。読んでないのでどうか判らない。

.

 サガンはたまたま富豪になった。だが書いたような意味で成功したのではない。Aも感覚には自信があるようで感想にもそれに近い表現、洞察力があり、あとは自信がない。まあ良い所と悪い所は裏表で、本人はそれを判らない。当り前ではあるが、Aにそれを伝える人がいない……あ、一人あると思われます。

.

 週刊紙記事には小学校で給食に薬を入れられた生徒が、取材に答えている。祖母と母と続けて亡くなられ「Aちゃんは辛かった」と何と同情というか、理解を示している。ただ、だからといって近づけば愛和さんのように殺されたかも知れないし、現に薬は入れられた。

2014年9月15日 (月)

サプリの真実

Guro

 ビタミンCは肌に塗るより、食べて内臓から皮膚に運んでもらうのが正しい。皮膚吸収、それ自体が否定された。コラーゲンも消化でアミノ酸にまで分解される。コラーゲンのまま皮膚には運ばれない。美容液より、これもタンパク質として食べる方が正しい。

.

 念のためにくり返すと、塗って皮膚吸収は、そもそもない。化粧品メーカーが何と言うかは知らないが……科学的に有りえない。松山伸一講演会でそう聞いて(立教大学)ネット検索しても言い方は違うが、そう書かかれる。週刊新潮は詳細ないが、これまた同じ。

.

 いやあ晴天の霹靂、私はコラーゲンは呑まないが、ヒアルロン酸やグルコサミンも同じような理屈で、呑んで吸収はないという……私も少しは怪しいと思っていた。グルコサミンは25%の人にしか効かない……25%も効くじゃないか!

.

 そういう人もあるでしょうが、25%は偽薬の暗示効果と同じ率なのです。その分をマイナスするとゼロ、全く効かない理屈になる。つまり半信半疑でも、呑んでいれば偽薬効果があった……驚いたことに私に関してそういう事です。

.

 世のビタミンC、コラーゲン化粧品、および皇潤(こうじゅん)のファンの方々にはご愁傷さまをいうしかない。私も結局、暗示には掛かり易いらしい。半信半疑でも呑めば信じることになり、呑まなければ信じない事になる。

.

 半信半疑とは言葉のアヤで私はハッキリ信じた訳です。もっと物事は厳密に考えなければならない。教訓になった訳です。私の股関節は最近、ガリガリゴリゴリと摩擦音を高めます。身体を使えば悪くなり、使わなければ別な意味で悪くなる。

.

 手術なり、すれば良かろうという人はあります。手術すれば良くなる訳ではなく、私の場合は自由度が狭まる……そういう可能性が高い。厳密にはやってみないと判らない。そういう事になります。

.

 で、一番安価なグルコサミンを、気休めの絆創膏を張るように呑んだ……そういう所に実態があります。サプリは、少なくとも皇潤の類はそういうモノと思います。ああそうかで、止める人もあるでしょうが止められない人も、あるでしょう。

.

 今までの自分を変えたくない、変わりたくない。あの米国でも科学より聖書に書いてある事を信じたい。女性は男の肋骨から作られたとか、男優位になる。考え方の根拠になる。つまり黒人は白人に比べ人間的でないとか……人権の扱いに誤りがある。

.

グロコサミンが効くが短期間に効かないに変わる。最近は短い期間で現実が変わっています。週刊新潮もネットも効くと書いていて、私もこのブログで体験的に書いた。さすがに効くといった学者はなかったが……

.

間違いだったと判っても、内面では昔を引きずっていて切り替えが出来ない。そういう教祖も、信者も無論あります。申し訳ありません私の間違いでした。いえ誓ってグロコサミンは、もう買いません。

2014年9月14日 (日)

明暗 夫婦の言語力学

Huhuno

漱石の「明暗」は前期三部作と対応するのではないかという仮説による、小林千草(64才)さんの「明暗 夫婦の言語力学」を読んでいます。私は、漱石での恋愛はいわゆる恋愛ではなく、実母と縁の薄かった漱石が、親身な母のような女性を得ようとする話と思っています。

.

 

一般の男も結局、知らない女性に母の面影を求める……足の裏でもいいから母に似て欲しい。足の裏が母に似れば安心できる。そういう男は漱石の他にもいて、たとえば川端康成とか。全員とは言いませんが一般にも、多かれ少なかれあると思う。たとえば「明暗」の津田(30)の妻お延(23)には叔父(岡本)があった。叔父と仲がよい。

.

 

親密な会話を交わすうちに、お延はすっかり男扱いに自信を持つに至る。そこで津田を見込んで結婚した。だが津田は叔父を扱うように行かなかった。つまり叔父と姪は擬似恋愛にあった。一般に親子は擬似恋愛です。幼ければ、どの息子も母と結婚したがり、どの娘も父と結婚したがる。

.

 

しかし漱石は育ての親を本当の親と信じておらず、夢十夜の3夜目に出てくる父や、短編「蛇」に出て来る叔父のように思っていた……事になります。従って漱石を反映したとすれば、津田は気むづかしいでしょう。津田は痔の手術をします。医者に言われそう決心するが当然というか、本音は恐い。

.

 

手術が恐いと言うより痔に象徴される不条理が恐い。私は痔の手術はむろん、股関節の手術体験が何度もあるので手術が恐いという事はない。おそらく死ぬのもあまり恐くないでしょう……死んで見なければ判りませんが今のところの予測はそうです。

.

 

新婚とはいえ夫婦ですから一番恐い時は配偶者に側にいて欲しい。妻をおいて実母に居てと思う男もあるでしょうが、あまりは言えないでしょうネ。津田はお延には観劇に行っていいと言う。ここの内心を隠すが、漱石自身が読者に隠したようで記載がない。お延は津田の内心を半分見ぬいていて、病院に付き添い、機会を見て抜け出す魂胆です。

.

 

お延が観劇にこだわった理由は叔父叔母、継子と会いたかった。23才といえば、そんな年頃ともいえ、津田の愛に疑問を感じる由縁でしょう。ところが観劇は継子の見合いであって、そこにお延が呼び出されたには裏表の理由がある。表向きは相手男の鑑定、その実は継子の引き立て役と知れます。見合いといえど権謀術に取り巻かれる。

.

 

津田にもお延にも後盾はあるものの、どちらも叔父でなぜか実父ではない。二人の社会的な立場は危うい、この辺に三四郎等との筋立てに共通点がある。これに思い至ったお延が泣き出すシーンがあります。そういった描写はこころが一番、親切だった気がするがそれでも判り易くはない。明暗では更にサラリとします。

.

 

津田とお延は相思相愛と書かれてますが、実際はそうとばかりは行かない。津田は本音がはけず、お延も観劇に行きたい。二人の愛には亀裂というと何ですが微妙なズレがあります……ト私は思う。小林さんは私より2才ほど若い人ですが、痔の手術体験はないようです。女性ですから出産体験はあるかと思うが、津田のそういう不安には触れておられない。

.

 

痔の手術も今は随分、安全な事になりました。出産もそのようです。夫に付き添って欲しい女性の気持ちや、やはり実母に付き添って欲しい気持ちも、以上に書いた限りでは判ります。新婚でも旧婚でも、継母でも継父でも本人にはなれない。実も蓋もなくいいますが、判ろうとする気持ちと判って欲しい願いがあるだけです。

.

 

手術に不条理を象徴的なことを感じる私は結局、男なだけかもしれない。大正の状況では今より手術は不安、恐いものとしてあった。私も手術に際してこれという所を自分で選びました。私の知る女性は、親の推薦する産院を蹴って、自分で産院を選んだそうです。むろん自分には判らないと、友人の推薦する病院でガン手術する人もあります。

.

 

不条理とはなるべく考えず、病院や産院を日常の延長と考える。なるべく近所の病院を使う。小説での津田の病院選びはそのようです。しかし漱石自身は大病院を使った模様です。漱石には痔より大きな病気の体験があり、これが裏として使われているフシがある。つまり、それはないと考える人がいても不思議ではない。

.

 

年齢からいって小林さんも明治の話し言葉には確かな裏は取りようがない。そう思うと著書の記載に首を傾げる所もある。小説の人間像は不条理にはなく、もう少し一般的な夫婦愛について書かれる。そうすれば小林式に小津安映画との比較で考えていればいいか……とも思う。小説は未完で終わるが、漱石は伝言など残さず、決着まで書くつもりだったのか?

2014年9月12日 (金)

降霊 映画

Kourei2

夫婦は心から信じ合い、その間に隙間も動揺もなく、外目には建設な愛を育むかに見える。ただ二人の家は畑や田んぼに囲まれた一軒家で、周囲には隣家も一切ない。他には何の不足もなく、二人に足りないものは子供だけに見えた。運命は良いものでも悪いものでもない。夫婦に、思いがけなく子供がもたらせられる。

.

 

昔々の決まり文句のように、お爺さんは山に芝刈りにお婆さんは川に洗濯に行った……お爺さんの帰りのトランクには、緑のドレスの女の子が入っていました。いっぽう可愛らしい女の子が失踪した話を、お婆さんは川で聞きました。でもまさかその子がお爺さんの商売用トランクに入っているなんて……

 

.

お爺さんは……いえ役所広司さんはドラマ制作らしい所の効果音担当で、注文を聞いて音を調達します。その奥さん、吹風ジュンさんは降霊術の才能がある。それらしい光景が次々あるが肝心の術師としての力は省略され、どの程度かが判らない。才能に何か欠ける所があるのか? 視聴者がそう思い至るのは随分、後になってから。

 

.

降霊ではないけれど似たような占師は熊本にも数あります。それぞれ除霊中に猥褻行為、また事故が起こったり、裁判になって詐欺罪が成立したケースもある。このたぐいは大きく当てにしない方がいい。風吹さんは降霊と関係なく、赤いワンピースの亡霊を見るシーンがあり、少しは才能があります。この才能を実利に持って行くには……

 

.

肝心の利害が絡むというか、ここぞという所で腕を見せる事が出来ないのです。そうこうする内に事柄は自分の身の上に降りかかる。つまりお爺さんは録音に行き、そうとは知らずに森で女の子を連れて来る。この先は書かない方がいいかなあ。話はある古典を現代に持って来ている。

 

.

吹風さんの所にお客さんとして、石田ひかりさんが出ます。随分と珍しいので見とれてしまいます。石田さんは恋人が亡くなり別の男が出来たが、どうしたものかという話をします。これは本筋と関係のない話で、昔の恋人は石田さんの胸の中だけに生きている。どうしようとは、降霊とは関係なく端的にいえば身の上相談です。

 

.

恋人を取るか別の男を取るか。思いあぐねる事はそれはあるでしょう。定まるまで思いあぐね続けるか、いっそ男に相談するか? 関係ない女友達に相談するか? なぜ見知らぬ降霊術師への相談か? 私など判ったようで判らない。いや判らないようで少しは判る……つまり掛けですね。下駄を投げて表裏で恋占う。男と一緒に競馬に行くか。

 

.

このシーンは役所さんが神主を雇うシーンと対になっています。神主役は哀川翔さんで、例のドナルドダック声で地獄の在、不在を話すシーンと重なる。神主だから地獄はあると言うかと思うと「判らない」と答えます。そういえば地獄は仏教の発明で、神道ではあの世も存在しないことに……私は笑ってしまう。いやそれは私も判りませんが。

 

.

私はこのように別れた恋人、あるいは霊に取りつかれた体験はありません。しかしご承知のように病気に取りつかれた事ならあります。最初の発病は11才ですが、その後2、3年置きに病気は再発しました。それが20代になると4、5年置きになり……30代では6、7年置きになる。50才を越えると再発はないト、医者から言われてました。

 

.

いつ再発するか。不安な病気には私はうんざりして、私は50になるのが楽しみで……しかし53の年にいつものように微熱が出て、再発らしいから暫く入院と言われた時はガックリ来ました。エエット、これが今日のオチになります。つまり私の天国は50から再発までのほんの2年だった訳です。

 

.

「降霊」というのはTVドラマで、もともと映画ではなく低予算で作られた。その後DVD化された。ドラマとしては良く、書いたようにワンシーンだけのゲストも面白い演技を見せる。ホラー出身の黒沢清監督が上手いペースで持って行きます。なぜかとても怖いという評判……でも私に言わせれば書いたように古典ベースの、やたらリアルな話に見える。

2014年9月11日 (木)

免許更新

Kourei

自動車免許の更新を行います。ゴールドで65才更新という事は、次回は71才で、つまり高齢者更新となる。その次ぎは後期高齢者更新……今回のように30分で簡単すんなり講習とは行きそうもない。また買わされた安全運転教書。これによると高齢者更新授業は近所の自動車学校で(更新半年前から受けつけ)トそう書いてあります。

.

 

私のような身障者には学校選びも、ポイントでしょうな。講習内容が全く同じだったとしても、エレベータ等の設備のいいところと悪い所で、苦労には多少の違いが出る。そんな事態に向けてのコメントは教科書に何も書いてありません……当り前です。ネットでの検索なら何か出るかもしれませんが、講師に質問してもおそらく何もないでしょう。

.

 

それでなくとも講習はびっしり30分、のんきな次回に向ける質問なんぞ、一問も受けなさそう。何しろ高齢者更新制度は出来て1年、新しいのでそういったノウハウは蓄積自体がない。まあ講師にも誰にも早過ぎる質問です。5年もあればエレベータのない学校も、考え直して付け加えられる。時間的な余裕すらあります。

.

 

そういう事を考えながら「各自で好きな学校を選ばれていいと思います」ここだけでなくサラリとした講師の一般指摘を聞きます。更新までが3年でなく5年となると前回更新の記憶は薄くなります。道々が全く変わる訳ではないが交差点の風景が別な風に見えて、もっと行くのかもう近いのか判らない。

.

 

眩暈を起こしたように風景を見直してしまうが、青信号とやがて流動を始めた光景は、何事もなく見覚えのある光景にもどる。見覚えと眩暈、眩暈と見覚えのくり返しに油断がならない……70才高齢者更新授業の価格には、いろいろ説がある。