« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月22日 (水)

明日、ママがいない!

Mamaga誰でも見たい所を見たいように見る。思いたいようにも思う。つまり想像力でふくらませるが、それは勝手というもので、基本的に見る側の自由です。見せる側の意図は半分で、後では見る方の意図も混じってくる……それが自由という事なのだが。

.

露出した時、意図したように「見てくれない」と露出を後悔した身障者はいた。たとえば「障害は不自由だが不幸ではない」と意図する。だが不幸な健常者は、自分よりも不幸な事を身障者に探し、そう見たいのです。でなければ見ない。ブログを読むのは無料だが、本や新聞は有料であり、映画やドラマも、つまり買わなければ見られない。

.

むろん読む行為にもエネルギーは取られる。不幸と思う人は、自分より不幸と思える人を探さなければ、不幸を止められない。自分の不幸を止めるためにエレルギーを割くわけで……だから無意識にも不幸を探す。障害であろうがなかろうが、そもそもは関係ない、見たくもない無関心な他人だから。

.

騒動なので、ドラマ「明日、ママがいない!」初回を見ます。娯楽ドラマであってアーティスティックな要素はない、ト私は見ました。製作側は初回だけでなく最後まで見てくれト言いますが……視聴率が製作側の目的で、あれでは娯楽だけが目的のドラマに過ぎない。

.

映画でも同じく施設出身の子供たちを追った物語があった。「オリバー・ツイスト」をアレンジした「奇跡のシンフォニー」でそういう意味では似ている。ああいうのをTVドラマで作りたい。今の施設にいて、学校に行く子が、どう受け止められるか関係ない。

.

そして気持ちが透けて見えるような……ドラマの動機はガサツで作りは薄っぺらく、取材の跡も感じられない。費用を削られたのか、全体に安っぽい。現代の話だから施設だが、思わず孤児院と言いたくなる、古めかしい演出をする。ドラマの宣伝の一枚の画像にも、それは表れてましょう?

.

この映像の手の中に杖がある。三上博史さんは役の中で杖をついている。身障者でコツコツと音を立てなければ体の移動が出来ない。いつ、なぜ身障者になったか、説明はないが、そういう意味で私と同じ身障の身の上です。むろん三上さんは私よりハンサムで目鼻が整い、目を引く。

.

しかし長い時間見ていて、幸福感が漂うという顔ではない。失礼ながら華がない。なぜか不安な、不幸な雰囲気が漂う。くり返します。華どころか私はハンサムでさえありません。長く一緒にいると、なぜか不安な不幸な雰囲気を感じるらしい。杖を見えない所に置いて、健常者のふりをしても、その雰囲気は抜けないらしい。

.

「奇跡のシンフォニー」の最初の方に、施設で主人公がイジメを受けるシーンがあります。主人公は捨て子の身の上を拒否し「親に捨てられたのではない」と言い、思い張るからです。つまり自分は不幸ではない。すると施設の子たちの勘にさわり、またイジメのネタにされる。

.

私は何となく三上さんという所から、人間関係を始める。この年だとイジメようとする方もないのだが、まあ上手く行ったり行かなかったり、自分の頭の上の蝿を追うのがやっとこせ……まして若い人に指導やアドバイスは出来ない。だがドラマはそこに自信を持つ、僭越を感じる。

2014年1月12日 (日)

トマト、もう一杯!

Tomatスーパーの棚に「理想のトマト」と、妙な名前のトマトジュースを手にし、好奇心おさがたく遂に買ってしまう。私はトマトジュースは好きなのです。が、この寒さにジュースはどんな物か、ゾッとしてしまう。いや買った時はまだ気温はあたたかく、箱の口も開けた。その味も悪く無かった

.

つまり味はイタリアントマト、トマト缶にはよくある、あのトマトで、丸くない長いトマトとしても見かける。それに塩も砂糖も加えないというジュースが、何で甘いのか。これを伊藤園では11年に発売という。熊本ではそんなに早く売られない。

.

ここでカゴメの名前を出してもいいのか、野菜生活のようなジュースといえばよく判るのか? カロリー、エネルギーは同列にかなり高いと思う。青臭さや酸味がなく飲み易くはなるが……酸味のなさは理論的に、疲労感の抜けの悪さにつながる。酸味は苦手と軽くいわれる方がある。

.

いうのは勝手だが疲れやすく根も続かない。両者はペアになっている。酸味を取らないから疲れやすく、仕事が続けないから、さらに酸味も苦手になる……悪循環が起こっている。若いうちには差がでない。中年あたりから出る。昔は中年が老年で、それ以降はすぐ死んだので判らなかった。

.

ところが最近、中老年の間は長く伸びた。筋トレ室やプールの脱衣室が様変わりします。体を動かした日や、翌日はグッタリくる人、そうでもない人があります。個人差や生まれつき、それは体質ではなく生き方がつかめない……未成熟の疑いもこい。

.

疲れたら甘い物の常識も災い、ここに来て酸味に慣れる必要が出た。豊富な食料と大量生産、豊かさの前提条件に、舌が間違ったのです。長い人生の前に、少しずつ甘い方ズレてしまい、生き方にも狂いが出てます。ご満足の本人には、おせっかいという物ですが……

.

私はクエン酸を別に飲むので、この甘いトマトジュースがいいような悪いような……それより問題は、この気温です。空気の冷え、冷蔵のジュースを飲むのはゾッとしない。ホットジュース、いっそ暖めるか? うう、寒いジュース、もう一杯!

2014年1月10日 (金)

礼服と平服

Homeresイメージは大切です。だが、もっと大切なのは、何のイメージを誰のために使って、何を伝えようとしているか? 左の写真のモデルは、役者や職業モデルではなく、英国における現役ホームレスらしい。

.

英国写真家ロージー・ホルトムさんの写真展による。ユニクロやH&MのCMではない。幾分あざとい写真の主は、本物のホームレスという。つまりロージーさんの、巧妙なイメージの勝利なのです。アルマーニのスーツではなく、そこそこの生活着メーカー風というか、ある種、着こなすと立派な主張になる。

Hm

.

もはやマネキンに着せた服イメージはダメで、次の写真で出したH&Mスポーツ服のCMには主張があります。もっと言えばヨソ行きや晴着ではなく、日常着に予算を使うほうが、その主張もよく出ます。昔は晴着に金をかけました。むろんお金持は両方にかけた訳で、一般には日常を節約しました。

.

いつ逆転したかは私にも判らない。だが郡部の祖父祖母は、今も昔も同じと思っています。彼らに、しまむらとH&Mの違いは判らない。「同じじゃないの。安い方がいいよ」とか言います。こういう人が主導権を持っていると、若い人の自己実現は出来ない。

.

服で自己実現が出来ないとは、他の自己実現できない。端的には、その可能性が高い。つまり一事が万事になる。儒教倫理はむろんいい所もあるが、感性のある人がない人のいいなり、みすみす悪い選択に陥る。老いては子に……も儒教のはずですが、いい意味が引き出されにくい。

.

昔は時の流れが遅かったので、それでも良かったが、今時は早くなりミスは尾を引きます。今日、明日の服の印象が悪いと、年に一度の晴着では打ち消せない。親戚の結婚式に出るのに礼服を作ったら、私はスポーツウェアにお金が回らなくなります。

.

平服は近くの他人に見せる。遠い親戚の結婚は来年も一件あるかないか? それまで礼服はタンスのこやしでしょ? 親戚中に目にモノ見せたい、祖父や祖母の見得も判らないではないが、まあ遠い親戚の誰がナンと思おうと、私はほとんど関わらない。そうじゃありません?

.

昔のホームレスといえば、たとえば酒とマリファナに人生を見失った人、象徴的に自業自得を意味しました。映画ダークナイトライジングあたりで観ると、新自由主義は、どうもそうではない。写真家ロージーさんの主張は、私たちもいつホームレスになるか? そういう主張にあります。

.

身障者のイメージも、これに無関係とは言えない。障害と挫折に打ちのめされ、人生も目的も何もかも見失った人という見方が、まるでないではない。つまり有る。そういう意味で少し見栄を張れ、田舎の祖父の意見はそういう意味でなら、判らないではない。

.

そろそろ冬物バーゲンの時期になります。予算からは、しまむらかリサイクルショップに行きたい気がするがイメージは……結婚式はサボっても、やはり平服をユニクロにした方がいいのだろうか? 

●ホームレス写真展 http://news.livedoor.com/article/detail/8414927/

2014年1月 8日 (水)

交通事故で障害が出たら

Bengosi交通事故で被害障害が出たら下記の3つが大事になる。つまり手腕が問われる。

1.治療が継続され、打ち切りがないよう交渉 2.後遺障害等級認定 被害者の立場から等級申請(つまり重く評価されるの意味か?) 3.示談交渉 交渉で金額に差が出ることも

自動車保険には弁護士特約を付けるのが普通だが、付いてない場合は自費で弁護士を頼むか、自分で交渉しなければならない。自費で頼むと代金はおよそ下記のようになる。

初回相談、着手金は無料 成功報酬で 21万円(税込)+回収額の10.5%(税込)

弁護士特約が付いている場合 相談費用10万円、弁護士費用300万円まで保険会社がカバーします。

●弁護士法人ベリーベスト法律事務所 http://www.bengo4.com/pf/traffic/profile/988/

2014年1月 7日 (火)

ミッドナイト・イン・パリ 映画

Mid知らない町を散歩するのは楽しい。街角の向うにどんなビルがあるか、そこに何を売っている店か判らないからだ。どんな人に会えるかを期待してみるのも楽しい。それと同じ仕掛けを、同じくパリを舞台にした邦画で「新しい靴を買わなくちゃ」も観ました。

.

靴の感想はここに書いていない。恋愛映画ばかり見ていると心は狭くなる。損得や恋愛以上の、何の中身もない映画はギスギスして貧しい。たとえば金儲けにしか興味のない男や、ハンサムばかりさがす、もの欲しい女性を連想してもらえば、その映画の感じが判るだろう。

.

ミッドナイト・イン・パリを「夜のパリ」と訳してみて、タイトル自体が、すでにモノ欲しいと気がつく。ウッディ・アレンの映画は、そういう意味ではつまらない。登場人物がみんな、そんな下心だけを持ち歩き、さらには持て余す。つまらないというより心が淋しいというべきか。

.

これは簡単にいうと夜店です。そういう風に思えます。夜店で買って来たものは大抵つまらない。つまらないと思うならDVDも借りなければいいが、音楽にそそられました。ステファン・レンベルのギターは、ジャンゴ・ラインハルトのようです。短い間、ちょっと聞くと特にそう。

.

ここの主人公はアレンその人をモデルにします。シナリオではなく小説を書きたがってます。いえ、すでに書いて誰かに評価されたい。私もそうだった頃があるので、一際よく判るが、古いプジョーに乗って知らないカフェに行くと、ヘミングウェイやフィッツジェラルドが「やあ」なんてネ。

.

マシンもなくタイムトリップ……それはモノ欲しいいうのと少し違う。シナリオライターよりは小説家の方がいい。結局はありがちな自己顕示と、まあそういう意味でのモノ欲しいには違いがないが、あこがれる世界は美しく、今のカミさんより美しい女もチラつきます。大昔の夜のパリともなるとネ。

.

今の時代には行き詰まり、自分に生き詰まっている認識はなく、昔は良かったなんて思う。著名なのは誰と言いませんが……根拠もなく時代劇みたいな事をいう。今を結果において物事を評価するんだから、確かなようでいて昔は、到底、判らなかった。

.

その昔「カイロの紫のバラ」という同監督の映画があって、それでは主人公は不都合な自分の現実を忘れ、モノクロ映画に熱中するそんなシーンで終わります。この「パリ」も映画の造りは同じで、教訓というか論旨も似た内容になります。

.

まずは映画館を出て、自分の今に、判断が待たれます。 . 知らない町を散歩すると楽しい。それには理由がある。今、自分の判断を保留し下そうとしない。下す必要もないと考える。原稿を抱えもち、知らない町を歩くだなんて、まあカッコ悪い、みっともない。

.

性懲りもなく頼りになる女性を求める、なんてネ。アカデミー脚本賞なんて上げるから癖になる。アレンさんはまたダメ監督にもどったそうです……昔、文学青年であった人にもなかった人にも、この映画はホロ苦く終ります。

.

●ミッドナイト・イン・パリ予告 http://www.youtube.com/watch?v=_cgX7pnR-xM

2014年1月 4日 (土)

英国王のスピーチ 映画

Eikokuo吃音は身体障害ではないが、CPなど身障者にもよく見られ、むしろお馴染みの症状のひとつです。吃音の原因は3つほどあり、その内2つは更に3つに枝分かれする。今なお大雑把に7つの原因が考えられ、つまり明確な原因とは言えない状況にあります。

.

映画では英国王は幼い頃、X脚や左利きの矯正を受けており、これを吃音の原因としている。兄王子はいったんエドワード8世として王位につくが。この新王は禁じられた既婚者、夫人との結婚を諦めきれない。それで弟王子に王位を譲ることになる。

.

この新王ジョージ6世には吃音の問題があった。当然、伝統的な治療が先に行われるが成果は上がらない。斬新な療法を試みるローグ療法士と、ジョージとの治療が始まる。データによれば脚本担当は、実際に吃音の人という。リアリティに執念と差別への怒りが感じられる。

.

古いことを言うと、この映画は「奇跡の人」の新版になります。堂々のアカデミー賞となり続編が決定したとも伝わる……とは言うがDVD屋の棚で、この作はダブつき借手がなかった。奇跡の人も当時は地味な映画だったが、主人公を演じた女優はTV人気もあって、私たち世代には、まだ人気があった。

.

つまり奇跡の人を私たち男は色気に釣られてみた。人間も思春期に入ると性的な動機しか取らなくなる。事実上、動物とも大差はない。少なくとも男はスカートがチラチラしないと映画を見ない。戦争やアクション、恐怖やバイオレンスも、どこかが性にリンクしているらしい。

.

この時代、ヒットラーが台頭している。エドワードはこれに擦り寄る対策を取ろうとした人で、むしろジョージはかなわぬスピーチ力で、これに挑んだ。世界に先駆けドイツに宣戦布告したからです。とても立派な英雄なのだが、王妃ともども存命中の映画化は禁じたそうな……

.

そういう意味では嘆かわしい。ヘレン・ケラーさんは、もう一人いたのです。いや沢山のケラーさんが世界中にいるはずだが認められていない。何しろ本人も周囲も差別のただ中にあって、その現実を見ようとしない。脚本化から何年も置かれ、映画化後もさらに置かれようとした。

.

そういうDVDです。セリフとセリフをぶつけ合い、障害へのイジメは過酷で、治療へ遭遇へ、壁と壁はビッシリひしめく。どこにも浮つきがありません。王家といえど理解はない。いや王家なればこそ公然と差別される。なおあろう事か米国では、この映画にRをつけ子供には見せなかった。

.

理由は飛び交い、連呼される卑猥語と思われる。健常なる家族は実父や兄弟さえも、身障には無理解でしかない。映画に感動した日本の健常者も皆無と思われます。残念ながら現実はダークナイトのようにはいかない。だが生きるには観なければいけません。

.

●英国王のスピーチ予告 http://www.youtube.com/watch?v=uS3SWKfQZh0

2014年1月 1日 (水)

ダーク・ナイト 映画

Darknightダークナイトに続けてダークナイトライジングを観ます。これはミルトンの失楽園を踏まえるとの話で、そうなのか違うのか関心がわきます。だが私としては映画は黒澤明監督「用心棒」と比較した方が早い気もする。その方が面白いかも、と書きましょう。

.

バットマンは、警察や判事側の用心棒です。これに対し、ジョーカーはギャング側に自分を売り込みに行く。ダークナイトの最初が銀行強盗シーンなので、判り難くいが、警察側に比べギャング側の不利、手薄を見て用心棒を買って出る。例の鉛筆を消してみせるシーンです。

.

「用心棒」では町を2組のヤクザが対立している。三十郎は両ヤクザを戦わせ、労なく町の掃除をと企みます。このアイデアはハメット「血の収穫」によります。企むというのは、そもそも正邪でいうと邪悪に属する。用心棒では仲代さんがピストルを持って出て来ます。

.

三十郎には居合切りの特技があって、仲代卯之助のピストルは更なる新兵器という訳です。元々は三十郎の中に邪悪がある。そう言えないことはないので、時代が下ったり息詰まると人は別の手を考える。その手は旧来から見ると、あまり正しくは見えないと考えらる。

.

男の原型は、黒澤世界では加藤大介さん扮する亥之吉のような男と思われる。策略を巡らして勝つというのは卑怯と考えられる、元々はネ。三十郎は呑んで考えるクセがある。そうすると知恵が出ると人物と造型されている。つまり居合切りというのも、やや卑怯な手か?

.

酔えば潜在意識と、どれほどかかわれるものか? ともかく無意識が持ち出されます。人物造詣の根拠は黒澤です。三十郎像のモデルは自画像と証言のあるところ。バットマンの造詣では形であって、中身の性格ではない。富豪とかランボ車の設定になります。

.

モデルはなく、万能の筋肉男、観客にスタイルの自画を描くよう設計される。つまりナルシズムでしょう。本当に本当は自分はカッコいいはず、偽バットマンの比較は笑えます。そのバットマンが言い合いでジョーカーに負け、レスリングではベインに負け、後はリハビリに励む姿に笑います。

.

形から内面に向けて、あるいは意識が潜在意識と対話する。用心棒の世界を掘り下げるとバットマンの世界になる……大雑把にそう言ってもいいでしょう。ただ「ライジング」になると混乱して意味不明の感も否めない。

.

現実は光景です。観客は現実世界に閉ざされる。光景を変えるのは物語、ストーリーです。観客は座席でイラだっている。映画には物語があってこその価値とストーリーの結末を待ちます。しかし私のような老人に違う結末があるか、すでに私の結末は訪れているのでは?

 .

私には自分が身障者であるという現実がある。健常者にも酔って夢想していても思うものには成れないという現実があります。劣等感や老いをはね返すには水泳や筋トレを行うしかない……それは私のリハビリとも大差がない。

.

●ダークナイト予告 http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88