« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月21日 (火)

母をたずねて

Roudokuアニメの主人公には親子関係がない。あるいは関係が薄いのが普通という。アニメ原作は大抵はマンガであり、マンガもそういう特色にある。つまり日本の特色らしい。評判のごんぎつねだって、あれは母のなくなった後の物語です。

 

そう言われれば小学生の時に、担任が昼時に読んでくれたのは「母をたずねて3千里」で、その後、自分で選んで読んだのはアンデルセンとメーテルリンクでした。読みながら担任はなぜアンデルセンでなく、3千里だったのか?

 

疑問というか、そう思いました。人魚姫にも、姫の父母は出て来ないのでは? 両親の影はそうとう薄い。日本人はそういうの好きなのでは? 桃太郎も一寸法師も育てるのは他人の祖父母で、両親はいない事になっている。

 

担任が3千里を読んだのと、ほぼ同時期に乱歩の怪人二十面相を私は読み始めます。物語は夕方、家に帰る途中に、少年は奇妙な男を見かけます。男はチョークを仕込んだ杖で、地面に怪しいマークを書いている。

 

惹き込まれるように、その男に見入り、少年は男を尾行する……それなり少年は家に帰らない。家には父母が待つのに、なぜ少年は帰らなかったか? 両親の元に帰りたくなかったのではないか。そんな気もします。

 

日本には継子物語の伝統があって、三千里も母探すべき対象。つまりここにはいない。そう読むとですが、アンデルセンの人魚姫と同じ話になる。姫が波間に見かける王子様が、男の形はしているけれど本当の母なのです。

 

……こじつけかも知れない。最近は家に友達を誘うと問題が多くなった。日本の家は狭く、騒ぐとうるさがられる。ゲームを借りて持って帰って返さない。友人が来ると物がなくなるトモいう……それやこれやで両親から友人へ。

 

人間関係の延長がうまく行かない。何時だってそうとも、最近は特にそうとも、私もその辺は言いがたい。物語はその辺の反映にも見える。友人とは、親子関係を展開して異性につなげ、性関係を作ろうとする試みという人もある。

 

それはフロイトの説です。むろん定番の心理学、ところがユングの説もあって、これでは恋ないし恋人とは、赤子の頃に胸元から見上げた若い母親の面影では? そういう解釈もできる。女性も男に、そういう面影を求める。例外はないト。

 ひげ面に求められるものかト突っ込まれると困るが、ユング説にはそういう所もある。三千里を読んだ担任に、一度その辺を聞いてみたいがその答えは出そうもない。それどころか担任自体と以来、私は会っていない。

2013年5月20日 (月)

ネット調達

Yahuokugpg ヤフー・オークションについての問い合わせです。最初、内容が理解できません。最終的に判ったのは、高額な物を買われた。途中で入札の、セリ上げが出来なくなった。ヤフオクは価格5000円以上の入札を会員制にしている。

 

登録はその他のサービスも込みで月額300円くらいだったか? 実は私も会員ではない。電話の主も会員ではなかった。調達はヤフオクでなくてもいいが、ネットが使えれば便利です。バスや電車やクルマでリサイクル店に出かけなくてもいい。

 

ヤフーも景気が悪くなると会員制を外し、今月は価格に関係なく入札とか月間セールと言い出す。送料の関係で使ったがトクか。近所に買いに行けばトクか……商品の当たり外れもあり、よくよくは判らない。

 

不景気対応は売る個人も同じで、今月は送料無料とか言い出す。今年は好景気傾向にあり判らないが、それは大抵2月8月です。身障者生活も、この辺を計算して全体計画すべきですか。

 

中古はヤフオク、新物は楽天というのが私のパターンです。ヤフオクは近所の郵便局、コンビニ等で振込む訳だが、楽天では自動引落になる。気味が悪いほど手がかからない……ただ楽天の物はそうでない所より高い。

 

電器のヤマダはヤフオクや楽天に食われたらしい。大手というので名前を出したが、他の電器店もまあ、似たような傾向にはある。ネットで性能や評判を調べ、電器店で現物を見る。それから大抵は通販で買う。

 

そういう時代で時代に添う。誰でも似たような事をする。出来ない人は時代おくれになる。時代遅れの健常者より、時代に添った身障者の方が自由というか……不思議な時代です。束の間も逆転もありうる。

 

ではモバイル端末でこれを行う時代か。そうでないそうな……ネット使用は間違いトラブルが多い。モバイルは特にあぶない綱渡り、大袈裟だがそういう側面はある。

 

数万、数十万単位での間違いはかなわない。ヤフオクも使い終わったらメンバーから外れる。そして安全はいつも大切になる……便利だからと使い過ぎても後で困った事になる。

 

2013年5月19日 (日)

ライク サムワン イン ラブ 映画

Like「恋する誰かのように Like Someone in Love」映画のタイトルはそういう事だが、現実はそうはいかない。物語には3~4人の男女が登場するが誰も愛されない……そして愛される夢を見る。

 

ケータイの向こうの彼はストーカーのように登場する。彼女がデリヘル嬢である事実を指摘されキレてしまう。夢を見たところで起こされた、少年のように機嫌が悪くなる。物語の中では機嫌を直すが、気に入らないとキレる事で対応する。

 

そんな若い彼には、自分が結婚を思う女がデリヘル嬢という設定はない。にもかからわず不都合な真実は、ゆっくりとベールを脱ぎかける。老人のほうの主人公は出来たのか出来なかったのか? 物語ははっきりしないが、展開上は出来たの設定だろう。

 

第1の主人公は84という設定だが、監督も70という。元大学教授が孫のようなデリヘルを買うのだ。昼間は学生、娘はキレイではあるが成績はよくない。そんな金を稼ぎ、そうでないふり、学生を続ける先に何かがあってほしい。

 

私も学生のように助成金を取った。そして何人か教授たちと会った。まあ確かに、こんな感じだった。この教授も、運転中、信号が赤になると居眠りをするほど疲れる。ボルボに乗っていれば、疲れは撃退できるとでも思うのか? トッチャン坊やは、デリヘル娘のアッシー君を始める。

 

84という年齢は誰からも愛されない。まして性の対象とは思えない……いや違った。駐車所の奥に住む老嬢は、教授のコトが今も好きらしい。苦情だか言掛りだか判らない、そんな屈託のある言葉を掛け続ける。

 

私にも、夕方に困った電話がかかった。出て行かなくていいと思ったが都合をつけ、物好きに出て行った。電話の声が女性だったから……それだけとクルマの中で気がついた。こんな風に男は迂闊で、算段が上手くはなれない。

 

コンビニにクルマを止め、電話をして必要な物を揃えた。相手は判らないと言おうとした。しかし質問すると簡単に判る。また走って買った物を相手に渡した。もっと手伝えと言われたがクルマに帰る。ケータイは切って運転を続けた。夕暮れが夜に成っていく時間。

 

部屋に帰れば電話がなるだけ。よくない女性によくない顔をするが、いい女にならもっといい顔をするのか? そうでもない、どうだろう? いい女がもう少し悪い女性だろうが大差はなく。今さらの駆引きは、もはや面倒というに近い。何しろ私の夕暮れは夜に成っていく。

 

84にならなくとも64の私でもそんな物です。心の奥に何かに巻き込まれたい気がないではない。その気になる面倒も判れば、デリヘルを呼んだり、こちらから怪しい所も出向かない。恋する誰かのように……つまりは妄想です。

 

●ライク サムワン イン ラブ 

予告 http://www.youtube.com/watch?v=7pldnaSGSyY

 本編 http://www.gooddrama.net/japanese-movie/like-someone-in-love-movie

2013年5月17日 (金)

楽しめますか?

Matuya自民体制になって変わったようで、民主時代と変らない。民主の頃に「年収200万で生きていく」が本になり、最近の本ではそれが切り下がった。「年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

 

著者は東大卒。経済産業省を30代で辞め、現在、代表取締役。トリリオン・クリエイションの宇佐美典也さんだが、どうも深い関心を持てない。不幸も幸福も健常者と身障者とでは雲泥の差が……そう私は思ってしまう。

 

ただ経歴からは屈託はおありなようです。本には、希望なんてないから楽しめ……トの表現があったらしい。もっと具体的には「松屋や吉野家や幸楽苑だって十分美味しい」との宇佐美表現だが、近い事は私も、このブログに書いた事があります。

 

確か、松屋の牛めしはミニで230円、それにはみそ汁がついて来る。これは量をいわなければ270円ののり弁より旨い。先週の身障協会総会で600円の弁当が出た……リッチになった身障協会だが、入会の入り手が少なく悩みのタネです。

 

このような表現から、私が宇佐美さんにそれなりの共感を持っているのは、お判りだろう。だが共感はそれなりで全面ではない。宇佐美さんがエリートの生き方をされての現在……そう思うからです。選択には時代のせいで不自由もあった、のか?

 

弁当といえば運動会に1200円のが出る会社もある。いやもっと出す会社もあるだろう。弁当を出すから応援に来て……いい弁当とは、そのような意味がある。身障協会のも似たような意味か? では、それを食えば幸福か?

 

結果をいうと何だが、氏のブログなどを含め、これには一般読者は反発感を含ませる。つまり高級弁当も取れる立場にあって松屋の牛めしを引き合いに「楽しめ」と言われても……それは心外と思う訳です。

 

つまり昼飯を材料に価格を並べるように、乗るクルマを軽か中古か外車かというように人生比較すれば、人の幸福は計れるものか? 計れない。いい家を立てていい部屋に住んでも幸福には……

 

家まで持ち出すと何なのだが、ズレがある。そんな気がする、この気持ちは消えない。つまり氏には牛めしをミニで食べる実感がない。給料は厳しいどころか切り下げが行われ、消費税だけは上げられそう。この感覚は分かってない……ように見える。

それで楽しめと言われても、例えば松屋の牛めしにしたって家族で食べれば2倍、4倍にもなる。そうなると460円あるいは920円、楽しめと言われても、ねえ……失礼ながら私も、そう思ってしまう。

2013年5月16日 (木)

リハビリの習慣化に関して

Karadaリハビリあるいは、スポーツの日常への取入れに関して。私は続けています。身障者でされてる方は少ないようですが、ロコモティブと言われるように、すでに健常者にはブームです。また女性はダイエットを目的に、これもブームです。

 県立総合体育館では「中高年のための体づくり教室」の開催が出ています。1時間半の講義から実践まで連続8回の教室が8000円との事、高いような安いような設定になっています。運動を始めたい。あるいは続けたい……そういう人は多く、悩まれているト思われます。

 

裏返すとリハは大切、大事な一方、習慣づけは難しいのでしょう。関連して言いますと、知合いがダイエット目的に筋トレに来ました。前から悩んでいて、いよいよ行けない。

 

筋トレ室で、ヤアと声がかかります。早くに始めれば楽だったろうに、いよいよいけなくなるまでしない、判っているのにしたくない。矛盾しますが、その辺が現実かもしれません。

 

私のブログでは、脂肪を落としても筋肉も落とすとダイエットにはマイナスと指摘してます。ダイエットの方も読まれているようです。ダイエットと身障者リハは、直の関係はありません。だが似た所はありそうです。

 

大変そうで嫌がられる。それは事実ですが、案ずるより始めたが早く、まず2~3日やってみればいい。2日置きか3日置きか、つまり週2か3でよく毎日は逆効果。つまり気持ちよい程度でいい。

 

それが2週間、続いたら更に一段と楽になります。頑張らなくていい、トいう事……2週間が2、3ヵ月になると感覚で効き目が判ります。3ヶ月、その辺になると止めたくない。そういう気分も満ちてきます。

 

悪くいうとタバコや酒飲みが止められなくなる。中毒に似ています。水泳に関してはスイミング・ハイ、水泳中毒と言われています。筋トレはそこまではない。でも中毒を良く言えば、気持ちよく続ける事に結びつく。

 動機付け、継続やサポートは確かに難しいが、連続8回の教室や全8000円の教室講義を受けないと始められないか? そういう物でもない。ト、私は思います。

2013年5月15日 (水)

替刃のキャッシュバック

Quo1 書く前にいうがどうでもいい話です。お急ぎの方は読まれなくて良い……ネットを使って値引きですって!「知らなかった」カミソリの替刃を買おうとしたら何だか怪しい。なんだこりゃ、いう訳です。

 

もともとシックSchickは2枚刃を開発したり、固形ソープ付カミソリを開発したりと、新規に富んだメーカーです。刃数競争があって5枚刃とか6枚刃とか、その後、各社はおバカな刃数に及んだ。シックでは現在3枚刃にもどしている。

 

私が使う物は「クアトロ」は4枚刃でホルダーを電池で作動する。ホルダーは動かないのもある……それがキャッシュバックのシールを貼っている。500円キャッシュバックってどうするんだ? 店頭で値引く訳ではない。

 

調べると、値引きは前からやっていて、どちらかと言うと今や終わり方。PCやケータイのネットからメンバー登録し、クオカードでの返金を受け取るという仕組み、2280円程度の商品にしては物々しい。決して採算は取れないだろう。メンバーって囲い込みが目的なのか?

 

たとえばKAI印のカミソリなら価格を下げるだけの為に、こんな事はしない。袋の中の替刃の数を増やせばいい。その方が簡単です。同じ海外メーカーでジレットもそうしている。シックも4個袋はそうして、この8個の袋だけ、こうしている。

 

大昔に何となく電動ホルダーがいいような気がして、ジレットと比較したら、何となくシックに軍パイが上がった。ホルダーデザインたパッケージが優れていた。ホルダーが壊れて、ネットで会社に言ったら新型を送って来た。

 

後で壊れたホルダーを返送した。KAI印やジレットでも、そうなれば似たような事をしたろう。先に送って来て、謝った分がスマートと感じた。それから数年來、シックを使っている。言ったようにホルダー形式を変えたり、ウルサイ会社です。

 私のホルダーも古くなって、04~5年の物と思われ、替刃が出なくなるかホルダーが壊れるか? そういう意味でも怪しい。とりあえず8個袋を買う判断をします。割安だか割高なんだか、替刃を使い切ったらKAI印にするかは? 別に考えます。

2013年5月14日 (火)

憲法と女性手帳

Tetyouそうするには判断しなければならない。「橋下氏、自民の憲法観は危険」との見出し記事があるそうです。これは例の39条の事らしい。判断ではなく好き嫌いでいえば誰でも簡単にいえる。

 

例えば今の憲法は何となく好きになれないト。それは押し付け憲法だからではないか……とかネ。合法的に受け入れたものが、やっぱり好きになれない。感覚的に好悪をいえば判り易い。欠点を論理で指摘し、考えを正す。それは出来ない。

 

若い女性を中心に女性手帳にも反発が出ていて「男性手帳はないのに何で……」トまあ、これも感覚的な反発、何となく嫌いという事です。一緒にしてもいけませんが憲法同様、嫌いという人が出ております。

 

早く結婚して早く子供を作れトいうなら、それは女性ばかりに言っても仕方がないではないか? コンビニおにぎりがあるから仕事を競争して、成績を上げたい。それなら独身が有利です。女性手帳の欠点は比較簡単に指摘が出来ます。

 

憲法はそうはいかない。外堀を先に埋めておいて内堀にかかり、最後に本丸を……構想が何となく大阪城を攻めたみたいな所がある。現段階で何をどうしたいか明確でない。明解な部分もあるが言うとアブナイ。

 

結局、結婚が遅れて子供が出来ないのは女性の責任、トすると話が早い……私がそう思うのでなく、女性手帳の企画にそういう考えがあるの……だろうと私は思います。まあそこも根本から問い直す事はむつかしい。

 

同じ問題を抱え、上手くやったのはフランスで、仏蘭西に学べばいいのです。仏映画で観るとその辺の事情は、まあ感覚的には判ります。判りますが仏式では納得できない人も多かろう、ト思われる。ここは私が思うんです。

 

結婚の形は昔のまんまで子供だけ早く生まれるようにしたい。そういう意見も出るでしょう。古い意見を変えて、仏は今になったが日本は、そうはなりたくない。特に男はそう思う。まあそれやこれやで仏式が嫌なんです。

 

女性手帳に賛成なのは古い女性と男たちと思う。それに当たりそうな若い女性は手帳に反対です。対策が不十分、足りない。簡単にいえばそうなります。憲法はあれは、悪くいえば米国式です。良くいえば国際式といってもいい。

 

だから日本式がいい。前の憲法というか、上に立った人が下にいる人に命令する形にまとめたい。今の憲法は下の人が上の人に命令というか、申し上げる形式になっている。どうもそこに好き嫌いが分かれる。およそ女性手帳の作りと同じ問題にあります。

 そうこうする内に毎日新聞が改憲アンケートをまとめる。津田大介さんも「ゼゼヒヒ」というインターネットでアンケートを取る……少なくともリベラル左派からは改憲は出来ません。保守右派からならできるか? まだ集計が出てません。

2013年5月13日 (月)

過敏に聞く

Sintyo2またというか、病気がまだまだコジれそうです。痔ではなく狭窄症でもなく、別な方。つまり副甲状腺機能亢進症と、バネ指とか弾ぱつ指とかいわれ、通りのいい名では腱鞘炎ともいう……これが治る見込みは立たない、インウツです。

 

インウツな時はどうするか? パソコンをネットにつないでyoutubeで志ん朝の落語を聞く、落語は作られた陽気です。話を笑い、話芸にのめり込むと短い普通が通りすぎる。揃いもそろって嘘が嫌いな人ばかり出て来る話とか、病気を抱えた陽気な男とか……

 

実際にはいない人々の実際にはない話を聞く。嘘で膨らんだ風船には、針を当ててはいけない。演者の志ん朝が、自分の嘘に覚めて死んでしまったように、聞き過ぎると覚めてしまう。だから覚めない程度に聞く訳です。

 

落語で気持ちがフワッとしたら、少し陽気な音楽を聞く。フォルクローレとかバロックとか。間違ってもシャンソンやシューベルトは聞いてはいけない。選曲を間違えるとインウツがぶり返す。歌謡曲はワザワザは聴きませんが聞こえてしまう時がある。

 

志ん朝の落語では返事した時、返事した相手が好きな「はあーい」と返事した相手が嫌いな「はあーい」を分けて出します。あなたは「好きよ」という表情と「嫌いよ」という声は当然、違っている。これは普段、私たちがそうしている。

 

あるいはもっと、嫌いだけど好きなふりの「はあーい」をも言い分けている。脇で聞いていて「あなた、あの人が好きでしょ」トいうとびっくりされる方があります。本人は知らないで言い分けている……つまり自然に声に出ます。

 

むろん志ん朝はその辺を聞き取って、幾分おおげさに言い分ける。言い分ける事からユーモア、笑いに持っていきます。普通の落語家、特に若手の落語は何の表情もない、ただの「はあーい」ですから詰まらない。声がのっぺりしている。

 

それは私も、体調が良いとむしろ聞き分けが出来ません。悪いと敏感になり聞き分けが出来る。志ん朝体調がいいと出来が悪く、体調悪いと落語の出来がいい……ジレンマを抱えたように見えますねえ。他の人の落語は健康なのです

 

いい加減で適当な落語です。「はあーい」は「はあーい」でしかない。このように神経過敏に聞く落語が、いいのか悪いのか。私にも判りません。聞き過ぎると志ん朝のジレンマが感染する……そういう事もある気がします。お勧めはしません。

,

 だから適当な所で適当な音楽に切り替える。この辺、私としては使い分けが大切な気がします……病気がコジれそうです。コジれたらコジれたで忙しい。それはそれなりに研究を進めますから忙しい、なあーんてネ。

 

●昨日の「井戸の茶碗」で江戸表屋敷にも清正公を奉った所があったらしい。熊本の花園町には清正公神社があって、これ撤回します。

2013年5月12日 (日)

井戸の茶碗

Sintyou 私は知りませんで……落語に「井戸の茶碗」がある。元は講談で「茶碗屋敷の由来」があって脚色があって井戸の茶碗になったトいいます。もっといえば講談と落語は同じ芸です。伝来話に主体、笑いに主体と枝分かれして、現在の落語と講談になった。

 

舞台が講談では江戸屋敷の浅野家、落語では肥後細川藩になります。どちらが本当なのか、落語講談の世界ですから作り話、どっちみちアテにはなりません。クズ屋の清兵衛さんが、清正公様の脇を通りかかる。つまり本妙寺あたりト場所指定が出ます。

 

今でいうと西区は花園町あたりか? 清兵衛は上品な娘に声をかけられる……いえ、上品な娘が出る話に合わせて、私が花園町の地名も割り振ったんで、花園町は現在の現実にもありますが、落語は細川忠興公の頃、作り話です。リアルには判りません。

 

だいたいこの17、8のキレイな娘は落語には出て来るが講談には出ない。落語でも名前もなく、いえ初期の講談には出ないが後期の講談には出るとか、説は色々あります。

 

何を割り振ってどう思うかは、私の自由です。講談もゆるやかに時代を下り落語になった。ドコからドコまでが講談で、ドコから先が落語と境目がない。花園町の坂を上ったり降りたりするト、先にも書いた慈恵病院があります。

 

慈恵病院の看護師はたいていベテラン女性。それはそう、病院の主な仕事が産婦人科なので、男だったり若い女性に看護師には向きません。しかし医師は女医がおられない。その辺は不思議ですねえ……落語では、ここで出て来るのは17、8の娘です。

 

浪人川村の娘は、古い阿弥陀仏を清兵衛に売る。浪人は落語では千代田といい、本人が売りに出す。この阿弥陀仏を清兵衛は、細川家の家来、高木という若侍に売る。講談では若侍は田中といい、像の中からは、どちらも五十両の金が出てくる。

 

川村だか千代田だか、浪人の先祖が仏像に金を隠した。そういう風習はあったんでしょう。腹篭りの仏像という言葉もある。仏像の中に小さな仏像を入れる事が行われた。だが一般には経を入れたらしい。浪人は返礼に茶碗を若侍にゆずる。

 

落語では単に湯飲みになります。これがタイトルであります。井戸の茶碗とは高麗茶碗をいい、実際には茶道に使う茶碗を指す。この辺の合理性には問題があります。しかし小判の返礼にとかたちばかりのお返しと、無価値な茶碗がここで出ます。

 

無価値と思われた茶碗は、さらに骨董価値があり300両。浪人はその半分を受け、また返礼が必要になる。若侍が一人身と知って、浪人は娘を嫁にやる。話全体からは花園町も娘もそれほど関係がない。最初と終わりにチラチラ出て来る、名無し娘の関係性は薄い。

 

ただ娘に町名が相応しい。ト私が勝手に町名を割り振ったように、仏像と茶碗を重ねて骨董趣味の演者が、話を作ったんでしょう。浅野家細川家の違いにも関係性は薄い。どちらでもいい。井戸の茶碗の一席、下記に引用します。

 ●志ん朝 http://www.youtube.com/watch?v=2lHYNJ5wiVk

2013年5月11日 (土)

努力論

Kabo大変なのは判っている。なのに大変さを更に強調する、そういう手法がある。水道に蛇口をつけ、ミネラル還元フィルターまでつけた現在から見ると、井戸から水を汲むのは、大変でした。井戸を更に強調して壊れたつるべで水を汲む話を作った、人がいます。

 

つるべたって小さな垂れ目にメガネをかけた、あの人ではありません。つるべの桶が抜けているから、つまり水が汲めない。つるべを引き上げても、ポタポタ水はしずくが落ちるばかり……しかしポタポタのしずくを集めれば……

 

実際にそういう事をした人はいないが、努力を強調して話を作った人はいる。つまりポタポタをバケツ一杯ためたとか、そういう話を作るんです。作り話を聞かせれば努力する大事が判るだろう。ト、そういう人は思うんです。

 

言うと人は努力する、簡単に努力する人に育つと信じる。物事は努力だけでは出来ない、現実は横に置き、お話です。ポタポタをバケツに一杯集めるより水道を引いた方が、少なくとも壊れたつるべを修理した方が現実的なのに。

 

でもお話はお話、現実にしてはいけません。センスや才能が大事になった時代、その前の時代では努力で何とかした。昔に重点を置いてあげて、努力って大切ネエ。間違いや時代錯誤は少しの間、言わないであげれば、その人の気が済む。

 

とは言え、お互い時間がない。面倒な事は誰だってイヤですけどね。不必要に努力を強調するはずもない。努力が好きか、強調が好きかで意味が違いましょう? いえ、その人は判っていない。

 

努力が必要と考えるのと、誰に努力させるかを考えるのも、むろん判らない。見極めは自分でしているか、どうか? それにしつこく言われ過ぎると、ホントに嫌いになってしまう。やり過ぎ逆効果って、ありますよ。

 

食べ過ぎると見たくもなくなる。戦時中に物がなくてカボチャを食べ過ぎた人が、戦後にカボチャが食べられなくなった……そういう話を聞いた事がある。努めるのが嫌いになり、努力が出来ない性分になる事だってある、カボチャの現実。

 

ポタポタしたたる水を連想すると手が止まる。そして出来なくなる。心療内科に行くと脅迫観念か神経症という診断が降ります。人の心は壊れ物、過ぎたるは及ばざるが如く。井戸の周りでお茶碗欠いたの誰?……だんだん下らなくなって来ました。

 

もう止めます。貧しい時代には通じた話が豊かな時代に通じなくなる。裸足で走る選手もあれば、はき物にこだわる選手もある。スポーツだって使い捨ての履物をはく……そういう時代です。それ履かないと運動会に出たくない、そういう子供もあります。

 ポタポタを集める話を通したんだから、そういう子供も通さないと市民平等ではない。老人優先小児虐待になってしまう。おたくの子供の心がトラウマになったら、あなただって困るでしょ。金で済むこと少しは努力なさい。努力論の間違い、本日ここまで。