« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月18日 (金)

顧問監督します

Komon顧問、監督など複数スポーツ部を率い、指導の第一人者として高く評価された人の講演を聞きます。だがその名前はここにすんなりと書けません。「金メダルと簡単にいうな……体罰を失くして強くなれるか」講演中にこぼれた言葉に、私は失望します。

.

弱い選手に体罰を加え、あるいはひとりの選手をイジメる事で運動部全体を引き締める。そんな手法を用いる人に監督を名乗る資格はない。先日、前園真聖氏のタクシー運転手への暴力が発覚し、前園氏の酒乱が知られます。記憶がなくなり暴力をふるう癖からの事件は初めてではなかった。

.

前園氏はマスコミやタクシー関係者に禁酒を誓う。こう言ってはいけないが無名の関係者が、有名選手だった人を諭す場面になります。全日本のサッカー選手もタクシー会社担当氏にも、職業に貴賎はない。真面目な無名運転手もあれば理不尽な有名選手もある訳です。

.

講演ではこの部分に質問が出ます。 「体罰について意見を願います」 講演者は「……これでお答えになっておりますでしょうか?」トはぐらかします。これほど問題になってることを肯定するとは言えなかったのでしょう。体罰は暴力にエスカレートする。

.

英国では昔に問題になった事があり、徹底的に議論された事がある。体罰を直して現在に至る。この辺の過程が「時計仕掛けのオレンジ」一般版と改定版の違いにあり……暴力を振るった側は簡単に忘れるが、振るわれた側は一生、忘れられないトラウマとなる。

.

体罰は暴力を誘発する。日本の場合は儒教の影響が残って、先立ちを正すのが出来にくい。そこは韓国あたりとも重なります。万機公論に決すべきとは言うが、都合の悪い事は記録に残さず、場や水に流そうとする。それで判らなくなる。時間が経つと事実が判らなくなり、同じ過ちを犯します。

.

「人に勝つより自分に勝て」と言ったのは柔道の加納さんですが、それでは自分の間違いは正せても他人の間違いが正せない。そして恥ずかしい、間違いだけが残る。自ら間違いはむろん正し、他人の間違いも直さねばいけない。そうでないと他人の恥が自分の恥になりかねません。

.

そして体罰を食った者は、人に体罰を加えても平気になります。屈託したトラウマがさらに体罰や暴力を産む。そこを外国からも指摘、言われる事になります。血を流しても水には流さず、白黒はっきりさせた方がいい場合もありますネエ。え、私? そんな根性ありません。

.

いえその点は、筋トレも水泳は指導というか。自分の泳ぐ量を決めるのは自分です。この日スイマーズハイは具合よく効いて、止せばいいのに2000も泳いで、ぐったり……やっとここを聞き取っただけ、とても質問なんか出来ません。

2013年10月17日 (木)

ペタルダンス 2

Petarujprg何かする時にどこまでやるか、決っている場合もあるし、ない場合もある。この映画の場合は、古い友達に会いに行くのだから、旧交を温める。昔の交際をまた始める……意味になる。もっと言うとお互いが変わってない事を確かめたい。

.

 

「イージーライダー」では麻薬でもうけた金を軍資金に、何か面白いことはないか? お遊びに出かける話で、動機に関して正反対だろう。あらかじめ4人は行きづまりは感じるが、自分や人生を、大きく変えようとは思っていない。

.

 

つまり女子会をやるのであって、それは合コンではない。ここは映画がたまたま、そうではなく一般化できる。喫茶店がすたれてカフェがオープンする、同じような物ではないか? 違う。喫茶店はいわば男の集まりを意味し、カフェでは女性に重点がかかる。

.

 

女性はシングルバーに行きたいのではない。それは忽那汐里さんの事情で示されるが、勤めていた店が倒産の事態に変化を強いられる。だが結局、忽那さんは変化したくない。ついでにいうと、安藤サクラさんはクルマを貸した前の男とヨリを戻すト、そう読める。

.

 

私が先日行ったレシートが出てきます。「ミュージック・カフェ・モリコーネ」で食べたのは、佐世保バーガーでなく「生ハム・バジル・モッツァレラ・トマトのフォカッチャサンド」なそうな、長いなあ。自然食イタリアンで……イタ飯は簡易型のおフランスですネ。

.

 

この店で紹介しているCDに、バーデン・パウエルがありました。それは誰かいうとボサノヴァギターのテクニシャンで、要するにブラジルの長谷川きよし……こんな実もフタもない紹介でいいのか? 昔のLP演奏からCD化した物です。

.

 

悪いと言ってるんではありません。なつかしやバーデンさん、今どこへ行ったか? アナタのダブルLPをジャケ買いした事もありました……変化を強いられる時代にあって、なお昔のままに生きたいと願う。この映画ってそういう映画です。.

 

 

そういう事も判るけれど、私は仕方がない変わって行こうと思う。漱石も筆書きから万年筆に代えています。原稿用紙を糊とハサミで切り張りするよりパソコンが早いでしょう。料理だってカッターやミキサーを使いましょう?

.

 

映画に戻って、4人が紙とペン買って心理テストするシーンがあります。100の名詞を書いて、その最後の3つの名詞を使って絵を描け……そういうテストです。100の名詞は意識を表面から底にもぐり込み、潜在意識から再出発せよ。そういう意味と思われます。

.

 

それ本当にやると面白かった思うが、実際にはやってない。4人の時間調整が大変で、長い時間は撮れなかったと思う。それでまあ、こういう映画になった訳です。自分で撮ったような口調ですが、共感して観るとそうなります。

.

●画像は石川寛監督

2013年10月16日 (水)

北のカナリヤたち 映画

Kitano同世代なので吉永小百合さんの映画というので観ます。これは湊かなえさん「往復書簡」が原作で内容は湊形式、例のバトンタッチの形を取ります。いえ形だけでなく内容もミステリではないが「贖罪」と似ている。それでつい比較したくなる。
.
バトンを受けるのは贖罪では女性ですが「北のカナリヤたち」ではご覧のように男も入る。男の自意識と女性のそれとではギャップがあって、バトンはその場合どうなるか? その辺りに必然的にというと何だが、私としては関心が向います。
.
ノブトには子供の頃から吃音障害がある。むろん人にもよるが吃音の人は劣って見えても、並外れた能力が隠れる。かなりの率でそうだと思う。つまり能力がバラける、そういう魅力がある。森山未来さんが少ない出番を嬉々として演じます。これは儲け役です。
.
ノブトをイジめるのがイサムで、後ろの席から輪ゴムを飛ばし、また泣かせてしまう。はる先生に石を投げるシーンもある。大柄で単純に見えるが、そういう劣等感を抱えた感じは一通り、出番は多いが映画では造形が浅い。対象的になります。
.
私が男のせいもあるが、女子の描写の方が面白く……難しい描写をやるには時間が足りない。ノブトとイサムのエピソードの他にいくつもの話、エピソードがあって、一本の映画には収まり切れない。贖罪は撮影はハイビジョンだが、一応ドラマで長いのです。
.
直には絡まない話と話を積み重ね、最後のエピソードに持って行かねばならないが、そこまで構成力はない。子供時代の性格と、それが発展して大人の現在に至る。面白いネタなのだが……その収斂が難しい。で、泣かせて涙に流す訳です。
.
贖罪でもこのオチなら、あのエピソードは要らなかった。そういう部分があるが込みで見る事になる。観ている間が面白ければ、映画は泣いたらそこは判らなくなる。男は泣きませんから厄介です。余分があっても仕方がない……そういう商売は通用しない。
.
米映画で新作の何本か、導入部とラストと合わない作品が来ているト言われる。私は観てないので題名は言えないが……有名監督のちゃんとした映画がそういうので、つまり作り過ぎてネタ切れ。いい事ではないが日本だけの事でもありません。
.
観客の側からいえば何も考えずに観たい。考えなくとも判るように作ってくれト、要望に答えるには限界がある。たとえばイジメる側とイジメられる側では9対1くらいでイジメる側に問題があるが、イジメられる側の抱える問題はゼロではない。
.
私はイジメられる本人が悪いとは言わない。上記したエピソードではイジメというコミニュケーションだったトそういうオチになる。まあ妥当なオチではあるが、これを見るために映画館に行くか? 今もある問題をなつかしいネと、涙で落とされても困ります。
.
このエピソードに関してだけなら「真夜中のカーボーイ」の例があります。女性目線で見てると判らない。北のカナリアたちを見た後にイジメの糸口なり見つかるか。考えたくない人が考えようとするか? はる先生、歌うたってる場合ですか?
.
●北のカナリヤたち予告 http://www.youtube.com/watch?v=sZjFpl35s64
本編 http://www.gooddrama.net/japanese-movie/a-chorus-of-angels-movie

2013年10月15日 (火)

買う、買わない?

Okai需要がなくなる必要がなくなる。当り前だが要らなくなった物は買わなくても良いのです。消費税を前に上がり始めた物には支出を抑えます。買うまい買うまいとの意識は、それ自体が気が沈みます。しばらくは違う気分の取り方、バランス感覚が必要になる。買物好きにはそれは難しい。
.


買物依存とかでない普通の人も、買った物を持ち帰る道は、顔もほころんで楽しそうな笑顔になります。いつも陰気な人も普段が消え、心持ち陽気になる。買物が先月も今月も何もないと陰気が深まり、うつの傾向に傾きます。どこも寒いわけではないのに何か寒い気になる。
.


こういう時は陽気な歌を口ずさみ、黒い服は着ないトカ。陽気な本もないでしょうが、陽気とつながりそうな本をリストアップしてその力を借りるトカ、心をコントロールする対抗策は練ったがいい。何となく楽しそうに振舞うから理由は聞かないで、こちらも聞かないからトカ、友人とそう口ウラを合わせます。
.


……そうは思いますが、つい暗い方に率直になる。先日、聞いたのは英国のフォーク歌手、ベス・ウォートン。女優志望だった人で40才になってまあ、その目は出ない。開き直ったような突っ放した歌いっぷりで「ミステリー」なんてよかった。内容は判りませんがWブレイクの詩に影響されたとか。
.


明るくが思うように行かず思うだけで止まってしまう。Beth Ortonが心に添うのは、本当の私がそうだから……自分を裏切り、嘘の自分を口ずさんでも、もつ時間は短いでしょう。本当の所はこのCDを買いに行きたい。でも買わない。ジョニ・ミッチェルに似てるからジョニを聞いてゴマ化しましょう。
.


最近55才になったラジオヤジさんは、ギターを2台買いました。いっぺんに2台も買うから批判コメを受けるので……買わなくても受けますか? 60万円だとか言ってました。買ってもいいけど言わなきゃいいのに、満面の笑みでyoutubeで言ってしまう。音楽家だからギタリストだから……それが普通? まあ勝手ですけどね。
.


平気を装うのも大事と思われる。買ってもいいけど、金のない友人の前では言わないトカ、ちょっとした心使いです。いうから嫉妬心を買う。判らないように楽しめば普通に見えましょう。こっちのギターの方がこの歌には合うかなあ、なんて言ってればゴマカしが効きましょう?
.


いやあ、前から持っていたギターで……なんてネ。言い方はあると思う。エ、Beth Ortonをyoutubeで聞いてみます。ほら、ここにあるでしょ? アドレスここ、あなたも聞けますよ。CDは国内盤が出たみたいだけど前のCDは出てないようで、つまり、そうすれば一般には内緒に出来る。
.


英国ではこんなフォークがまた、流行っている。判らないけれど物ではなく心だよ、そういう内容の歌詞でしょ? ブレイクの詩をアレンジしてるって、不景気を全身で受け止めようとしている、そういう風に私には聞こえます。物でないとダメって受け止めが多すぎないかなあ。
.


まずはアイドル路線の楽しい音楽で、楽しくなって下さい。それに飽きたらBeth Ortonもありますから……大歌手というには、小粒なので、このMysteryがヒットするかどうかは判りません。まあ不幸になったら不幸を楽しむ位じゃないと、昨今やってられませんけどね。
.

●「ミステリー」http://www.youtube.com/watch?v=FpEafEZbWIE

2013年10月14日 (月)

楢山節考 本

Nara楢山節考は姥捨て伝説を小説化したものだが、作者の意図と別の需要があったものか? 新潮文庫で現在80刷、今も読み継がれる。おりんの一家では、息子が後妻を入れ、早くも孫も嫁を迎えるに至る。それでおりん(69才)は楢山まいりを決意する……という短編小説の筋になる。
.


年金給付を見直しても経済全体は好転せず、若者と高齢者の経済格差は埋まらない。つまり収入は変わらないで家族は増えていく。日本は「おりんの家」と状況では重なる。いや日本もト書き直すべきだろう。韓国も中国も日本より状況は悪く、さらに欧州も、あの米国までも良くはない……
.

 
かく言う私も、クルマを乗り回してジムに通うというと聞こえがいいが、そのクルマが軽で今年4回目の車検を控えるとなるとナンダと足元を見られそう。整形病院でやるリハビリは高くつき、雑誌ターザンを読んで自分で作ったメニュー、水泳、筋トレをすると格段に安くつく。
.


効果は似たような物……いや私の場合、自己メニューの方が効いた。細かく説明すると長くなるが、医師や療法師といえど、数年での大筋メニューを使うのであって、大昔のデータがある訳でない。私の症状に関してだけなら教わらずとも私の方が知っている。
.


悪く聞こえるかも知れないが、身障者フリーの筋トレルームとは現代の楢山ではないか。介護には手がかかり金がいる。出来るなら軽滅を計るのが良策です。よほど下手をしない限り限り症状は軽くなる……と思う。一般に身障者は、筋トレより旅行に行きたがります。
.


障害が重度化したら行けないから今のウチ……というのが言い分ですが、重度専門の旅行請負人は出来ていて金さえかければ、どうにでもなる。温泉からディズニーランドまで、ありとあらゆるレジャーは何時も不可能ではない。ただ金さえあればトの話に過ぎない。帰って来ても障害の何も良くならない。
.


行政や政治は、それでも高齢者の言う事を聞いているト大竹まことさんは言う。隠居大学にゲスト出演した大竹さんは、あの討論番組のウラをばらした後で「高齢者は選挙に行くな」と言います。政治は票になるので高齢者のことを、それでも行うそうです。
.


つまり選挙に来ない若者のことは政治は考えない。予算の割り当てが高齢者若者で11対1になっているト言います。私の意見は少し違いますが、大竹さんはそう言うのです。どうデータを取り何を計算した数字かは知りません。ただ行政が金を使えば、それは波及します。だが波及が消えても借金は、まだ残ります。
.


ツケは終らない。オリンピックもそうでしょ? オリンピックは実施プログラムが終われば、後には客の来ない設備が数十年も残ります。使える物は使いますが維持費はいる。使えない物はすぐにも壊す。その始末、維持費というのは税金で、オリンピックにも来なかった人が払う。
.


そういう意味で、収入は増えず支払いは増える。行政も政治も、後のことは知らない。楢山参りとは自殺死を意味します。楢山節考では、おりんが楢山に参った日に雪が降ります。雪の降る日に楢山まいりをすれば凍死する。多く苦しまずに死ねるという意味です。
.


●日経ビジネス「記者の眼」より 岩井教授が提唱した復興財源は消費税の引き上げでも、所得税の引き上げでもなく、固定資産税をベースとした「地価税」の創設だった。地価税を提唱した理由について、岩井教授は「資産を持つ高齢者が負担し、高齢者と若者の間の資産格差を是正するため」と話した。そしてこう付け加えた「こうした話は実際に高齢者になった我々が言わないといけない」。
●「楢山節考」考 http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20110719/221546/?rt=nocnt

2013年10月12日 (土)

自然食考

食事へのコメントはいろいろあります。若く見えたいがキーワードのオーガスト・ハーゲスハイマーさんは「老けない太らない疲れない」の主張で、最初はアンチエイジング食事メニューを提唱します。20才若く見せようトの本や講演内容もあるが……私の関心は惹かない。

.

オーガストさんは、直接そう主張したい訳ではなく、自分の会社の青汁サプリへ誘導したい。野菜を主食にすべき、それが出来ない。ならば青汁か、それも出来ないならサプリの青汁へと流れがある。いわゆる自然食とは違います。

.

ここで言うと、若さは私の目的にはなりません。 その実践理論は江部康二さんに似ているとの声が聞えます。江部さんというのは糖尿病の食事療法『糖質制限食』が主張の医師です。漢方からアトピー治療も手がけられる、その方面の勤務医です……とすると寄生虫療法からヨーグルトへ移行された藤田紘一郎医師にも似てきます。

.

藤田さんが糖尿体質の人で「炭水化物摂取禁止療法」糖質と同じ炭水化物ダイエットを提唱される事は、すでにこのブログにも書きました。このようにアンチエイジングと体質改善は関連はあります。動機の重なる人もあるでしょうが……糖尿病ではないので、これも私の動機にはなりません。

.

私の動機は股関節症です。リハビリはダイエットの側面があり、股関節への負担をへらすための水泳、筋トレと続きます。その前は取材、主に写真撮りで身体を使っていました。そういった関係か、元もとが若く見えたそうです。自分を写真に撮った訳ではないので何とも言えませんが、40代には20近く若く見えたらしい。

.

10才くらい年下の人にナメられる感覚は心地いいものではない。まして私の幸福感にはつながらない。老いたから若さに憧れる。そういう気持ちは私には無い。若さと健康は似ているが厳密には違うという認識です。老ける不安は、むしろコンプレックスにつながる。 糖尿とか原因をかかえ、半病人というと悪いが全力全身で生きられない。

.

健常者といえど、そういう方はおられる訳で、健常ではあっても劣等感を持たれています。身障者と同じとは言いません。それは劣等感、コンプレックスの質が違いますから……オーガストさんの劣等感はハーフ、ダブルと言われる方もあります。 物事には原因があると思う。

.

真弓定夫さんという医師も、自然食を推唱されていている。真弓医師の食のこだわりは戦争に負け、日本が米国に占領されたので、食事が変わった。それで日本は不幸になったという主張でした。パンや牛乳は日本人に合わないと言われます。

.

医師は小児科をされていてアトピーはミルクなどが原因で、子供は母乳で育てるべきとの主張もある……その辺は複雑に入り組んで一言では言えませんが、理論には一理はあります。これは、たまたま偶然ですが「まごはやさしい」という食事法を、少し私はやっています。全否定は出来ません。

.

理論はひとつだけ矛盾があって、戦前の日本は幸福だった。戦後は不幸になった事になります。だが戦後の食生活で、日本人の寿命は長くなっている。あきれた事に本家本元の米国の寿命よりさらに長い。真弓さんの主張か、寿命のデータか、どっちかが間違っている事になる。どっちでしょうか?

.

戦争に負けたから米国嫌いになった人は多く、嫌いだけれども米国に背くことは出来ない劣等感もあります。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。パンや牛乳に原因を持ってこられる気持ちは判らんではない。私も誤診が元で身障者にされ、医師に命は助けられます。医療への思いは複雑です。

.

戦前の日本では食が足りなかった。麦、粟、ひえしか取れない。楢山節考のように食えない村は戦前まであり、この小説事体が戦後に書かれる。熊本には姥捨ての山はないが「からゆきさん」という言葉はあります。つまり兵隊に行って始めて米の飯を食ったという人はあった。麦を混ぜない米だけのご飯を銀シャリと言うが、つい戦後まで日本は一般的には食えなかった。

.

明治以前も明治から戦前まで、ずーっと日本は食えなかった。まして糖尿にはなれなかった。障害の現実から見ると、日本はそういう風に見えます。医師はそれは代々、エリートで食も足りたのかも知れません。劣等感と八つ当たりは、まあ判りますが、これを理由に一般化はできません。

2013年10月10日 (木)

半島を出よ 3 本

Eigaka意識にある自分が自分で、無意識の自分は関係ないと一般には思われる。つかまえやすい意識と、つかまえにくい無意識との関係から、単純化して意識が自分とされる。だが意識は小さく、その何倍もの大きな無意識が、自分を支えているとの認識がある……そういう考え方は楽しいか? あるいは不愉快だろうか。

.

村上春樹さんの「ねじまき鳥クリニクル」で岡田亨は、自宅裏の古井戸に立てこもると意識を遡り、親代の戦時中の中国に行ってしまう。主人公はタイムマシンに乗るように昔の中国に行く。それはなぜか? 妻に男がいる事が発覚した、いや発覚しそうになったから。

.

妻の兄、つまり享の義兄はやり手で、享は嫉妬している自分に気がつく。それは結婚前から薄々気がついていた事だが、無意識に追いやっていたが今、はっきり気が付く訳です。さらに言うと妻はその実の兄と通じていた……らしいとの意識化、あるいは無意識を鮮明にした事により、物語は進行します。

.

もう一方で、村上龍さんの書く不良少年は、殺人など不快な体験から、意識は無意識に逃げ込んでいる。普通の少年のように意識が伸びのびしない。だがコリョと戦わねければならない場面に会って、ちぢこまった意識を伸ばす……いや伸ばそうとする。そういう物として物語は進行する。

.

血みどろのファイトシーンは、だから感動的です。だが相手の命を奪う事は、自分の命を奪われる意味にもなる。意識にフタをする、あるいはフタを開けるという事は?……つまり少年たちは一番生きたいと思った時に死ななければならない。感動的な輝く時間は思いきり短い。

.

……となると少年たちはもう幼くはなく、自覚したという意味で青年と書くべきか? 彼らは生きたいとは言わない、詩でも何でもいいから自分たちの事を書き残してくれト願う……2人の村上によって書かれた意識、無意識のせめぎ合いには違いがある。ここの記載でリアルに並んだものかどうか?

.

ここまで書くと見当もつくでしょう。私の場合は後者に近い。あるいは問題として大きくのし掛かります。身障の現実体験は単純に後者に似るのだが、似てない方を無関係と否定する気はない。意識は無意識から生まれ育っていくの意味で、2つの意識は小差はあるものの同じです。

.

銃を握って初めて自分を自覚する青年は、顔に痣が表れ初めて自分を自覚する享に似ている訳です。障害体験を握りしめて両文学を比較検討する私の、それが方法論になります。龍さんの佐世保体験もこれに近いと思われる。佐世保は米海軍及び海上自衛隊の基地施設が多い。

.

そこは日本だか米国だか判らない状況は、自分が日本人だか米国人だか判らないとの認識に至る。それは不良少年が書いているのか、北朝鮮人が書いているのか判らない文章につながっていく。平和は額面どおりの平和ではなく、戦争の可能性と棄民を孕んだ「半島を出よ」の世界につながる。

.

自分は健常者との意識には妄想があります。なぜなら生まれつきの大人はいず、小児は誰かに介護されないと大人になれず、高齢者の意識も程度問題で無意識に埋没していく……健常という誰もが不健常な過程にある。明晰な意識とは端的にいえば20代から40代、ほんの短い間、少しの時間あるに過ぎない。

2013年10月 9日 (水)

MORRICONE モリコーネ

Morricone夏場にグルーポンで買った店に行きます。MORRICONE、モリコーネはツタヤ提携のミュージックカフェで主には夜、ライブもやれば酒も飲ませる。昼間はただの雑誌カフェか? とりあえず安価そうな昼間に行きました。CDと雑誌の展示はあるが、これは商売にならないでしょう。

.

その店名は下通りにあるツタヤ付属店で知ってはいました。それが、ここ上通りにも別店で出来ています。それをグルーポンで買った時は知らず、下通店のつもりで買いました。グルーポンの場合、こういうのはよくあります。

.

「この券は土日曜日には……」とか「昼間に使用を」とか、限定がつく。半額近い内容なので、あまり文句は言えません。買うも買わぬも面白半分、行ってみるまで判らない。オープン時にチケットに交換しただけで行かなかったら、そろそろ使用期限も近くなりました。

Photo_2

.

雑誌は買わなくとも読んでいいそうです。久しぶりに見る「暮らしの手帳」は、ずいぶん変わっていました。篠田節子さんのエッセーが辛口でよかった。店頭読みでは雑誌全体の論評が出来ません。それはいいとして……

.

食べた物の名前を忘れた、バーガーがいい味を出します。メニュトップのこれが一番売りか? 冷たいハムにレタスと外は熱いパン、ちょいと佐世保バーガー風、480円。コーヒーは150円です。店の筋向いには屋台の店があり、食べるだけならそこもあり。

.

紙コップにはフタがついています。呑む度にフタをしないとコーヒーは冷めてしまう、ブラックでも美味しい。味に合格点を出しましょう。モリコーネ上通り店、おしゃれな店として女性中心に売り込みたい? だがハイヒールで歩くと、木の床は盛大な音を立てる、つまり今時の空間です。

.

初めてと見られ、スタッフから営業がかかります。下記のようにオーダーのみでチケットフリーで聞ける演奏もあるそうです。その時は同じコーヒーも500円になる。

●JABBERLOOP LIVE 10・18金曜 19:30から  http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=JABBERLOOP

●「展覧会の絵」ピアノながぶちなおみ他 10・26土曜 21時から

●フルートアンサンブルFREELIVE 10/27日曜 18:00から

●MORRICONE http://csc-m.com/

2013年10月 8日 (火)

メモリ増強?

Cpuラジオ聴取やドライブレコーダ管理など、私の、この1年のパソコンの使用率は、結局は高まっている。このパソコン、メモリソケットにはまだ加積の余地があり、試したいメモリも持っているが、店の話ではパソコンの封印は、開けな方が無難といわれる。持ってるメモリは試せません。

.

一方でeboosterというソフトを使います。eboosterはメモリステックやSDカードを、外側からメモリ化して使うソフトです。前記パソコンメモリも、そのままだと使われない部分が1ギガほど残り、eboosterはそこも活用すると効能を説明します。

.

さて最近、引き出しの奥から出てきたSDカードがあり、eboosterではステックとSDの両方は使えないものか、私はそう考えます。現在、4ギガのスティックだけ使っているが、カードと合わせれば単純には8ギガになる。果たしてeboosterの効能は深まるか?

.

  実験の結論、まずは使えます。それぞれのメモリでキャッシュ構築をすると取り込み過程のグラフが出ますが、これが時間がかかります。……メモリが増えた分もあり、1~2時間もかかります。そしてリセットすると体感起動が早くなったような、ような気がします。そしてCPUメーターを見ると……

.

さてパソコンに大小のCPUメーターは付いてますか? この大メーターはCPUの使用率を意味し、CPU使用率100%はママあるので、一時的な振り切りはよい。ただし振切り状態が続けば、CPU負荷のかかり過ぎ、こうなるとCPUの乗せ代えを考慮、あるいはパソコン自体を交換したが良いとされます。

.

小メーターはパソコンのメモリの使用率。メモリが6GBとして、30%なら1,8GB、つまり1800MBが使用中との意味になります。私の場合は72%に変わります。大きな変わりはない、前からこんな物でした。 そしてCPUの大メーターはあまり何もしていない状態で1%。以前は3%程度、何か動かしても振れ難くはなった。

.

つまり一応は機能します。安定したト言えるか? 気軽にメモリを増やす試みとしては丸でしょう。 eboosterを使っていてステックとSDの両方を余している。そういう方がありましたらお試し下さい。ただ不具合、その他に何か起こるかは、少し様子を見ないと判りません。

2013年10月 7日 (月)

山下清 展

Kiyoshiこの半券チケットは拾ったもの。身障者入場に半券はありません。チラシにもポスターにもあるこの絵は、山下清さんの代表作「自分の顔」「長岡の花火」2枚をコンピュータ合成したものです。場内で半券は届けず、ちょっとスーベニールにもらって来ました。

.

そういう訳で贋作の半券絵を探してもあ会場、どこにもありません。原作の「自分の顔」「長岡の花火」の2枚はちゃんとあります。どうしても見たければ頭の中で合成するしかありません。ここがちょっと面白かった。行かれた人は納得されましたか、それとも違和感がありました?

.

この宣伝に作られた、画像で判るように、実際の絵はそのままでは足りなくなっている。言っては何ですが時代の流れに絵が古くなったトいう事でしょうネ。そんなバカなモリジアーニやピカソ、それに山下清さんとも比較された、ゴッホやルソーが何時、合成されて宣伝された事があったか?

.

何か違うのではないか……そういう意見には一理あります。最初にゴッホを引合いに出したのは梅原龍三郎さんですが、これはちょっと褒め過ぎた。清さんは知的な構成力には欠けており、誰のアイデアか知りませんが、今回展でも補われて原作を越えたト言わざるえない。

.

昭和に良く合った、清さんの作風は昭和だから愛されました。素朴で生真面目でひたすら根をつめた絵ではあるが、心に裏表のない。難しい事をしない作風は、平成には合わなくなっている。絵葉書でもコピーでも、何か一枚買うとするなら、合成と判っても、半券絵が欲しい方はあるでしょう。

.

清さんの絵は普通の絵ではなくプリミティブ・アートと言われる。そのジャンルに属して原始的造形と言われます。身障者だけでなく未開民族美術もそう言われる。未開美を手仕事で再構成したのがモジリアーニ、ピカソ、ゴッホでした。好意的にいうと清ポスターでのコンピュータ役を、彼らが手で行った。

.

悪くいうと、彼らの芸術も盗作に過ぎません……がネ。誰が何といおうと清さんの絵に引き込まれる物がある。それは判り易いキャッチフレーズがあると、より入り易い。画家というとゴッホしか知らなかった時代にあって「日本のゴッホ」のキャッチフレーズで引き込まれた訳でしょう。

.

小林桂樹さんの主演で「裸の大将」が映画になる。有名にならないと絵が売れない。絵で食えないと困るのは清さんでした。身障者のプリミティブ・アートもレコードジャケットやカレンダーになれば、それでは食えないでしょうが画材くらいには化けます。

.

新作映画では音楽家の石川浩司さんが清さんを演じる。映画でもドラマでも止まる事がない。今回展でも使われた「放浪の画家」も清さんのキャッチフレーズだが、行方不明だった時期は1940年から54年と短く、生涯放浪を続けた訳ではない。だがイメージで商品化されます。

.

売れないよりは売れたがいい。しかし清さんは放浪中に絵を売っていた訳ではない。日記はあったが、実は絵はあまり描かれていない。今はコンビニ弁当など、それなりあるが、戦争をはさんだ時代は無銭旅行、信じ難いが食べ物ももらっておられた。飢えた戦争孤児も沢山いた時に……人徳でしょうなあ。

.

清さんは晩年、弟さんと同居、享年49才でした。知的障害も身体障害も個々の事情は違うが、およそ体を動かすのが苦手になります。それで清さんも高血圧から眼底出血で、まず目が悪くなり次に脳出血に倒れられる。小林さんから石川さんまで清さんのイメージである、あの体型が清さんには命取りになります。

●熊本県立美術館 障害者の日は11月18日(月) http://www.museum.pref.kumamoto.jp/event_cal/pub/Detail.aspx?c_id=10&id=23&type=top&trk_kbn=A