« スパイボットつけてます? | メイン | MRIインターナショナル »

2013年4月27日 (土)

ハミガキ粉のモニター

Hamigaハミガキ粉の使い分け、やってますか。湯やコーヒーや熱いものが歯に染みる。あるいは冷たいものは苦手、痛いというには及ばないが……歯科でそう言ったら何だか薬を塗ってくれます。それで「様子を見ておいて」トいう。

 

まずこれが知覚過敏。温度に反応、何もしなければどうもない。春先や秋にだけ湯が染みる……軽い程度の知覚過敏で、何もしないのに痛い、そうなると知覚過敏と、もう言わない。そこまでヒドいのは痛みは……歯科で対策を講じましょう。

 

(画像、1番上)シュミテクトや、ハミガキ粉での対応は無理、ト思う。歯科医に聞いて下さい。たぶん知覚過敏段階で、シュミテクトのモニターに応募しました。説明書を読むとマイクロの粉が、歯の過敏穴を埋めるらしい。

 

「先月、塗った薬も理屈は同じです」ト歯科医の説明。シュミテクトを2、3回使うと知覚過敏は改善します。説明書には続けて使うようにと書いてあるが、いわゆるハミガキ粉としては物足りない。私は普通の安いハミガキ粉に戻します。

 

「それでいい。また染みるようになったら使って下さい」歯科衛生士はそう、お墨付きを出す。ネットで検索すると同じような説明がされる……一種類のミガキ粉で対応する時代ではなくなった、ようです。使い分ける事が大事……

 

トいうと偉そうですが私の歯が老化し、ひとつのハミガキ粉では足りないとも言えます。2番目はディープクリーン(液体)は歯槽膿漏、歯肉炎を防ぐハミガキ粉です。電動ブラシで使うと、その意味での相性は液体の方がいい。

 

液体ハミガキ粉は、デンタルリンスとも言うそうな……これもモニターにもらったのです。新しいのは味、ミントではなく緑茶です。刺激も強くないので、水でクチュクチュやらない方がいいのではないでしょうか? ブラシだけ洗って、すっきりお仕舞い。

 両者中間を取って買ったのが下、ディープクリーンセンシティブ。知覚過敏と歯槽膿漏の両対策になります。電動用の液体はどうするつもりかって? 液体ハミガキは実は、また別のをモニターしてます。画像にも出してないが、もっと調べ、今日の続編にします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31460345

ハミガキ粉のモニターを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿