« ブロンソンさん | メイン | 浦沢直樹さん »

2013年6月27日 (木)

懐中電灯

 Lightraレンジの上の蛍光灯が壊れます。単純にプルスイッチの引糸が根から切れた。分解して引糸を交換すればオシマイ、はい、本当の朝飯前……ただし開けてみた蛍光灯の中は、これは古い。故障は直っても長持ちはもう無理でしょう。

 

電気店に行って代替になる光源を見ます。蛍光灯のほぼ同じモノが、まだあります。2300円という所でしょう。細い蛍光灯とおぼしき物や、LEDライトか? そういうのが10000円ちょい……グッと高くなる。お宅、今すぐ蛍光灯が壊れたら、どうなさいます?

 

2300円でお茶をにごすか、省エネの観点などから1万円を出されます? LEDなど新型の光源はまだ下がると思う。迫る消費税を前に選択は悩ましいが、どうかなあ。もう1つ、懐中電灯なども新しくなっています。

 

電池式でなく手回し式で1分回せば10分間明るい海中電灯……それは私も持ってます。これにラジオが付き、スマホの充電も出来る3種に使うのがのが流行りです。充電非常用ラジオという。ソニーがこの6月に出しました。価格は定価で8000円。

 

ただネットでは海外版がすでに出ている。送料込み1300円、上記のソニーはネットでは送料込み4000円くらい……価格はひとまず置くとしてアナタ、こういうの買いたい人、買いたくない人? 何だか、家政婦のミタさんが持ってそうですよね。

 

手回し充電非常用ラジオもUSB接続が出来るの出来ないの、がある。ソーラー充電も出来るの出来ないのもある。つまり決定版はまだ出来てない……私の? 単なるライトでラジオは付いてないソーラーは付いてます。

 

買ったのではなく、某所で景品にもらいました。それをいじりながら、この原稿を書いています。懐中電灯だけ単機能陳腐化した。それで景品になったのです。決定版が出来てない云う事は、まだ陳腐化が続いている。価格に注目すれば、それは見える。

 

ネットで見るとSONYの高性能製品がアッいうまに半額に……海外製だと、こんなデザインよくないですが価格がスゴい。SONYの企画力も決定的でなく、あっという間にマネされる。むろんアップル製のケータイ端末も、その意味は同じです。

 

周辺国の製品は、アップル、SONYほどの良さはない。だが、そこそこは使えると思われる。もう一方で輸入電池や再生電池も安い。こういった新製品は、ゆったりと仕入れた方がいい……ように私は思います。機能が多いので、多少、使い方に慣れも必要です。

 スマホもUSBもいらない、電池でないと使わない。そういう方もあるかと思います。ただ、あまりに昔にこだわるのも困りもの……だってそうでしょ。最初に書いた蛍光灯みたいに、そのうち消えて無くなる物もあるのです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31671665

懐中電灯を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿