« ドラレコ? 2 | メイン | ドラレコ? 3 »

2013年7月31日 (水)

相談員研修会2013

Soudanもともと研修会はテキストの12ページから24ページまでを肉声ではなく機械で読み上げ、それから相談員の最近の相談内容を各自紹介するような形で、そうすると時間のほとんどが埋まる。それで終える手はずだったらしい。それがちょと荒れる。

 

テキストによる12ページの中身だが、電話による相談業務を自分で考え自分で行う。そうするように大筋で書いてある。つまり市役所担当は何もする事はない……間接的に、そう書いてある事になる。

 

つまり相談員のほとんどに、この所の相談電話がないのは、その人の活動が足りない……かのように、そう書いてある。ただ私の率直な意見をいうと、困りごとや相談を電話で声で行うのは、すでに時代の流れではない気がする。

 

その休み時間に知らない相談員に話しかけ、それから相談業務をどう行っているか……意識的ではなくそういう内容の話をしていた。たとえばプールで着替室で「泳ぐのはいいが、年のせいかどうも疲れる」と言われるのでクエン酸は飲んでいるかト。

 

その相談員もよくはクエン酸をご存知ないようで……どこで買うか。どうやって飲むか……それからはプールの着替室と同じ展開になってしまう。私の場合、そういう事はよくある。

 

泳ぐ前に準備をしていると知らない人から「水が冷たいと身体に影響はあるか」と聞かれる。その関連の話をする。どういう情報が欲しいのか、判らないまま思いつくことを話す……あまり意図して行うものでもない。

 

テキストにはどういう心がけで、うんぬんかんぬんあるが民生委員の25%程度しか払われないのだから、それ相当分の話をして置けばいい。あくまで逆説だが、面白半分で済ますべきで、本気になる事ではない。

 

隣の相談員の詳しい話も実は聞いているが、ここに書く訳にはいかない。クエン酸の価格はネット通販で買うといくらで、近所の薬局で買うといくらと言う話をした。秘密ではなかろうと書いてしまうが、初めて聞くと言われた。

 

プール水温の話も、一体、何を聞かれたかったか? 聞いてみたい気もしたが端々を聞いて、お互い時間が長くなるだけ、聞き流し話し流しておけばそれでいい。それ以上は聞かれなかった。私もプールには泳ぎに行くので、相談業務に行く訳ではない。

 

前回研修会で協会長が、市政だよりに相談員名簿を載せるよう言い……しかし市役所担当は載せなかった。意図的かではないかは判らない。今年、会長は怒り、意見だけいい帰ってしまったらしい。載せれば電話はある……それはそうだろうト思う。一理はあります。

 

ただ例にも出したように直面して聞きたがらない。私式の相談業務の人もかなり居るように思う。電話はかけず、知人を増やし、メールで済ますのが最近の流れです。現実に高齢の男は対応が出来ない。それで時代にイラだつようにも見える。

 

身障の女性の住所と電話を合わせて出すのは、問題かも知れない。最近はネット検索すると玄関先の映像が出てくる。誘拐監禁といった事件につながらない……保障はない。それで名簿は作らない会社もある……当日、困るといわれた女性相談員はなかった。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31755207

相談員研修会2013を参照しているブログ:

コメント

上記を翻訳にかけますと、

全く表現された主題資料、情報に感謝します。
「人間のものは重大に重要ではありません。」
プラトンによって。

トなります。ありがとうござます。プラトンは大袈裟かも知れませんが、コメントに感謝します。

コメントを投稿